家賃滞納は強制退去の可能性あり!|家賃を滞納した後にすぐやるべきことを紹介

やばい、家賃滞納しちゃった…
今月は家賃払えそうにない…

様々な外的要因が重なったことで経済状況が厳しくなり、気づいたら家賃を滞納していた、なんてこともあるかと思います。

しかし、家賃の滞納は絶対にしてはいけません。

家賃の滞納が続くと信用情報が傷つき、今後ローンが組めなかったり、クレジットカードを作れなくなってしまいます。

最悪の場合は強制撤去で家を失ってしまうことも…

この記事では、

  • 家賃滞納から強制退去までの一連の流れ
  • 家賃を滞納したらすぐにやるべきこと
  • 家賃滞納に関する質問へのお回答

などを紹介していきます。

家賃を滞納してしまって、どうすれば良いか分からない方はぜひご覧ください。

家賃滞納、いつまで続けると強制退去?

家賃を滞納し続けてしまうと、督促状が届き支払いを催促されます。
最悪の場合、滞納を続けて6ヶ月後には強制退去が待ち受けているんです…

下記の図は家賃を滞納してから強制退去までのフローとなっているので、ご参照ください。

ちまたでは「家賃を滞納しても連絡こないよ」といった声がありますが、油断していたら督促状が届き、「気づいたたら強制退去に…」なんてケースもあり得なくはありません。

家賃を滞納しても何も言われないなんて大間違いです。
滞納はなんとしても避けましょう。

家賃滞納後、今すぐとるべき行動

このなかには「うっかり家賃を払い忘れた…」なんて方もいらっしゃると思います。

ですので、そういった場合にすぐとるべき行動を紹介しているので、心当たりのある方はご覧ください。

まずは大家さんに相談

家賃滞納は賃貸借契約に違反しているので、大家さんに支払の誠意を伝えることが大切です。

どうしても家賃の支払いが厳しいのであれば、大家さんに分割払いや毎月の家賃値下げを交渉してみましょう。

住居確保給付金を申請する

分割払いでも生活を維持することが難しい場合、国の貸付制度を利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

代表的な制度で言うと、「住居確保給付金」です。

住居確保給付金とは、仕事をやめたことをきっっかけに住まいを失った人か住まいを失った人に対し、3ヶ月間の家賃を助成することを目的にした給付金です。

住居確保給付金の申請方法や審査基準に関する詳しい情報は、
下記の記事に記載されているので、併せてご覧ください。

質屋で物を売る

何か価値があるものがあるなら、大黒屋などの質屋に預けることでお金を借りることも可能です。

質屋でお金を借りる際には、骨折りな審査を受ける必要がないため、即金性は高いと言えます。

ただ、質屋が定めた期間内に返済ができない場合は、預けた物は返ってきませんので、その辺りも考慮した上で利用するようにしましょう。

一時的に消費者金融を利用する

どうしても家賃を払えない場合は、一時的に消費者金融の利用を検討してみても良いでしょう。

消費者金融と聞くと、「金利が高くて返済に物凄く負担がかかる」や「雪だるま式に借金してしまいそう」といったイメージが先行してしまうと思います。

しかし月々の返済額が1,000円からと少額なので、返済の負担を気にする必要はありません。借入から返済まで担当者の方が親身に対応してくれるので安心してください。

安心して即日で借りられる大手消費者金融はコチラの記事で紹介しているので、
気になる方はご覧ください。

クレカのキャッシングを利用する

もし消費者金融よりも金利を抑えて借入したい場合は、クレジットカードのキャッシング機能を利用してみても良いでしょう。

ただ、

  • ・他社も含め借入金額が年収の3分の1を超えている
    ・多重債務者
    ・安定収入がない
    ・キャッシング枠が不足している
    ・ATMがカードに対応していない

などに該当すると借入ができないので、注意が必要です。

キャッシング機能が付与されて、かつ審査に通りやすいクレジットカードは下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

家賃滞納に関するQ&A

これから家賃を滞納したときに多く寄せられる質問を紹介し、それらに回答していきます。

家賃滞納の時効はいつまで?

一般的に家賃滞納後から5年経てば、家賃を請求できなくなると言えます。

大家さんにとっては、借り主が多額の家賃を滞納していたとしても、家賃を請求できなくなるので、しっかりと督促状を送るなり家賃管理をしておくことが大切です。

借主の方でもし時効の事実を知った上で滞納をするのはやめましょう。
強制退去や裁判ごとになってからでは手遅れになります。

家賃を滞納すると引っ越しもできない?

必ずしも「引っ越しができなくなる」とは断言できません。

ですが滞納を続けると、引っ越しを行う場合に通過すべき賃貸契約や住宅ローンの審査に影響してしまいます。

簡単に言うと、「信用情報に傷がつく」ということです。

信用情報に傷がつけば、各種ローンやクレカの審査に通りづらくなるので、
滞納は絶対にやめましょう

もし督促状が届いていれば、大家さんに相談するなり、先程挙げた滞納後のアクションプランを実践しましょう。

保証会社の取り立てが厳しいって本当?

賃貸の場合、保証人を立てられない場合に保証会社を代わりの保証人としてたてることができます。もし滞納してしまったら、保証会社にとってもデメリットが生じるが故に取り立てを行います。

しかし一般的に想像されている暴力的な取り立ては、法律に触れることからありませんが、しつこく電話が来たり督促状を送りつけられることは覚悟した方が良いかもしれません。

退去後の支払いはどうなる?

家を出ていく場合は、退去費用を支払う必要があります。
賃貸マンションなどの一人暮らしの退去費用の相場は、およそ5〜8万円です。

ワンルーム

1万5,000〜5万円

1K

5〜7万円

1DK

7〜8万円

1LDK

8万〜12万円

安くはない金額であることが分かると思うので、家賃に併せて退去費用も支払うだけのお金を確保する必要があると言えます。

まとめ

ここまで家賃を滞納したときから強制退去がされるまでの流れや、滞納後のアクションプランをお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

もし滞納した場合は、

・まずは大家さんに相談する
・住居確保給付金を申請する
・質屋で物を売る
・一時的に消費者金融を利用する
・クレカのキャッシング機能を利用する

などの行動をとってみましょう。

家賃をうっかり払い忘れた場合は仕方ありませんが、督促状が届くまで滞納を続けてしまうことは絶対に避けましょう。