その他のお金を借りる方法

年金担保貸付制度とは?融資はいくらまで?審査のスケジュールや制度終了情報も解説

年金担保貸付制度とは?融資はいくらまで?審査のスケジュールや制度終了情報も解説

「年金だけでは生活費が足りない…」
「お金が必要だけど借金を抱えて子供に迷惑をかけたくない」
など、年金だけではやりくりできないと悩んでいませんか?

そこで利用したいのが、年金担保貸付制度です。

年金を担保にお金を前借りすることができる制度で、政府が公認で行っている安全な貸付事業です。

この記事では

  • そもそも年金担保貸付制度って何?
  • どんな人がこの制度を利用できる?若者や生活保護でも利用可能?
  • 制度が終わるって本当?いつ終わる?
  • 年金担保貸付制度の代わりの公的制度はある?

といった内容を解説していきます。

早速、貸付制度について詳しく見ていきましょう。

とにかく今すぐにお金が必要という方は即日で発行・借入できるこちらのカードローンがおすすめです。

アイフル

アイフル

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息
お金を借りたい方はこちら

年金担保貸付制度とは

年金担保貸付制度とは、年金を担保にお金を前借りできる制度のことです。
前借り制度であるため返済の必要はありませんが、翌月にもらえる年金の量が減額される仕組みです。

簡単に以下の表で、制度の内容について確認していきましょう。

申し込み条件
  • 年金証書を持っている
  • 現在年金を受給している
※障害年金・遺族年金を利用していれば年齢に関係なく、20代の若者でも利用できます。
※生活保護を受けている場合は法律に基づき、この制度を利用できません。
融資額

以下の3つの条件を満たす金額が融資可能額

  • 10万円〜200万円※「生活必需品を購入」の場合は10万〜80万
  • 年間年金受給額の0.8倍以内
  • 返済額の15倍以内
→詳しくみる
金利年2.8%
返済方法独立行政法人福祉医療機構が年金支給機関から、借入した方の年金を受取ることによって返済
保証人連帯保証人が必要
※保証人を用意できない場合は信用保証機関が代理する(保証料2.8%が必要)
必要書類
  • 借入申込書(取扱金融機関で用意されています)
  • 年金証書
  • 年金支給額の証明書類
  • 実印と印鑑登録証明書
  • 写真付きの本人確認書類
  • 資金使途を確認できる資料
→詳しくみる

 

年金担保貸付制度は年金を前借りする制度であるため、今後受給予定の年金から借りていた分を差し引かれる形で返済が行われます。そのため、次に受給できる年金は減額してしまいます。

いくらまで利用できる?

年金の融資額は10~200万円の間で1万円単位で借入可能です。

融資額は人によって異なるため、こちらの正規のサイトから融資可能額を調べてみることをおすすめします。

金利はどれくらい?

年金担保貸付制度はカードローンと比べても非常に低金利です。

一般的なカードローンは2~3%が最低金利であることが多く、またそれらはかなり高額を借入ないと最低金利は適応されません。

カードローンの場合、少額のうちは15%ほどの金利を課されることもある一方で、年金担保貸付制度はどの借入金額でも2.8%で借入できるのでかなり低金利です。

制度利用者の死亡後の相続や保証料

年金担保貸付制度を利用するご本人が亡くなった場合、借金は連帯保証人に相続されます。

連帯保証人を付けていない場合は、信用保証機関が代理で返済を行います。

ただ、その場合、月々の返済額の金利に加えてさらに2.8%の保証料を支払う必要があるため、注意が必要です。

申し込みのスケジュール

借入の申し込みは、取扱金融機関の営業日に行うことができます。

申し込み自体はほとんど毎日可能ですが、融資日は特定されています。

こちらから日程表を確認し、融資日から逆算していつまでに申し込みを行えば良いか確認しておくようにしましょう。

年金担保貸付制度の審査基準

つづいて年金担保貸付制度の審査について見ていきます。

審査基準とは?20代の若者や生活保護者は?

老齢年金・障害年金・遺族年金のいずれであっても、以下の申し込み基準を満たしていれば審査に落ちることはありません。

  • 年金証書を持ち
  • 現在年金を受給している

そのため、20代の若い方でもいずれかの年金を受給していればこの制度を利用することができます。

ただ、生活保護を受けている方は生活保護法でこういった制度が利用できないため注意が必要です。

審査の必要書類と審査落ちしないためのコツ

審査の申し込みの際に必要な書類は以下の6つです。

  • 借入申込書(取扱金融機関で用意されています)
  • 年金証書
  • 年金支給額の証明書類
  • 実印と印鑑登録証明書
  • 写真付きの本人確認書類
  • 資金使途を確認できる資料  

年金支給額を証明する書類とは、国民年金や厚生年金保険、労働者災害補償保の年金振込通知書や年金等送金通知書などのいずれかのうち、最新の書類1つを用意します。

申込基準に達しているのに審査に落ちてしまう場合は、書類の不備が原因であることがほとんどです。書類に不備がないか提出前に必ず確認するようにしましょう。

必要書類についてさらに詳しく知りたい方はこちらから確認できます。

審査の通過可否の連絡

申し込み後、審査は3~4週間かけて行われます。

その後、融資が行われる2、3日前に、審査の結果と融資が行われる日について、取扱金融機関から電話で連絡があります。

審査に通らない場合は、融資が行われる10日ほど前に電話で結果が伝えられます。

審査に時間がかかるので、「そんなに待っていられない!」「今すぐにお金が必要」という方はカードローンがおすすめです。おすすめのカードローンについてこちらで詳しくまとめています。

年金差し押さえは起こる?

申し込み対象であれば誰でも利用できる制度ですが、場合によっては年金を差し押さえられてしまうことがあります。

実際に起こった事例として、年金担保貸付制度を利用していた男性が国民健康保険税や市民税の滞納を理由に年金を差し押さえられたことがありました。

しかし、男性は民主商工会に相談したことで年金の差し押さえを解決することができました。

このように差し押さえで生活が苦しくなってしまったら相談できることがあることを覚えておくことが大切です。

年金担保貸付制度の廃止・終了に関する情報

年金担保貸付制度は、2022年3月末に新規受付を終了してしまう制度です。

生活費を年金の返済に充てることで、さらに生活が苦しくなる受給者が多かったため廃止が決定されました。

年金担保貸付に代わって登場する制度はありませんが、年金受給者が利用できる給付金制度があるので以下で確認していきましょう。

年金担保貸付制度以外の年金生活者支援給付金とは

年金生活者支援給付金とは、年金に上乗せしてお金をもらえる制度です。

この制度は以下の4つの種類に分けられます。

  • 老齢年金生活者支援給付金
  • 補足的老齢年金生活者支援給付金
  • 障害年金生活者支援給付金
  • 遺族年金生活者支援給付金

年金担保貸付制度はあくまでも年金を前借りする制度であるため、年金の返済に追われ、今後の生活が苦しくなってしまう恐れがあります。

また、今後2022年の3月で廃止される制度であるため、一度年金生活者支援給付金を検討してみることがおすすめです。

今すぐ融資が必要ならカードローン

「今すぐに生活費が必要…」
「急な出費が…」
「審査なんて待っていられない!」
という方におすすめなのが、最短即日で借入できるカードローンです。

年金を利用している方でもおすすめのカードローンについて見ていきましょう。

即日で借入したいならアイフル

アイフルは価格ドットコムで人気ランキング1位を取るなど、約80万人に支持されているカードローンです。

アイフルの特徴
  • WEB申し込みで最短25分で借入できる
  • 人気一位の圧倒的支持で安心して使える
  • コンビニのATMで利用できる

アイフルはWEB申し込むと最短25分で借入できるため、とにかく今すぐにお金が必要という方におすすめです。

また、コンビニなどにある全国7万台の提携ATMで借入できるので、借りたいときにいつでも借入することができます。

アイフル

アイフル
融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短即日
  • はじめての人におすすめ!
  • 最短30分審査!即日融資可能!
  • 土日融資にも対応!

