お金を借りたいけど借りれない!最適な解決策〜最終手段までまとめて解説

この記事のまとめ
お金を借りたいけど、借りられない…。
人それぞれ、環境は異なるので、もしかしたら自分の環境なら借りられる方法があるかもしれません。

 

このページでは、自分にピッタリのお金を借りる方法を見つけ出すことができます!

お金が必要だけど手詰まりになっている方も、一緒にお金を借りる方法を探し出しましょう!

・銀行、大手消費者金融のカードローンは審査に何度も落ちてしまっている。
・他社からの借り入れも多く、これ以上借りられそうにないけど、どうにかしたい。

お金を借りるには、「審査」が必要です。
審査で確認する項目は、申し込みした金融機関によって異なります。

ですから、自分が審査に通りやすい商品に申し込みすることは「どうしてもお金を借りたい人」にとっては重要なことになります。

見当違いの商品に申し込みをしてしまうと、

・次に受ける商品の審査に不利になってしまったり…
・早く借りたいのに無駄な時間を過ごしてしまったり…

お金を借りるのに、最悪な環境に自分自身を追い込んでしまいます。

スムーズにお金を借りるために、商品選びや自分の環境などを把握することは必要不可欠です!

この記事では、

  • 銀行カードローン、消費者金融などの審査に落ちた人がお金を借りる方法
  • 審査時に見られている自分の金融商品の利用履歴、取引事実の確認方法
  • お金を借りられない時の理由、解決策、最終手段の紹介

といった内容をまとめて解説します。

お金を借りたいけど、借りれない!とモヤモヤした気持ちを解決できる内容ですので、是非最後までお付き合いください。

→借りれない人の最終手段を知りたい方はこちら
→本当に自分は借りれない人なのか確認・対処方法を知りたい方はこちら

どうしても必要なときどうする?

お金が必要なタイミングで、金融機関の審査に落ちてしまうと、「もうどこからも借りれない…どうしよう…」と焦ってしまうこともありますよね。

ただ、審査に落ちてしまったからと言って、お金を作る手段が無くなってしまった訳ではありません。

例えば、もっと審査が甘い金融機関であれば、まだまだ審査に通る可能性はありますし、「どこの審査にも通らない」という方でも、質屋でお金を作るなど、様々な対処方法があります。

このように、審査に落ちてしまっても、最適な対処方法を知っていれば、意外と何とかなる事が多いです。

以下から審査に落ちた・通らない際の対処方法を詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

銀行で借りれない人は大手消費者金融で借りる

銀行のカードローンに落ちてしまった人には、大手消費者金融の利用がおすすめです。

大手消費者金融の審査は、一般的に銀行の審査よりも通りやすいと言われているので、「銀行のカードローン審査に落ちてしまった…」という人でも十分審査に通る可能性があります。

また、基本的に即日融資に対応している事がほとんどなので、「今すぐにお金が必要」という人にも最適な選択肢です。

以下でおすすめの消費者金融をいくつか紹介しておりますので、「銀行のカードローン審査に落ちて困っている」という方は、ぜひ検討してみて下さい。

【プロミス】当サイト申込み率・審査通過率NO,1なのでオススメ!

プロミスは、申し込みから借り入れまでWEB完結に対応しており、土日・夜間でも原則24時間最短10秒で振込融資が可能と、スピード感がある対応に定評がある大手消費者金融です。

また、最初の30日間はまるごと利息ゼロで借り入れすることができるので、場合によっては銀行よりもお得に利用できることもあります。

[pc]

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

[/pc]

[mobile]

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと

 
融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

[/mobile]

【アコム】審査が不安なら3秒で完了する審査前診断が目安に!

アコムは、大手消費者金融の中でも最も利用者数が多いことで有名でして、2019年現在では、約156万人の方に利用されています。

そのため、初心者の方でも安心して利用することができますし、審査も最短30分で終了、もちろん即日融資にも対応しているので、お急ぎの方にもおすすめできる消費者金融です。

ちなみにアコムでは、事前に借り入れ可能かどうかを判断できる3秒診断というツールが用意されているので、「審査に通るか不安」という方は試しに診断してみてはいかがでしょうか?

