思ってた以上に仕事の幅が広い!

profile

小川美緒さん / 
早稲田大学文学部4年生

インターン歴:1年4ヶ月
週の勤務日数:週に3〜4回

ウェブスターマーケティングに応募した理由
もともとIT業界に興味があり、漠然とウェブにかかわる仕事に就きたいと考えていました。 就活を始める前に、少しでも実践的な知識を身に着けておきたいと思ったのがきっかけです。
なぜウェブスターマーケティングに決めたのか
未経験でもウェブマーケティングの実務経験が積める点と、会社のブログを見て、働いている方の雰囲気が良さそうだと思ったのが決め手でした。 あとは、面接に行ったときにオフィスが綺麗だったのも個人的に好印象でした。(笑)
小川さん
仕事の内容について
インターンを始めてから1年間は記事の企画・制作が中心でしたが、今は他のインターン生と一緒にひとつのサイトを運用中です。 サイト全体の設計や社外の方々とのやり取り、広告案件の管理などさまざまなことを同時並行で進めています。 思っていた以上にいろいろなことを任せていただいているなぁと感じます。
仕事で一番大変だった経験は?
今が一番大変かもしれないです。 同時にいろんなことを進めなければならないので、長期的な視点で作業の優先順位を決めるのが難しいですね。
仕事に対して「やりがい」を感じるところは?
これまでは記事を作るのがメインの仕事だったのですが、自分の作った記事の検索順位が大きく上がったり、そこから売上が出たりするとやっぱりやりがいを感じます!
どういう人がこの仕事に向いていると思いますか?
黙々と作業することが多い仕事なので、集中力がある人はとても向いていると思いますね。 文章力とか想像力がある人も向いているんじゃないでしょうか。 あとはミーティングする機会がすごく多いので、やっぱりコミュニケーション能力もある程度は必要だと思います。
職場の雰囲気について
社員の方々もインターン生も優しい方が多いです。職場の雰囲気も常に和やかで、自由に相談したり、息抜きに雑談ができる環境だと思います。 仕事以外だと、インターン生同士でたまに飲みに行ったり、女子会をしたりすることもあります!
小川さん
入る前と入った後で成長したところは?
インターンを始めてから、話したり文章を書いたりするときの「説得力」が身についたのが自分の中では大きいです。 マーケティングでは、ユーザーさんに商品を購入してもらうために説得力のある説明をしなければいけないですよね。記事の企画やライティングといった仕事を通じて、相手に納得してもらえるような文章の書き方、話し方が鍛えられていると思います。
成長したことが将来どう活かされるか
就職活動では、この説得力がとても役に立ちました。 面接も自信を持って臨めたので、ある会社の面接官の方に「すごく説得力があるね」と言っていただいたこともありました。 こういったスキルは、将来どんな仕事に就いても役に立つんじゃないかなと思います。
小川さん
今後身につけたいスキルや挑戦したいことは?
内定先がシステム開発の会社なので、もっとプログラミングに近いことに挑戦したいです。 ウェブスターマーケティングのインターンではプログラミングに触れることが少ないので、今後そういう機会があればぜひ関わってみたいですね。
今後どうなっていきたい?
もともとシステム開発をやりたかったということもあって、将来的にはマーケティングやSEOの分野にも詳しいエンジニアになることが目標です。 なので、今は内定先の研修を受けつつ、インターンでマーケティングの知識をたくさん吸収しておこうと考えています。
どんな人と働きたいですか?
私自身あまり発想力がないほうなので、意見をたくさん言ってくれたり新鮮なアイデアを出してくれるような方と一緒に働いてみたいです。 あとは、今のウェブスターマーケティングにはインターンの女子メンバーが3人しかいないので、ぜひ女性の方の応募をお待ちしてます!

ウェブスターで働きながら
メディアづくりを学んでみませんか?

募集要項・エントリーはこちら