70~80歳ならベルーナノーティス

ベルーナノーティスは80歳まで利用できるカードローンです。

>ベルーナノーティスの特徴
  • 80歳まで利用できる
  • 最短24時間以内に借入できる
  • 少額の借入も可能

一般的にカードローンは70歳以上の方は使えませんが、ベルーナノーティスは80歳まで借入することができます。81歳になると利用できなくなってしまうので、注意が必要です。

また、最短24時間以内に借入可能で、少額で借り入れできるため、70歳以上の急な出費や生活費が必要な方はこちらがおすすめです。

ベルーナノーティスの詳しい情報はこちらからご確認いただけます。

まとめ

年金担保貸付制度とは、年金を担保にお金を前借りできる制度です。

最後にこの記事の概要について振り返っていきましょう。

  • 年金証書を持ち、現在年金を受給している方が申し込み条件
  • 2022年3月末に制度廃止される
  • 年金生活者支援給付金の利用を検討してみるのがおすすめ

政府から認定された機関が運営している制度ではありますが、あくまでも貸付制度であるため返済に追われしまわないように、年金生活者支援給付金などの給付金をよく検討しておくのがおすすめです。

奨学金が突然停止された!打ち切りとなる理由と対処法まとめ

奨学金が突然停止された!?どうしたらいいの?

奨学金継続願を提出していなかったり、または成績不振などが理由で、JASSO奨学金が停止されてしまうことがあります。

もし奨学金が振り込まれなくなったら、最悪の場合は大学を中退しなければならなくなることも・・・

では、JASSO奨学金を打ち切られる理由にはどんなものがあるのか?

ここでは、JASSO奨学金が停止されてしまう2つのパターンとその対処法について解説していきます。

また、記事の最後では奨学金の代わりとなる教育ローンやカードローンも紹介していますので、万が一、お金がなくて困っている方はそちらもあわせて参考にしてください。

奨学金の代わりとなる教育ローン・カードローンはこちら

JASSO奨学金停止の2つのパターン(廃止、停止)


JASSO奨学金が打ち切られるパターンとしては、「廃止」と「停止」の2つがあります。

ただし、いきなり奨学生としての資格を廃止されたり、奨学金が停止したりはしません。

廃止と停止の前に、大学より「警告」という処置通知が交付されます。

ここでは、「廃止」「停止」「警告」それぞれの処置を受ける原因と、奨学金の振り込み再開する場合の対処法をわかりやすく説明します。

「廃止」と「停止」の前に「警告」がある

留年まではいかなくても修得単位数がきわめて少なかったり卒業が見込めない可能性がかなり高そうな場合は、奨学金を「廃止」や「停止」する前に、まずは「警告」という処置通知を交付する仕組みになっています。

「警告」「停止」「廃止」それぞれの位置づけは、以下のとおりです。

処置区分適格基準
警告・奨学金交付は継続
・成績が回復しない場合は、
停止または廃止になる可能性が
あることを警告
・修得単位数が少ない
・卒業延期の可能性がある
・学修の意欲がない
・仮進級となった
停止・成績不振による場合は、
1年間奨学金を停止
・停学などの理由であれば、
相当する期間奨学金を停止
・成績は廃止と同程度だが、成績不振の理由がやむを得ないと認められ、かつ卒業の見込みがある
・停学、そのほかの処分を受けた
・学校内外の規律を乱した(不起訴処分が必須)
廃止・奨学生の資格を失う・留年または卒業延期
・卒業延期の可能性がきわめて高い
・修得単位、修得科目が皆無またはきわめて少ない
・奨学金継続願を提出しなかった
・継続願で虚偽の申告をした
・申込書や同意書に虚偽の内容が含まれていたことが判明した
・退学、除籍になった
・学内外の規律を著しく乱した
・奨学生としての責務を怠りふさわしくない
そのほか、すでに奨学金が停止になっている場合は審査アリ

警告」の適格基準をくわしく見ると

  1. 修得単位(科目)数が標準の半分以下
  2. 卒業延期の可能性がある
  3. 出席率が悪く学修の意欲に欠ける
  4. 仮進級となった

とされています。

もし「警告」の処置通知を受け取ってしまった場合は、現状を真摯に受け止めて、これからの学生生活を見直す必要があります

「停止」

「廃止」の一歩手前で、成績不振によって、奨学金が「停止」されることがあります。

奨学金を停止されたら、奨学金の給付や貸与が最長で1年間ストップします!
停止となった原因を解消すれば、奨学金の振り込みは再開可能です。

成績不振だと奨学金を「停止」されることがある

このパターンが一番ドキッとするかもしれませんね!?

では、どれくらい成績が悪いと奨学金が停止されてしまうのか?

奨学生の適格認定では、以下のように定められています。

適格認定

第3条 貸与奨学規程第16条第3項及び第16条の2第3項に定める貸与奨学生に係る適格認定の基準(第5条において「貸与奨学生適格基準」という。)は,次に掲げるとおりとする。

~中略~

(2)学業について
修業年限で確実に卒業又は修了できる見込みがあること。

引用元:奨学生の適格認定に関する施行細則

ということは、普通に留年せずに進級または卒業できる見込みがあれば、まず奨学金が停止されることはありません。

反対に、成績不振が理由で留年する可能性が高い場合は、奨学生としては不適格ということになり、奨学金が停止になってしまいます。

その場合は、不足単位数を修得するなど停止となった原因を解消すれば、奨学金の振り込みは再開します

ただし、自動的に再開するわけではありません。

再開を希望する場合は、奨学金の復活の手続きが必要となります。

復活の手続き方法

大学の担当窓口に申し出て、下記「奨学生学修状況届」に必要事項を記入・押印のうえ、学校に提出してください。

復活申請が大学とJASSOに承認されれば、届け出した月にさかのぼって奨学金が振り込まれるようになります。

この手続きを行わない奨学生は、奨学金が「廃止」されてしまいます

「廃止」

留年など奨学生としてふさわしくないと判断された場合は、奨学金を「廃止」されます。

奨学金を廃止されたら、奨学生の資格を失うことになり、それ以降は奨学金を受け取ることができなくなります!

