傷病手当金、早く欲しいのに支給が遅すぎる!|審査が厳しい傷病手当金は審査の通知が来るの?支給日までの金策も紹介

傷病手当金、早く欲しいのに支給が遅すぎる!|審査が厳しい傷病手当金は審査の通知が来るの?支給日までの金策も紹介

傷病手当金は、怪我や病気などで休業した際に受給できる給付金です。

しかし、傷病手当金の支給が想像以上に時間がかかり、
「傷病手当金を申請したはずなのにまだ何も通知が来ていない…」
「いつ手当金は貰えるのだろう?」
と不安に思っていませんか?

そこで今回は

以上のことを中心に解説していきます。

傷病手当金の振込ってどうなっているの?」「振込まで待てない!」という方は是非最後までご覧ください。

傷病手当金、初回の支給日はいつか

傷病手当金は、申請から約1ヶ月〜2ヶ月後に支給が開始されます。

この期間は審査期間であるため、この期間より早くもらうことはできません。

審査は、職員が事業主や主治医に直接状況を確認しに行きます。

手間や時間がかかる審査内容で、特に初回は不備がないか慎重なため、最短でも1ヶ月は審査に時間がかかってしまうのです。

「審査期間を待っていられない…」
「今すぐにお金が必要」
という方は、最短即日融資可能な民間のカードローンがおすすめです。

民間のカードローンは、金融機関が独自の審査基準を設けているため、最短即日の融資を実現しています。

傷病手当金の基本情報まとめ

まずは、ざっくりと傷病手当金の基本情報を確認していきましょう。

初回支給までにかかる時間

約1ヶ月〜2ヶ月
支給日

・10日、20日、末日のいずれか

・平日のみ
(給付日が土日祝日の場合は前倒しで振り込まれる)

申請結果が通知されるタイミング給付の数日前
申請結果の通知方法ハガキ
1日あたりの支給額給付開始以前1年間の平均月収÷30×2/3で計算できる
振り込み先申請書で指定した銀行口座

以下で詳しく説明していきます。

申請結果が通知されるタイミングは?通知方法はハガキ?

給付が決まると、給付される数日前に、振込日や口座が書かれた「支給決定通知書」というハガキが健康保健組合から必ず届きます。

そのため、申請から1か月程度しか経っておらず、ハガキが届いていないという方は、まだ申請書の受付期間あるいは審査中であるため、焦らずに待っていてください。

ただし、紛失すると再発行はしてもらえないので、大切に保管しておきましょう。

初回の支給日はいつ?曜日は?

傷病手当金の初回支給までは、申請から最短で1か月、最長だと2か月以上かかります。

月末までに会社経由で申請を完了していれば、1か月程度で審査を行い給付が決定します。
しかし、月末までに申請されていないと、支給までに2か月以上かかってしまいます。

振込は、土曜日・日曜日・祝日に行われず、そこに被ってしまった場合は前倒しになることがあります。

給付日は通知書のハガキに書いてありますが、もっと事前にいつ振り込まれるか知りたいという方は会社によって制度が異なるため、それぞれのホームページ等を確認してみてください。

支給額の計算方法は?いつまで受給できる?

一日あたりの支給額は、給付開始以前1年間の平均月収÷30×2/3で計算することができます。
また、この給付金は、最大で1年6ヶ月間受給することが可能です。

全国健康保険協会によると、平成28年の4月1日から計算方法が変わっているそうです。
以前の計算方法で支給額を算出しないように注意しましょう。

引用:https://www.gazou-data.com/contents_share/207/150/lb08271.pdf

なぜ傷病手当金の振り込みは遅すぎるのか

では、なぜこんなにも傷病手当金の振込は遅いのでしょうか。

主な理由は2つあるので、それらについて詳しく説明していきます。

審査が厳しいから

1つ目の理由としては、審査が厳しいからです。

健康保健組合は申請書を審査する際に、内容について事業主や主治医などに直接確認することが多いです。

そのため、状況確認などに時間がかかり、支給が遅くなるのです。

審査に落ちた理由の中で最も多いものは、医師が就労可能だと判断することです。

その場合、医療機関を受診していたとしても、傷病手当金は貰えないです。

傷病手当金を受給したいときは、医師に就労が出来ない状態であるという所見をしっかりと書いてもらうことをおすすめします。

複数月分の申請をしてしまったから

2つ目の理由は、複数月分の申請を行ってしまっているからです。

基本的に1か月毎に受給申請を行う必要がありますが、諸事情により複数月分一気に申請することもあるかと思います。

その場合、支給する額が大きくなるため、審査がより慎重になり、より時間がかかってしまいます。

少しでも早く支給してほしいという方は、1か月毎に申請することをおすすめします。

傷病手当金が待てない場合のときの対処法

傷病手当金の給付が待てないときのための、対処法がいくつかあるので、ここで幾つか紹介していきます。

傷病手当金が待てないという方の中には、他の公的給付金の申請を検討している方もいらっしゃるかと思います。

しかし、傷病手当金の申請を既に行った場合、総合支援資金や緊急小口資金などの公的貸付制度を利用することは出来ません

公的貸付制度は併用出来ないことが明記されています。

今すぐお金が必要だという方は、この後に紹介する対処法を試してみてはいかがでしょうか。

一時的に消費者金融を利用する

今どうしてもお金が必要だという方は、一時的に消費者金融を利用してみるのも1つの方法です。

数ある消費者金融のなかでも編集部がおすすめするのは『プロミス』です。

傷病手当金には、

  • 支給日までが長い
  • 会社や医師との書類のやり取りが面倒・時間がかかる
  • 他の制度と併用できない

というデメリットがありますよね。

一方、プロミスのカードローンなら、

  • 最短即日融資が可能
  • 自分は会社や医師とのやり取りする必要がない
  • 審査の在籍確認も「非通知・担当者の個人名」で行われるため会社にバレない
  • 公共制度と併用できる

