社員さんも働き方もラフで居心地が良い!!

profile

斉藤千奈津さん / 
早稲田大学社会科学部4年

インターン歴:1年1ヶ月
週の勤務日数:週に2〜3回

なぜウェブスターマーケティングのインターンに応募しようと思いましたか?
まず、マーケティングに興味があり、なぜここかと言うと、他の会社は結構1つのメディアをガッツリ運営してたりして、それだとあまり面白みに欠けると思ったんです。色々なことに関われた方が自分の視野も広がるし面白そうだと思って、色々なメディアを運営しているこの会社を選びました。
うちの会社に決めた「決め手」は何ですか?
面接をした時の吉岡さん(代表)と吉田さん(ディレクター)の人柄がラフでいいなっていうのはありました。
イメージしていたものと実際に働いてみて、ギャップは感じましたか?
そこまで無いですが、黙々とやるなって感じました。普段そんなに黙々とやることがあまり無いので、それが自分にとって新鮮だったと言うのはありますね。
斎藤さん
日々の業務ですが、今やっている仕事の内容を教えてください。
メディアの記事を1つ担当して、それを書いてサイトに上げるというところまでやってます。
その業務で大変と思うところはどんなところですか?
大変と思うところは、知らないことが多いので、例えば前に書いていた金融関係のことなど知らないことがたくさんあるので、それを書くにあたって知識を吸収するのが大変ですね。
やりがいを感じる部分はどんなところですかね?
全く知らなかったことを人に伝えるために分かりやすく書いてまとめて、それが1つ記事になった時は、知らなかったことを人に伝えられるまでになった、というところにやりがいを感じます。
知らないことや分からないことは他のインターン生や社員に気軽に聞けますか?
そうですね。吉田さんにたくさん聞いています。
自分がやっている仕事に対して評価してもらえていると感じますか?
そうですね。私が凄い不安に思いがちなので、それを感じ取って吉田さんが「これ検索順位上がっているよ」とか言ってくださったりして。評価してくださってるなって思います。
自分は成長したと感じますか?
元々自分はそんなにカタカタやるほうじゃないので、そもそものネットを扱うことが慣れました。あと、文章を書くのも論理的に話すことも苦手なんですけども、構成を考えたりしているうちに論理的に考えられるようになったと思います。
斎藤さん
今までインターンをやってきて一番良かったと思う点を教えてください。
すごくザックリしたことを言うと、別のコミュニティが出来たというか、自分の中で学校のサークルや別のバイトがあるけど、もう1つ別の自分の居場所みたいなのが出来て、それはけっこう大きいですね。
他のバイトとここのインターンは全然違いますか?
そうですね、全然違いますね。性質も違うし、そこにいる人の雰囲気も違うし、一緒にいて学べることの多い人たちがいっぱいるなって思います。
普段のランチタイムはどんなふうに過ごされていますか?
最近はインターン生で一緒にランチに行ったり交流できるので凄く楽しいです。
インターン生同士は仲がいいですか?
そうですね。優しいです、みんな。
社員との間に距離や壁は感じます?
いや、感じないです(笑)
斎藤さん
事務所の立地条件や設備について教えてください。
立地条件は、個人的な話なんですけど、住んでいるところからすごく通いやすいです。設備については普通に過ごしやすいです。飲み物が飲み放題なのが一番嬉しいです。
斉藤さんから見て、どういう人がこの業界や会社に向いていると思いますか?
知識欲がある人が向いていると思います。
もし身近な人に紹介するとしたら、どういうふうに紹介しますか?
色んなメディアを扱っているので色んなことを学べるし、働きやすさもちょうどいい。インターンと言ってガチガチしているんじゃなくて、社員さんもラフだし、働き方としてもラフだから、ちょうどいい働きやすい環境で働けるのが良いところだよ、と言って紹介します。
こんな人と働いてみたいと思う人はどんな人ですか?
他のインターン生や社員さんは黙々とやるから、すごく騒がしい人が入ってきたら面白いかもしれないなって思います。あくまでも主観ですが。
多田さん

次の記事:

理系でチームワークやディレクションを学びたい人、大歓迎!

ウェブスターで働きながら
メディアづくりを学んでみませんか?

募集要項・エントリーはこちら