また、ここで一番気をつけたいのは「奨学金継続願」の未提出による廃止です。

奨学金継続願を提出していないと「廃止」になる

入学初年度の申し込み手続きだけで、大学を卒業するまで奨学金を受け取り続けられると思ってしまいがちですが、それは大きな間違いです。

毎年12~2月頃に「奨学金継続願」を提出しなければ、翌年度の奨学金は「廃止」となってしまいます!

この時期に学校から送られてくる「貸与額通知書」の書類には、かならず目を通すようにしてください。

奨学金継続願がちゃんと提出できているかどうかは、スカラネット・パーソナルで確認することができます。

もし、奨学金が廃止になってしまったら、在学中は「在学猶予願(在学届)」を提出すれば、奨学金の返済を卒業まで待ってもらうことができます

この在学猶予願(在学届)を提出しないと、奨学金の返還が7か月後からはじまることになるので要注意です。

JASSO奨学金が停止・廃止された時の対応策

奨学金が停止・廃止されてしまった学生の方の中には、学費などを支払いながら生計を立てていくために一時的にでも他の手段でどうにかお金を借りなければならない、という方も多いかと思います。

そこでここでは奨学金の代わりとなる教育ローンとカードローンについてご紹介していきます。

数週間待てるなら教育ローンがおすすめ

もし奨学金を「廃止」「停止」された場合は、一時的に教育ローンを利用することをおすすめします。

教育ローンの使用用途は、金融機関によってさまざまです。

基本的には、教育に関すること全般に充てることができます。

  • 入学金・授業料・施設設備費などの学校納付金
  • 受験料・受験時の交通費や宿泊費などの受験にかかった費用
  • 教科書代・教材費・パソコン購入費 など

ですので、奨学金の一時的な代わりになり得るローンだといえます。

さらに教育ローンは奨学金と異なり、一年うちどのタイミングであっても申し込み可能なので、奨学金をストップされている期間だけ借りるのも手です。

E-LOAN(イー・ローン)というサイトから自分に合った教育ローンを、金利や希望借入額などの条件で比較して探すことが出来るので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

あなたに合った教育ローンを条件で比較して探す(E-LOAN)

参考記事:【必読】教育ローンについて使い方から注意点まで徹底解説

ただし注意点として、申し込みから融資まで数週間近くかかってしまうこともありますから、家賃の支払いなどがあってそれだと間に合わない…という方は最短で即日の融資が可能なカードローンを利用することをおすすめします。

今すぐお金が必要なら学生でも借りれる消費者金融カードローン

借金は不安‥という方もいらっしゃると思いますが、下記で紹介するカードローンは大手の銀行グループのみ。しかもCMでもお馴染みなので安心して利用できます。

20才以上でアルバイトなどの収入があれば申し込みOKなので、奨学金が停止されて途方に暮れている人は利用してみてはいかがでしょうか。

返済プランさえきちんと立てればたくさんの利息を払うことはありませんし、なにより申込んでから最短で1時間ほどで融資を受けることが出来るのはとてもありがたいサービスです。

また教育ローンでは使用目的がある程度制限されますが、カードローンは使用目的が自由なローンとなっているので、学費以外にも家賃や交際費など様々な箇所でお金が掛かってくる学生さんには最適なローンだと言えます。

とはいえ、やっぱり学生でカードローンを使うのには抵抗がある…という方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

学生でも借りられるおすすめのカードローンを2つご紹介していきます。

【学生に人気No.1】プロミス

プロミス

金利限度額審査速度
4.5%~17.8%1万円~500万円最短30分

プロミスの強みは何と言ってもスピードが早い!審査スピードも融資スピードも業界No1なので、借りれるかスグに知りたい方にとてもおすすめ。しかも若い年齢層の貸付率が高いので、学生でお金を借りるなら「プロミス」がおすすめです。

プロミスの特徴として、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。

【実績No.1】アコム

アコム

金利限度額審査速度
3.0%~18.0%1万円~800万円最短30分

アコムは消費者金融としてパイオニア的な存在で、業界実績No1です。そのため、サービス力は非常に優れていて安心して利用できます。オペレーターの対応も丁寧なので、何か分からないことがあればスグにサポートしてくれます。

楽天銀行の口座を持っている人は即時振込も対応してくれるので、すぐにお金が必要な場合は非常に便利です。

まとめ

今回は、JASSO奨学金が停止になってしまう2つのパターンについて説明してきました。

奨学金がなければ、途中で大学を自主退学しなければならなくなってしまう人もいると思います。

奨学金を借りて勉強をしているという自覚をもって、修業年限期間内でちゃんと卒業しましょう!

最後に、奨学金の停止にまつわる疑問をQ&A形式で紹介しています。

奨学金Q&A

収入が一定以上に増えたら、廃止・停止になるの?

貸与型奨学金(第一種や第二種)を利用している場合は、おもに家計を支えている人の「年間収入(源泉徴収票の支払金額)」が、在学採用の基準を超えたら「廃止」となります。
自営業者や個人事業主の人は、所得金額が「年間収入」になります。確定申告書のうち、収入から経費を差し引いた金額が対象です。
給付型奨学金の場合は、以下のいずれかの条件を満たすと「停止」です。
・おもに家計を支えている人の市町村税の所得割が2年連続で課された
・おもに家計を支えている人の市町村税の所得割額が20万円を超えた
貸与型・給付型ともに「おもに家計を支えている人」が2人以上いる場合は、それぞれの年間収入を合算します。

【保存版】奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ

奨学生の約4割が利用しているJASSO日本学生支援機構の奨学金は、ほとんどの大学で申し込むことができます。

ここでは、JASSO奨学金の3つある申し込み方法のなかでも、利用者全体の約7割が申し込んでいる予約採用をおすすめしています。
進学前に奨学金を予約しておく申し込み方法で、在学中の高校を通して申し込みます。

この記事では

  • JASSO奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ
  • JASSO奨学金の3つの申し込み方法とそれぞれの特徴
  • JASSO奨学金の申し込み手続き
  • JASSO奨学金申し込みの際に注意すべきポイント

を図解入りでわかりやすく解説していきます。

JASSO奨学金を申し込みを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

JASSO奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ

JASSO奨学金の申し込みから受給されるまでの流れ

JASSO奨学金の申し込み方法には、「予約採用」「在学採用」「緊急・応急採用」の3つあります。
(くわしくは後述しています)

そのなかでも安心して進学できるように、進学前に奨学金を予約しておく予約採用をおすすめしています。

進学した大学や学部に採用枠が残っていない場合は、在学採用で申し込んでも不採用になる可能性があります。

確実にJASOO奨学金を利用したいなら、まず予約採用で申し込みましょう。

ここでは、予約採用におけるJASSO奨学金の申し込みから受給されるまでの流れを解説していきます。

あとになって「こうしておけばよかった・・・」ということがないように、スケジュールに合わせて計画的に進学費用を準備しましょう。

予約採用の基本スケジュールを確認しよう!