というメリットがあります。

とは言え、消費者金融と聞くと「高金利で借りたら返済できずに人生が終わる」というイメージがありますよね。

しかし、実際は、月々の返済額は1,000円からと返済の負担もなく、計画的に利用すれば大変便利な借り入れ手段です。

また、初回登録の方限定で、初回利用から30日以内は利息が無料のサービスがあり、負担なく利用できます。

これらの特徴から、プロミスは以下の特徴に当てはまる方におすすめのカードローンです。

  • 現時点で退職していない方
  • 今すぐにお金が必要な方
  • 医師や会社との書類のやり取りが面倒だと感じる人、時間がかかる方
  • 傷病手当金をもらうまでの期間をしのぐお金が必要な方

特に「傷病手当金をもらうまでの間にお金が必要な方」は、初回登録の無料期間を活用して負担なく借り入れしてみることをおすすめします。

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと
融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

それ以外の消費者金融の特徴は以下の記事で紹介していますので、一時的な借入を検討している場合は是非読んでみてください。

生活状況を見直す

まずは、日頃の生活を見直すことから始めましょう。

支出の無駄を省き、収入を増やすことが長期的にお金を得ることができる方法です。

どう支出を省くのか、収入を増やせるのかについてはこちらの記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を利用してみることも1つの方法です。

三井住友のキャッシングカードやACマスターカードの場合、申込から到着まで約10日かかります。

今すぐお金が必要だという方は、カードローンの方がおすすめです。

キャッシングについては、以下の記事でカードローンとの違いなども併せて紹介していますので、参考にしてみてください。

質屋で物を売る

何か価値がある品物を持っているなら、質屋に預けたり売ったりすることでお金を捻出することも可能です。

この場合、審査等が行われないので、カードローンやキャッシングの審査に通るか不安だという方でも、安心してお金を借りることができます。

ただし預入の場合は、質屋が定めた期間内に返済ができないと預けた品物は返ってきません。
捻出したお金をどう使うか十分に考えて利用するようにしましょう。

親や家族に頼む

上記の方法を試してこれ以上どこからも借りられない場合は、親や家族などに頼んでお金を貸してもらうという方法もあります。

しかし、場合によっては、今まで築いてきた信頼関係を壊すことにもなりかねません。

お願いする場合は、本当に自分でこれ以上どうしようもないのか考えてから頼みましょう。

傷病手当金に関するQ&A

ここからは、傷病手当金に関するQ&Aをまとめました。

傷病手当金を受け取る際に心配事がある方は是非最後まで読んでみてください。

傷病手当金の通知は来ない場合は?

先ほども記載したように、審査に通過すると「支給決定通知書」という振込日や口座が書かれたハガキが届きます

一方、2か月~3か月待っても届かない場合は、審査に落ちているということになります。

その場合は先ほど紹介した対処法を是非試してみてください。

傷病手当金が支給されても払うべき税金がある?

傷病手当金が支給されていたとしても、払わなければいけない税金があります。

  • 社会保険料
  • 住民税
  • 所得税

を払う必要があります。

社会保険料は、会社員の場合、給与から事前に引かれていることが多いです。

休業中であったとしても、健康保健組合に属しており被保険者であることには変わりありません。

そのため、社会保険料は休業前と同じ金額を払い続ける必要があります

住民税も、社会保険料と同じように支払い続ける必要があります。

前年度の収入に対してかかっている税金なので、前年度に収入があればそれに応じた金額を支払う必要があります

所得税に関しては、現在の収入があるかどうかで対応が変わります。

現在、傷病手当金以外に収入がない場合は所得税に関しては非課税になります。

休業中は支払う必要がありません。

しかし、傷病手当金以外に配当金などの副収入がある場合は、それに準じた税金を支払う必要があります

基本的には、社会保険料と住民税、場合によっては所得税も発生しますのでしっかり覚えておきましょう。

傷病手当金の問い合わせ先は?

傷病手当金について何か不明点がある場合は、健康保険組合の窓口に問い合わせが必要です。

祝日と年末年始を除く、月曜日から金曜日の午前8時30分より午後5時15分まで受付しています。

都道府県ごとに連絡先が異なるので、以下を参照してください。
全国健康保険協会支部

まとめ

今回は

  • 傷病手当金の初回給付までの流れ
  • 支給が遅れる理由
  • 支給まで待てない場合の対処法

について紹介しました
すぐに給付されなくても、2か月程度ハガキが届くのを待つ必要があります。

その上で何か不明点があれば、健康保険組合に問い合わせて見てください。

受給出来なかった方や支給までにお金が必要だという方は、紹介した対処法を十分に検討し、自分に適した方法でお金を捻出してみてくださいね。