[pc]

アコム

アコム

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

[/pc]

[mobile]

アコム

アコム

本日中に借入する場合
あと

 
融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

[/mobile]

審査が不安・自信がないなら中小消費者金融で借りる

「大手消費者金融の審査に通らない…」という方は、大手ではなく中小消費者金融の利用がおすすめです。

中小消費者金融はプロミスやSMBCモビットなどの大手と比べると、知名度こそ低いですが、その分、大手よりも柔軟な審査が可能なので、「大手ではダメだったけど中小消費者金融の審査には通った!」というケースもよくあります。

ただし、知名度が低いので、正規業者かどうか判断するのが難しい場合もあります。

「中小消費者金融だと思って利用したら実は闇金だった…」なんてことにならないように、怪しいと感じた際は、事前に正規の業者かどうか調べてから申し込むようにしましょう。

とはいえ、調べて出てくるような業者は大半が正規の業者ですし、怪しい業者だと感じたら、正規の業者が必ず掲載している「貸金業登録番号」が掲載されているかどうか確認すればいいだけなので、そこまで心配する必要はありません。

ただ、「どうしても知名度が低い業者を利用するのは不安」という方も多いかと思いますので、安心して利用できる中小消費者金融を以下で3社ほど紹介しています。

以下のいずれかの業者に申し込んでおけば、まず間違いないかと思いますので、ぜひ検討してみてください。

【フタバ】独自審査で融通性あり?!信頼できる老舗

中小消費者金融のフタバは、なんと半世紀以上も営業している老舗なので、初めての方でも安心して利用することができます。

また、フタバはコンピューターによる自動審査ではなく、独自で審査を行なっているので、大手の審査に落ちてしまった方、収入がない専業主婦などの方でも十分審査に通過できる可能性があります。

もちろん、スピード審査で即日融資にも対応しているので、急ぎの事情がある方にもおすすめです。

[pc]

フタバ

フタバ

融資上限額即日融資融資時間
最大50万円最短1時間
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間

[/pc]

[mobile]

フタバ

フタバ

本日中に借入する場合
あと

 
融資上限額即日融資融資時間
最大50万円最短1時間
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間

[/mobile]

【アロー】WEB申込みで郵送物なし!手続きが簡単!

アローは審査スピードが最短45分、融資スピードが最短即日融資なので、どうしても今日中にお金が必要!という方に大変おすすめの中小消費者金融です。名古屋に本社を置き、すでに10年以上の実績があるので安心して利用することが出来ます。

200万円まで融資が可能で、使用用途も自由なので生活費以外でも利用することが可能です。もし大手金融会社の審査が不安であれば、アローに申し込んでみてはいかがでしょうか。

[pc]

アロー

アロー

融資上限額即日融資融資時間
最大200万円最短即日
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短45分30日間

[/pc]

[mobile]

アロー

アロー

本日中に借入する場合
あと

 
融資上限額即日融資融資時間
最大200万円最短即日
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短45分30日間

[/mobile]

【セントラル】大手とほぼ同じサービスで便利!

セントラルは、即日融資に対応、無利息サービスはもちろん、全国のセブンイレブンで利用できるローンカードが発行されるなど、大手にも引けを取らない利便性を誇る中小消費者金融です。

また、申し込みから契約までWEB完結することが可能なので、中小消費者金融の利用が初めての方でも気軽に利用することができます。

[pc]

セントラル

セントラル

融資上限額即日融資融資時間
最大300万円最短即日
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間

[/pc]

[mobile]

セントラル

セントラル

本日中に借入する場合
あと

 
融資上限額即日融資融資時間
最大300万円最短即日
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間

[/mobile]

クレジットカードを持ってるならキャッシング枠で借りる

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がある場合は、そちらを利用する方法もあります。

クレジットカードには買い物や公共料金を支払うためのショッピング枠と、お金を借りられるキャッシング枠があり、多くの方がクレジットカードを申し込みする際に限度額を決めていることがほとんどです。