JASSO奨学金の予約採用は、高校3年生の春(5月~7月頃)から募集がはじまります。

第二種奨学金の予約採用は、秋(10月~11月頃)にも募集が行われるので、希望する場合は申し込みを忘れないようにしてください。

では、予約採用の基本的なスケジュールを確認していきます。

予約採用の基本的なスケジュール

予約採用の基本的なスケジュール

申し込み期限は通っている学校によって異なりますので、きちんと確認するようにしてください。

JASSO奨学金の3つの申し込み方法

JASSO奨学金の3つの申し込み方法

予約採用で申し込む前に、JASSO奨学金の申し込み方法にはどんなものがあるのか知っておきましょう。

JASSO奨学金の申し込み方法には、高校3年生からあらかじめ申し込んでおく「予約採用」と、大学入学後に申し込む「在学採用」と、大学在学中に家計の急変で奨学金を緊急に必要とする場合に申し込む「緊急・応急採用」の3つあります。

JASSO奨学生新規採用者数を見ると、全体の約7割が「予約採用」で申し込んでおり、そのほかは「在学採用」や「緊急・応急採用」となっています。

◆JASSO奨学生新規採用者数(単位:人)

区分採用者数予約採用
(割合)
そのほか
(割合)
第一種奨学金164,755106,623
(65%)
58,132
(35%)
第二種奨学金273,382190,398
(70%)
82,984
(30%)
合計438,137297,021
(68%)
141,116
(32%)

出典:日本学生支援機構「平成28年度業務実績等報告

JASSO奨学金の3種類ある申し込み方法の特徴

JASSO奨学金の3種類ある申し込み方法の特徴

では、JASSO奨学金の「予約採用」「在学採用」「緊急・応急採用」それぞれの申し込み方法の特徴を解説していきます。

予約採用

予約採用は、進学先が決まっていなくても申し込み可能です。

予約採用

高校3年生の時点で進学後の奨学金を予約する方法
※高卒認定試験合格者は、直接日本学生支援機構に申し込む

◆申し込み窓口
在学または卒業高校
(高校卒業後2年以内まで申し込み可能)

◆募集時期
第1回:5月~6月頃
【第一種奨学金】【第二種奨学金】
【第一種奨学金・第二種奨学金併用】
【給付奨学金】

第2回:10月~11月頃
【第二種奨学金】のみ

◆採用候補者の決定
第1回:10月頃
第2回:2月頃

注意:第一種奨学金の予約採用は、5月~6月頃の第1回だけなので気をつけましょう!

在学採用

在学採用は、大学2年生や3年生など途中から申し込むことも可能です。

在学採用

進学後に申し込む方法

◆申し込み窓口
進学した大学など

◆募集時期
原則として毎年4月の年1回のみ
【第一種奨学金】【第二種奨学金】
【第一種奨学金・第二種奨学金併用】

緊急・応急採用

第一種奨学金を緊急採用とし、第二種奨学金を応急採用としています。

緊急・応急採用

失職・病気などで家計が急変した場合に申し込む方法

◆申し込み窓口
進学した大学など

◆募集時期
いつでも申し込み可能
(家計が急変してから12か月以内に限る)
【第一種奨学金】【第二種奨学金】

申し込み方法は予約採用が断然おすすめ!

JASSO奨学金の利用を考えているなら、予約採用で申し込むほうが断然おすすめです!

在学採用に比べて、予約採用はメリットが多いんです。

メリット1
予約採用は採用枠が広い
予約採用は、全国基準で採用枠が決まるので、平等な条件で選考が行われます。
在学採用は、大学ごとの採用枠に差があるので、申し込み基準を満たしていても不採用になる可能性があります。
メリット2
予約採用は2回申し込むチャンスがある
在学採用の申し込みは、春の1回だけです。予約採用は、春と秋に申し込むチャンスが2回あるので、かなりメリットです。
メリット3
不採用でも在学採用で再チャレンジできる
予約採用に落ちてしまった場合でも、在学採用で再チャレンジできます。
予約採用で第一種奨学金が不採用になり、第二種奨学金に採用されたとしても、第一種奨学金を在学採用で再チェレンジすることもできます。
メリット4
予約採用は進学届で項目を変更できる

予約採用が決定しても、入学後の最終手続きである進学届でほとんどの項目が変更できます。
つまり、奨学金の月額や利率の算定方式などが変更できたり、JASSO奨学金を利用しなくてもよくなった場合は辞退することができるんです。
進学届で変更できるおもな項目
  • 奨学金の月額
  • 入学時特別増額貸与奨学金の金額
  • 保証制度(人的保証/機関保証)
  • 返済利率の算定方式(固定/見直し)
  • 奨学金の振込口座
  • 奨学金の辞退
  • 入学時特別増額貸与奨学金だけの辞退 など

入学時特別増額貸与奨学金も併せて申し込もう!

入学初年度は、入学金や生活の準備費用などが必要なため、けっこうお金がかかります。

そこで、利用したいのが日本学生支援機構の「入学時特別増額貸与奨学金」です。
国の教育ローンを申し込んだけれど借りられなかった人が対象となります。

これも入学後の最終手続きである進学届で、「入学時特別増額貸与奨学金」だけを辞退することができるので、予約採用と一緒に申し込んでおくことをおすすめします。

JASSO奨学金の申し込み手続き

JASSO奨学金の申し込み手続き

JASSO奨学金の申し込み手続きは、予約採用の場合は高校、在学採用の場合は進学先の大学を通して行ないます。

申し込みには、ざまざまな申し込みパターンがあります。

どのパターンを希望しても、選考で有利・不利になることはありません。

どれを選択するのがベストなのか、あらかじめ決めたうえで予約採用の手続きに進んでくださいね。

どれに申し込む?予約採用の申し込みには7パターンある!

予約採用の申し込みには、【第一種奨学金】【第二種奨学金】【第一種奨学金・第二種奨学金併用】【給付奨学金】の組み合わせによって、申し込みパターンが7つあります。

まずは、7つある申し込みパターンから希望のコースを選択していきます。
(【給付金奨学金】もすべて併用できますが、ここでは省略しています)

【第一種奨学金】のみ希望

【第一種奨学金】が不採用の場合は【第二種奨学金】を希望

【第二種奨学金】のみ希望

【第一種奨学金・第二種奨学金併用】のみ希望

【第一種奨学金・第二種奨学金併用】が不採用の場合は【第一種奨学金】のみ希望

【第一種奨学金・第二種奨学金併用】が不採用の場合は【第二種奨学金】のみ希望

【第一種奨学金・第二種奨学金併用】および【第一種奨学金】が不採用の場合【第二種奨学金】を希望

⑥と⑦は違いがわかりづらいですね。

⑦は併用が不採用になっても、【第一種奨学金】と【第二種奨学金】のどちらかで採用される可能性があるので、⑦を選択するほうが安心です。

申し込みコース選択のポイントとしては、【第二種奨学金】を押さえておくことです。

利息がつかない【第一種奨学金】にこだわり過ぎずに、利息がつく【第二種奨学金】も視野に入れて申し込むことが得策です。

予約採用の申し込み手続きってどうするの?

予約採用で申し込むコースを決めたら、以下の手順で申し込み手続きを進めていきます。

  1. 高校へ必要書類を提出
    在学中の高校に「提出書類一式」と「スカラネット入力下書き用紙」を提出します。
    ※もし記入を間違えてしまっても、日本学生支援機構からダウンロードできるので安心してください。
  2. スカラネット入力
    学校が提出書類などを確認したら、「スカラネット入力下書き用紙」が返却されます。同時にスカラネットにアクセスするためのIDとパスワードがもらえます。
    奨学金申込専用ホームページ」にアクセスし、スカラネット入力下書き用紙にしたがって申し込み内容を入力していきます。
    ※自宅にパソコンがない場合は、学校のパソコンが利用できないか相談してみましょう。
  3. スカラネット申し込み番号を高校に再提出
    スカラネット入力が完了すると、最後に受付番号が表示されます。その番号を「スカラネット入力下書き用紙」に記入して、再度高校に提出します。
  4. マイナンバーの提出
    スカラネット入力後1週間以内に、マイナンバー提出書と一緒に簡易書留で送付します。
  5. 予約採用の申し込み手続き完了!

スカラネットでの奨学金の申し込み手順(図解入り)

JASSO奨学金における日本学生支援機構独自のネットシステム「スカラネット」では、奨学金申し込みの手続きが行なえます。

以下、スカラネットでの奨学金の申し込み手順と使い方になります。

手順:スカラネットにアクセスしてみよう!

1.スカラネットにアクセス

日本学生支援機構 スカラネット

2.?重要事項確認の「はい」か「いいえ」にチェック
正しく理解している必要があり、すべて「はい」にチェックがないと次に進めません。

重要事項確認

【a.奨学金の申し込みの場合】
3.◆奨学金の新規申込の「送信」ボタンをクリック

奨学金の新規申込

4.識別番号(ユーザID・パスワード)を入力し、「送信」ボタンをクリック
在学中の学校から配布されたユーザID・パスワードを入力します。

識別番号入力

【b.進学届の提出の場合】
3.◆進学届の提出の「送信」ボタンをクリック

進学届の提出

4.進学した学校を選択してクリック
そのあとに表示される認識番号(ユーザID・パスワード)には、進学先に「奨学金貸与決定通知書」を提出してから配布されたものを入力します。

進学した学校を選択

使い方:スカラネットまとめ一覧
スカラネット
(奨学金申込専用ホームページ)
サイトURLhttps://www.sas.jasso.go.jp/scholarnet/
機能JASSO奨学金の申し込みに使用するサイト
用途奨学金の新規申込
進学届の提出
利用するユーザID・パスワード【奨学金の申し込みの場合】
在学中の学校から配布された識別番号
(ユーザID・パスワード)【進学届の提出の場合】
進学先の学校から配布された識別番号(ユーザID・パスワード)と、採用候補者決定通知【本人保管用】に記載されている進学届提出用パスワード
手続きの受付時間午前8時 ~ 午前1時
※午前0時~1時の受付は、翌日分として処理される
送信した申し込み内容は訂正できない

スカラネットで申し込み内容を送信した後は、入力ミスをしてしまっても自分で訂正できないので気をつけてください!
ただし、入学後の進学届でほとんどの項目は変更可能なので、慌てなくても大丈夫です。

JASSO奨学金申し込みの際に注意すべきポイント

JASSO奨学金申し込みの際に注意すべきポイント

予約採用の申し込み手続きをスムーズに進められるように、申し込みの際に注意すべきポイントをいくつかまとめてみました。

基本!必要な提出書類をチェックする

JASSO奨学金の申し込みの際に必要な提出書類をチェックしましょう。

全員が提出するもの
  • 提出書類一覧表
  • 給付奨学金確認書または貸与奨学金確認書
  • マイナンバー提出書
  • 家計状況申告書
  • 収入証明書類
  • スカラネット入力下書き用紙
必要な人だけ提出するもの
  • 給付奨学金申込資格に関する証明書類
  • 特別控除に関する証明書類
    以下、特別控除に該当する項目
    ◯母子・父子世帯
    ◯単身赴任
    ◯障がい者
    ◯長期療養者
    ◯被災・盗難被害

書類不備があって慌ててしまうことがないように、提出書類はしっかり準備しましょう。

知っておいてよかった!返還誓約書

返還誓約書とは、今後の返済方法を確認する契約書です。
入学後5月下旬から6月くらいに開かれる予約採用者向けの説明会で渡されます。
「最後の最後で提出し忘れた・・・!?」なんてことがないように、返還誓約書があることを覚えておきましょう!

保証制度は人的保証、機関保証のどちらを選択する?

保証制度JASSO奨学金を利用するには、連帯保証人と保証人が必要となります。

連帯保証人は、学生本人の父母、保証人は父母以外の親族などに依頼することになり、保証人の収入証明書の提出も求められます。

このような人的保証が難しい場合は、機関保証を利用します。機関保証は、連帯保証人と保証人は不要です。ただし、奨学金の月額から一定の保証料が差し引かれます。

申し込み時点で、保証制度を人的保証にするか、機関保証にするか、どちらかを選択します。

保証制度は、入学後の最終手続きである進学届で変更が可能です。
保証制度については、こちらでくわしく紹介しています。

貸与利率は固定にする?変動にする?

固定金利・変動金利JASSO奨学金は、在学中は無利息です。

利息がつく第二種奨学金を申し込む場合は、貸与が終了したときの利率が適応になり、利息がかかるようになります。

返済利率の算定方式には

  • 利率固定方式(いわゆる固定金利)
  • 利率見直し方式(いわゆる変動金利)

の2つがあり、どちらかを選択します。

返済利率の算定方式は、入学後の最終手続きである進学届で変更可能です。

ちなみに、利息がつかない第一種奨学金を申し込む場合は、返済方法を「定額返還方式」か「所得連動返還方式」を選択します。

貸与中は「所得連動返還方式?定額返還方式」いずれの変更も可能です。

申請理由の書き方のポイントと注意点は?

申請理由の書き方JASSO奨学金の申し込みにおいて、学生たちが戸惑うのが申請理由の書き方です。

スカラネット入力準備用紙に書き込んでいくなかで、多くの人の手が止まるのが「家庭事情情報」欄です。奨学金を申請した理由を200文字以内で書かなくてはなりません。

そこで、申請理由を書く際のポイントと注意点を押さえておきましょう。

申請理由を書く際のポイント
奨学金を申し込む理由は、ずばり「お金が足りない」です。
なぜお金が足りないのか、自分から見た家計の状況を分かりやすく書くことが大切です。

  1. お金が足りない事情がある
  2. だから進学するにあたり十分なお金が用意できない
  3. したがって奨学金を借りて大学で学びたい

このような展開で、200文字のなかで簡潔にまとめれば大丈夫です。

申請理由を書く際の注意点
作り話を書かないこと=つまり嘘は書かないことです。

家庭収入の具体的な数字を入力する項目があるので、申請理由も誠実に書くようにしてください。

あたり前のことですが、誤字脱字がないかチェックしてくださいね。スカラネット入力下書き用紙は学校が確認するためのものですが、スカラネット入力は慎重に行ないましょう。

JASSO奨学金の支給開始日に注意する!