キャッシング枠の限度額や設定の有無は利用明細書やクレジットカード会社への問い合わせなどで確認することができます。

審査に落ちてしまうなら公的融資や制度の利用を検討

公的融資や国の制度を利用してお金を借りるのも方法です。

生活環境などによって、利用できる制度は異なりますが、自分に合うものがあれば、利用を検討してみてください。

以下には公的融資や制度の一覧を用意しました。一覧以外にも融資を受けられることもありますので、社会福祉協議会などに問い合わせしてみてください。

借入制度・融資商品特徴
緊急小口資金主に休業された方向けの制度。新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯が上限20万円を無利子で借入ができる。
申し込み先は、市区町村社会福祉協議会。
総合支援金主に失業された方等向けの制度。新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯が単身なら15万、二人以上なら20万円以内を無利子で借入ができる。申し込み先は、市区町村社会福祉協議会
雇用保険の失業給付ハローワークで手続きすることで、退職前の給与の5割から8割程度の金額を90日から360日間受給することができる。
求職者支援制度再就職や転職を目指す求職者が月10万円の生活支援の給付金を受給しながら、無料の職業訓練を受講することができる。
クレジットカードの
キャッシング枠
手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合に、キャッシングの利用限度額まで利用することができる。
年金担保貸付国民年金、厚生年金保険に基づく年金受給権を担保として融資することが法律で唯一認められた制度。医療、介護、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などの支出のために一時的に小口の資金が必要な場合に利用できる。
リバースモーゲージリバースモーゲージは、自宅に住み続けながら、自宅を担保に融資を受けられるシニア世代向けのローン商品。
生命保険の契約者貸付保険会社には、生命保険の契約者を対象とした「契約者貸付制度」があり、自分が契約している保険会社で申し込めるのは安心。民間融資と違って審査なしでお金を借りられるため、初めてのキャッシングでも手を出しやすいのが特徴。
有担保ローン借入条件として担保の提供が必要なローンを有担保ローンです。 担保は、借入金の返済ができなくなった場合に備えて、あらかじめ借りた金額と同程度の物を提供し、債務の弁済を確保するものになります。
定期預金担保貸付定期預金貸付担保とは、銀行などの金融機関に預けている定期預金を担保にしてお金を借りる制度のこと。利用条件は「定期預金をしていること」なので、定期預金があればだれでも利用できる。
生活保護年金や給与などの収入が国の基準による「最低生活費」を下回る世帯で、自分の資産や能力、さまざまな制度を活用しても生活を維持することができない世帯に対して、国が「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する、日本国憲法第25条や生活保護法で定められている制度。

所持品をお金に換えられる「質屋」もおすすめ!

「もうどこの消費者金融の審査にも通らない、どこからも借りれない」という方は、現在の所持品をお金に換えるという選択肢もあります。

所持品をお金に換える方法としては、様々な方法がありますが、よく使われる方法としては、以下の3つですね。

[list class=”li-niku li-mainbdr main-c-before”]

  • 質屋に品物を預けてお金を借りる
  • リサイクルショップで所持品を売る
  • メルカリやネットオークションなど、ネット上で所持品を売る

[/list]
これらの方法であれば、審査なしなのはもちろん、質屋やリサイクルショップを利用すれば、即日でお金を用意することができます。

質屋なら「大黒屋」がおすすめです。
大黒屋や1947年から続く、信頼されている質屋です。全国の主要都市に店舗を構えている他、インターネットからのやりとりも可能です。

カードローンなどの審査に不安があるし、持っている物を手放すのには抵抗がある人は是非、大黒屋を利用してみてください。

大黒屋の公式サイトはこちら

個人間融資を頼める親兄弟、知人から借りる

どこの審査にも通らない、売れるような物もない場合は、家族や友人に助けてもらうという選択肢もあります。

ただ、身近な人からお金を借りる場合は、その後の人間関係にも影響するので、お願いする時は嘘をつかず、出来るだけ慎重になりましょう。

また、借りる際には借用書を書くことによってトラブルを減らすことができます。借用書の書き方は以下のページで紹介しているので、参考にしてください。

【借用書テンプレートの正しい書き方・見本】無料でテンプレをダウンロード(エクセル・ワード)

 どこからも借りれない!最終手段は弁護士への相談と債務整理

お金を借りれない場合に考える最終手段

「審査も通らず、売るものもない、お金を貸してくれるような人も身近にいない、次回の返済に間に合わない…」

ここまで追い詰められた状況にある人は、債務整理を検討するタイミングです。

債務整理を行うことによって、現在の借金を減額、または帳消しにできるので、借金返済に苦しむ生活から解放され,生活を立て直すことができます。

債務整理で借金を減らす

債務整理をよく知らない方のために簡単に説明すると、債務整理とは借金の返済を軽減、または免除してもらえる法律で認められた手続きのことです。

手続きにはいくつかの種類があり、例えば借金を全額免除してもらえる「自己破産」、借金を大幅に減額してもらえる「個人再生」など、自分の状況に合わせて選ぶことが可能です。