支給開始日に注意!JASSO奨学金の支給開始日には注意が必要です。

予約採用で申し込んで採用決定しても、奨学金の支給が始まるのは進学後の5月以降となっています。
つまり、奨学金を入学金・前期分授業料などの入学前にかかる費用に充てることはできません。

多くの大学では、入学手続き費用の納付期限を合格発表後の1~2週間以内としているので、奨学金の支給開始日よりも前にお金が必要となります。

上記の「入学時特別増額貸与奨学金」も進学後の支給となります。

もし、入学手続き費用が準備できないときは、「入学時特別増額貸与奨学金」とろうきんの「入学時必要資金融資制度」と併せて利用すると、前もってお金が借りられます。

ほかにも、民間の教育ローンでお金を借りる方法があります。

JASSO奨学金の審査は厳しく、高い確率で審査に落ちてしまうのが現状です。しかも、審査期間も半年くらいかかるため、奨学金を当てに資金繰りを立てていたのに、結局落ちてしまった…と途方にくれる人も少なくありません。

そうならないためにも、安全策として民間の教育ローンにも申し込んでおきましょう。大手銀行や地方銀行でも教育ローンを借りることができますが、銀行によって審査期間や借入限度額など異なります。

各銀行の教育ローンを一覧にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

⇒ 大手銀行・地方銀行の教育ローン一覧表はこちら

まとめ

まとめ

JASSO奨学金を利用するなら、安心して進学できるように、進学前に奨学金を予約しておく予約採用で申し込みしておきましょう。

予約採用は、高校3年生の春(5月~7月頃)から募集がはじまります。

あとになって「こうしておけばよかった・・・」ということがないように、スケジュールに合わせて計画的に進学費用を準備しましょう。

また、予約採用の申し込みには組み合わせによって、ざまざまな申し込みパターンがあります。
申し込み手続きを進める前に、どのコースを選択するのか決めておきましょう。

最後に、よくある質問についてQ&A形式で簡単にまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

奨学金Q&A

毎月いつ振り込まれますか?

振り込みは原則、毎月11日(ただし、4月と5月は20日前後になります)です。
振り込み予定日が土日祝日に当たる場合は、金融機関の休日の前営業日となります。

IDとパスワードを入力したけどログインできない

ログインできないのが「スカラネット」と「スカラネット・パーソナル」のどちらなのか?それによって答えは違ってきます。
スカラネットには2種類あります。
JASSO奨学金を申し込むときに利用するのは、奨学金申込専用のスカラネットです。
JASSO奨学金の支給が開始されたあと、奨学金の内容確認や各種届け出の提出は、すべてスカラネット・パーソナルで行ないます。
まずログインしたいのは、スカラネットとスカラネット・パーソナルどちらなのか確認します。
奨学金を申し込むときにもらったIDとパスワードと、進学届を提出ときに配布されたIDとパスワードは異なりますので、それぞれに合ったID・パスワードを再度入力してログインしてみてください。

継続手続きは毎年必要!

ASSO奨学金を毎年継続して利用するには、年度末に「奨学金継続願」をスカラネット・パーソナルから提出します。給付奨学金の人も提出が必要です。
継続手続きは毎年必要なので、忘れないようにしましょう。

奨学金はどこがいい?|おすすめの奨学金制度の種類を完全解説!

進学するにあたり、経済的に大きな支えとなってくれるのが奨学金です。

国や大学、自治体、民間団体など、それぞれが奨学金の制度を設けており、さまざまな種類があります。

「どれを選べばいいのか?」と迷う人も多いかと思います。

ここでは、奨学金の種類をざっくりと説明したうえで、そのなかでもよく利用されている国の奨学金「日本学生支援機構(JASSO)」をくわしく紹介していきます。

また、見落としがちなのが入学金です。

奨学金は入学してからの支給となるため、入学金を用意できないときは、国の教育ローンや民間の教育ローンを利用することをおすすめします。

今回は、教育ローンの活用法もまとめてみましたので参考にしてください。

⇒ 国や民間の教育ローンについてはこちら

どこがいい?奨学金制度の種類と特徴

奨学金制度には、いくつか種類があり、運営団体ごとにそれぞれ特徴があります。

まずは、その種類と特徴を知ることから始めましょう。

奨学金制度の種類と特徴

出典:日本学生支援機構「平成28年度奨学金事業に関する実態調査


代表的なのは、日本学生支援機構(JASSO)です。「貸与型奨学金」と「給付型奨学金」の大きく2つに分けられます。貸与型奨学金には、無利子の「第一種」と、有利子の「第二種」があり、この2つを同時に利用する第一種・第二種併用も可能です。加えて、平成30年度から返さなくていい給付型奨学金が本格導入されました。
くわしくは、下記の「利用率は42%!日本学生支援機構(JASSO)の奨学金がおすすめ」で説明しています。

大学
多くの大学・短期大学・専門学校で、独自の奨学金制度を設けています。学校の奨学金は、返済不要の「給付型」が多いのがメリットです。また、すべての国公立大学には、授業料が免除・減額される授業料減免制度があります。
※私立大学・短期大学にもあるが、内容に差があります。

あなたにぴったりの学校を調べる
JASSOの検索サイトで、学校ごとに調べることができます。
学校選びの際には、奨学金や授業料減免制度などの費用サポートの比較もしてみよう!


自治体
都道府県や市町村など地方自治体が運営する奨学金は、無利子の「貸与型」が多くあります。ただし、ほかの奨学金との併用を認めていないこともあるため、かならず確認してください。各自治体で福祉政策として、母子父子家庭対象の奨学金もあります。

全国母子寡婦福祉団体協議会
ひとり家庭の父母が、進学などで資金が必要となったときに、都道府県、指定都市または中核市から貸付けを受けられます。
無利子の「貸与型」となっています。
「お住まいの地域の役所の担当部署」で相談してみましょう。

民間団体
おもな民間団体の奨学金を1つ紹介します。
あしなが育英会
親が病気・災害・自殺などで死亡した場合や、重度後遺障害で働けなくて経済的に厳しい家庭が対象です。
無利子の「貸与型」となっています。
そのほか、よく聞く奨学金を紹介しておきます。

◆新聞奨学会
新聞社による奨学金で、新聞配達などをしながら通学する制度です。学校との両立は大変ですが、自立しながら進学できます。
学費は、卒業まで勤務すれば全額返済免除です。生活費の心配もなく、月給・賞与が支払われるなどのメリットがあります。

どれを選べばいいの?

どれを選べばいいの?

どの奨学金制度がいいのかは、授業料や費用サポートの充実度で、自分にとって有利な奨学金選びをしてください。

ここでは、多くの学生が利用している日本学生支援機構(JASSO)の奨学金をおすすめしています。

そのなかでも、どれに申し込むかによって学力基準や家計基準などが異なるので、基準を満たしているか事前に確認しておきましょう。

基準を満たしていれば選考に落ちる可能性は低いですが、十分な返済能力のある連帯保証人や保証人を選ぶことで、さらに選考は通りやすくなります。


そして、奨学金は本当に必要な金額だけ借りることです。借りられるからといって多めに借りると、あとで困ることになります。

「毎月いくら返すか?」「何年かけて返していくか?」は借りた金額で違ってきます。

全体の費用をきちんと把握して、いくら借りたらいいのか試算してみることが大切です。

利用率は42%!日本学生支援機構(JASSO)の奨学金がおすすめ

利用率は42%!日本学生支援機構(JASSO)の奨学金がおすすめ

1番ポピュラーな奨学金で、奨学生の約4割が利用している日本学生支援機構(JASSO)の奨学金をわかりやすく紹介していきます。

日本学生支援機構(JASSO)とは

日本学生支援機構(JASSO)の始まりは、昭和18年10月に創立された財団法人大日本育英会にさかのぼります。

「教育の機会均等」の理念のもと実施されてきた奨学金事業は、平成16年4月に国の独立行政法人として設立された日本学生支援機構(JASSO)に引き継がれました。

ほとんどの学校で利用でき、現在は国内の奨学金事業の約90%を占めています。

日本学生支援機構(JASSO)

平成28年度にJASSOの奨学金を借りた学生の数と貸与額です。
利息がつく第二種奨学金の利率はとても低金利となっています。利率を固定する方式と、利率を見直す方式があり、どちらを選んでも利率の上限は3%と決まっているので安心です。利息がつかない第一種奨学金も拡充されて、ますます充実したサポート内容となっています。

第一種奨学金 ~利息がつかない貸与型~

対象

大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)

基準

予約採用:進学前に第一種奨学金を申し込む場合の基準

学力基準家計基準(4人世帯)
申し込み時までの成績
・5段階評価で平均3.5以上
申し込み時の家計(年額)
・給与所得世帯
747万円以下(収入)
——————————
・給与所得以外の世帯
349万円以下(所得)

上記の基準に満たなくても、以下の人は申し込み可能

・住民税非課税世帯
・生活保護受給世帯
・社会的養護を必要とする人
(児童養護施設の入所者など)

※大学、短期大学、専修学校(専門課程)に進学する場合です。

借りられる金額

学校の種類や通学形態、入学年度によって金額は異なります。

◆大学

国公立私立
自宅自宅外自宅自宅外
最高月額\45,000\51,000\54,000\64,000
最高月額以外の月額

\30,000
\20,000

\40,000
\30,000
\20,000

\40,000
\30,000
\20,000
\50,000
\40,000
\30,000
\20,000

◆短期大学・専修学校(専門課程)

国公立私立
自宅自宅外自宅自宅外
最高月額\45,000\51,000\53,000\60,000
最高月額以外の月額

\30,000
\20,000

\40,000
\30,000
\20,000

\40,000
\30,000
\20,000
\50,000
\40,000
\30,000
\20,000

※大学院は選べる貸与月額が異なります。

■最高月額を借りられない人

前年1年間の家計収入が一定額以上の場合は、「最高月額以外の月額」から選択します。
これは、第一種奨学金は税金などの公的資金と、元奨学生からの返還金が財源となっているために制限が設けられています。

第二種奨学金 ~利息がつく貸与型~

対象

大学院、大学、短期大学、高等専門学校(4・5年生)、専修学校(専門課程)

基準

予約採用:進学前に第二種奨学金を申し込む場合の基準

学力基準家計基準(4人世帯)
以下のいずれか
・高等学校などで申し込み時までの成績が学校の平均水準以上特定分野でとくに優れた資質能力がある大学などで学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある
申し込み時の家計(年額)
・給与所得世帯
1,100万円以下(収入)
——————————
・給与所得以外の世帯
692万円以下(所得)

※大学、短期大学、専修学校(専門課程)に進学する場合です。

借りられる金額と利率

借りられる金額
2万円から12万円まで、1万円単位で貸与月額を選ぶことができます。
※大学院は選べる貸与月額が異なります。

以下の場合は、増額することも可能です。
◆私立大学の医歯学の課程
・・・12万円に4万円を増額
◆私立大学の薬・獣医学の課程
・・・12万円に2万円を増額

利率
極めて低水準です。

平成29年3月は0.33%(利率固定方式)と0.01%(利率見直し方式)でした。

第二種奨学金の利率

給付奨学金 ~返さなくていい給付型~

対象

進学への意欲があり、目的を持って学んでいる学生で、経済的理由により進学が困難な場合です。

基準

次の基準を最低水準として、各高校などで推薦基準を定めます。

家計基準住民税非課税世帯
生活保護受給世帯
または
18歳時点で児童養護施設に入所している(していた)など社会的養護を必要とする人
学力・資質基準社会的養護を必要とする人

社会的養護を必要とする人

次のいずれか
・特定分野でとくに優れた資質能力があり、大学などへの進学後にとくに優れた学習成績を収める見込みがある

・大学などで学修意欲があり、大学などへの進学後にとくに優れた学習成績を収める見込みがある

上記以外の人

次のいずれかに該当し、学校長が推薦した人
・各学校の教育目標に照らして、十分に満足できる高い学習成績を収めている

・教科以外の学校活動などで大変優れた成果を収め、各学校の教育目標に照らして、おおむね満足できる学習成績を収めている

人物基準学習活動そのほか生活全般を通じて態度・行動が奨学生にふさわしく、将来良識ある社会人として活動し、将来的に社会に貢献する人物となる見込みがあること

※申し込む前にかならず最新の情報を確認することが必要です。

もらえる金額

大学、短期大学、高等専門学校(4・5年生)、専修学校(専門課程)

国公立私立
自宅自宅外自宅自宅外
月額\20,000\30,000\30,000\40,000

※国立大学の場合、授業料の全額免除を受ける人は給付金額が減額されます。(自宅外:3万円→2万円、自宅:2万円→0円)

一時金もあり

「社会的養護を必要とする人」には、入学時に別途24万円が支給されます。

2020年から、新しい給付型奨学金制度がスタート!

日本学生支援機構(JASSO)では、2020年4月から修学支援新制度を実施します。

概要としては、意欲のある学生たちが、家庭の経済事情に左右されずに高等教育課程(大学・短大・高専・専門学校)に進学できるようにする、というもので、年間の支給に付随して、条件によっては進学先の授業料・入学金が減免(免除or減額)されるというものです。

支援額の目安は以下になります。

引用元:https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/__icsFiles/afieldfile/2019/05/31/kyuhu_chirashi_hogosya.pdf

詳細な支給額の試算は画像内QRコード、または公式のホームページから行えるので、ぜひチェックしてみてください!