無料相談を活用しよう

「債務整理を実行するには、高いお金を払って弁護士を雇わなければいけない」と思っている方が多いですが、最近では無料で相談に乗ってくれる窓口も多く設けられています。

特に、以下の2つは無料で相談できる窓口として有名です。

このように、相談だけであれば無料で対応してくれる窓口もあるので、「もうどうにもならない」という状況の方は積極的に利用することをおすすめします。

また、一般社団法人生活サポート基金など、弁護士だけではなく、借金返済の悩みや給料の減少により生活が苦しくなった方等が無料相談できるので、一人で悩まず相談することが大切です。

 自分は本当にお金を借りれない人?対策と確認方法

お金を借りれない人の理由と対策

消費者金融の審査に通らないのには、必ず原因があります。

その原因の中でも特に多いのが以下の3つです。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 無職である
  • 他社での借り入れを延滞している
  • 他社で借りすぎている

[/list]
ただ、このような理由であれば、事前に対策することで審査に通る可能性をあげることも可能です。

例えば無職の場合は、アルバイトでもいいのでとりあえず収入が得られれば、審査に通りやすくなりますし、他社での借り入れを延滞している場合は、まず先に延滞している返済を支払えば審査にも通りやくなりますよね。

また、他社でお金を借りすぎているという場合は、まず借金を減らすか、申し込み時の希望限度額を下げれば、その分審査にも通りやすくなります。

特に上記の3パターンの場合は、自分でも何となく「もしかしたら、これが原因で審査に落ちるかもしれない」と感じ取れるはずです。

ここで「審査に落ちるかも」と感じ取ったのであれば、事前に対策をした上で申し込むようにしましょう。

また、「何とかなるだろう」と思って不安要素を残したまま審査に申し込む方もよくいますが、上記のような理由であれば、審査の通過は難しいので、あまりおすすめできません。

ちなみに、上記以外の理由で審査に通らないケースに関しては、以下の記事で詳しく紹介しているので、「なぜ審査に落ちたのかがよく分からない」という方は、参考までにご覧ください。

カードローンの審査に通らない理由14選・通りやすいローン特集

自分で「他社借入金額」や「ブラックかどうか」確認する方法

自分で、他社借入金額の残額やカードローンの審査時にローン会社が見ている情報を確認することができます。

方法は、審査時に金融機関が確認する「信用情報」を郵送で取り寄せや、インターネットから見る方法があり、費用は500円~1,000円程度かかります。

また、信用情報は大きく分けて3つの機関にわかれ、それぞれ、加盟している金融機関が異なります。他社で借入している金額を知りたい場合は加盟先を参考に信用情報を確認するか、借入先のホームページに信用情報機関の加盟先が記載されいているのでそちらを参考にしてください。

信用情報機関主な加盟先手数料
CIC
株式会社シー・アイ・シー
・信販会社
・クレジットカード会社
・携帯電話
500円~1,000円
JICC
株式会社日本信用情報機構
・消費者金融500円~1,000円
KSC
全国銀行個人信用情報センター
・銀行
・信用金庫
・労働金庫
・日本学生支援機構
1,000円

情報を確認する方法は各信用情報機関によって異なりますが、WEBや郵送などで利用ができます。公式ホームページにて確認後、確認してみてください。

信用情報機関に登録されている内容は、氏名や住所などの個人情報をはじめとし、現在借入中のローンの返済状況や残高、審査の可否、過去の返済履歴などがあります。

過去の返済履歴に長期延滞があったり、自己破産などの債務整理があるとブラックとなります。信用情報のデータには、返済状況の項目に「異動」と書かれているとブラックの扱いになり、事故情報と呼ばれ、新規での借入はかなり厳しい判断ができます。

注意点として、記録されている情報は各機関で共有されていませんが、事故情報は共有されています。

【まとめ】「お金を借りれない!」と焦らないのが大切

今回は、お金が借りれない場合の対処方法や、お金を借りる具体的な方法について紹介しました。

[box class=”box28″ title=”まとめ”][list class=”list-raw”]

  • 銀行のカードローン審査に落ちた人は大手消費者金融がおすすめ
  • 大手消費者金融の審査に落ちた人は中小消費者金融であれば審査に通る可能性がある
  • 全く審査に通らない場合は、所持品をお金に替えるか、身近な人から借りるという選択肢も
  • 本当にどうにもならない時は債務整理を検討しよう
  • 審査に落ちる理由を知っていれば事前に対策できる

[/list][/box]

審査に落ちてしまっても、他の選択肢や審査に落ちた原因を知っておくことで、そこまで慌てずに対応することができます。

切羽詰まっている状況だと、どうしても視野が狭くなってしまいがちですが、一度冷静になって次の一手を考えることが大切です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*