申請方法とスケジュール

申請方法には、状況に応じて「予約採用」と「在学採用」と「緊急・応急採用」の3つあります。

予約採用の第1回目の募集は、高校3年生の5月から開始されます。

予約採用を利用したい場合は、高校3年生になったらすぐに準備に取りかかる必要があります。

あとになって「こうしておけばよかった・・・」ということがないためにも、早めにスケジュールは把握しておきましょう。

奨学金は入学前に支給されない!入学時に必要な費用をサポートする制度

入学時に必要な費用をサポートする制度

大学受験から入学前までに、約100万~200万円というまとまったお金が必要です。

出願や受験にかかる費用、入学した大学への学校納付金、自宅から通えない人は住まい探しの費用などがかかります。

しかし、奨学金の支給は入学後の5月以降となっており、入学前には支給されません。

つまり、入学前にかかる費用に奨学金を充てることができません。

そこで、ひとり親世帯や低所得世帯、貯蓄だけでは足りない世帯を入学時に費用サポートしてくれる制度をいくつか紹介します。

1.まずは授業料減免制度があるか調べよう

授業料減免制度各大学などの担当窓口

授業料減免制度とは、学費をそもそも払わなくてもいい全額免除、または半額などを免除する学校独自の制度です。

国公立大学にはすべてあり、基準(入学試験の成績や収入)は学校によって異なります。

進学先に授業料などの減免制度があるかは、このタイミングで調べておくといいでしょう!

2.入学金などは国の教育ローンを申し込むのがベスト

日本学生支援機構(JASSO)日本学生支援機構(JASSO)

入学前にまとまったお金を借りたい人は、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を申し込みましょう。

奨学金との組み合わせも可能なので、入学前は国の教育ローン、在学中は奨学金を併用する方法がおすすめです。

わかりやすい活用シーン
◆入学前に受けられるもの

教育ローン
だれが借りる?保護者など
基準は?保護者の収入が一定額以上
借り方は?一括
いつ返す?借りた翌月から
利息は?貸付と同時に利息がつく

JASSOより利率は高い

◆在学中に受けられるもの

貸与型奨学金(JASSO)
だれが借りる?本人
基準は?保護者の収入が一定額以下
借り方は?在学中に月々
いつ返す?卒業後
利息は?利息なしと
利息あり(在学中は無利息)がある

国の教育ローンは、受験後のタイミングで申請手続きを進めておくと安心です。

入学直前に不足していることに気づいて慌てて申請しても、審査に時間がかかり間に合わなくなることがあります。

3.国の教育ローンがNGなら入学時特別増額貸与奨学金を申し込もう

入学時特別増額貸与奨学金日本学生支援機構(JASSO)

国の教育ローンを申し込んだけれど借りられなかった人を対象とする「入学時特別増額貸与奨学金」があります。

これは、JASSO奨学金の「貸与型」とセットで利用する入学初年度にだけ借りられる一時奨学金のことです。

この一時奨学金も入学してからの支給となりますが、ろうきんの「入学時必要資金融資制度」と併せて使えば、入学前に支給されるのでぜひ利用しましょう。

4.入学金が用意できないときは民間の教育ローンを利用しよう

銀行やJA銀行やJAバンクなど

国の教育ローンも、入学時特別増額貸与奨学金も無理なときは、民間の教育ローンを利用しましょう。

代表的なもので、銀行の教育ローンがあります。

国の教育ローンよりも審査に通りやすいといわれています。ただし、銀行の教育ローンは、審査基準や融資限度額、金利などが銀行によって異なってきますので注意が必要になります。

銀行の教育ローンをまとめた一覧表を用意しましたので、国の教育ローンの審査が不安…という方は、こちらもあわせて確認してください。

⇒ 銀行の教育ローン一覧表はこちら

5. 教育ローンの審査に不安がある人はカードローンを利用しよう

教育ローンは、奨学金 → 国の教育ローン → 民間の教育ローン…のように、審査の難易度が変わってきます。

民間の教育ローンにも審査が通らかなった、という場合には『多目的ローン』がオススメです。

多目的なので、どんな用途にも利用することができ、しかも審査スピードや融資スピードが最短即日と、申し込んだその日にお金を借りることもできます。

最近では、銀行系のカードローンもCMでお馴染みなので利用者も増えてきています。ここでは安心して借りることができる、管理人おすすめの3社をご紹介します!

【プロミス】学生に人気が高い

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと
融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスはアプリを利用するとスマホから簡単に申し込みや借入が行えます。審査が最短30分なので、すぐにお金が必要な方にはとても便利ですね。更に初めて利用する方には30日間無利息キャッシングも利用できます。プロミスは住友銀行などのSMBCグループが運営しているので、安心して利用できるカードローンです。

【アコム】安心のキャッシング

アコム

アコム

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

アコム

アコム

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループが運営しているカードローンです。実績も長く、オペレーターの対応も丁寧で親切と評判です。

初めてアコムを利用する方には30日間無利息キャッシングも利用できます。

【アイフル】安心のキャッシング

アイフル

アイフル

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

アイフル

アイフル

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

アイフルは銀行グループではないのですが、実績のある大手大手消費者金融です。アイフルでは電話連絡をして欲しくない場合には、在籍確認を書類のみで行うことも可能なので、誰にも知られず利用したい方にオススメです。

まとめ

まとめ

奨学金の強みは低金利や無利子です。

国や大学、自治体、民間団体などで奨学金制度を設けており、サポート内容はそれぞれ異なります。

ここでは、奨学生の約4割が利用している日本学生支援機構(JASSO)の奨学金をおすすめしています。

また、奨学金は入学してからの支給となるため、入学前にまとまったお金が必要な場合は教育ローンが便利です。

教育ローンは奨学金との併用もできるので、進学の費用をサポートする手段として利用する人は多いです。

最後に、いくつか奨学金の種類にまつわる疑問をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

奨学金Q&A

第一種奨学金と第二種奨学金、併用ってできるの?

貸与型の「第一種」と「第二種」を併せて奨学金を受けることを「併用貸与」といいます。
ただし、家計基準は第一種奨学金の収入基準よりも厳しくなっており、希望どおり受けられるとは限りません。
併用貸与を受けた場合は、貸与総額および毎月の返還額が多額となります。また、給与型に貸与型を併用することもできます。
つまり、基準を満たせばすべて併用可能です。

給与型は、ほかの奨学金と併用できる?
日本学生支援機構
の貸与型
国立大学などの
授業料減免制度
そのほかの
奨学金・支援制度
以下いずれも併用可能

第一種奨学金(無利子)
第二種奨学金(有利子)
入学時特別増額貸与奨学金(有利子)

国立大学などの授業料の全額免除を受ける場合は、交付金額が減額されます。

自宅外:
3万円→2万円

自宅:
2万円→0円

※国立大学などの授業料の一部免除および入学金免除、公立・私立大学などの授業料減免を受けても、交付金額は減額されません。

そのほかの奨学金・支援制度との併用も可能

※実施団体によっては、日本学生支援機構の奨学金との併用を制限している場合があります。

海外留学したい、留学奨学金ってあるの?

さまざまな団体で海外留学支援の奨学金があります。
海外留学には、滞在先での費用を日本で確保しておく必要があります。そのため、留学生の多くは奨学金を利用しています。
ここでは、広く認知されている2つの奨学金を紹介します。
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度です。
返済不要の奨学金や事前事後研修などの支援で、意欲ある学生の海外チャレンジを応援しています。
海外留学支援制度
上記で紹介している日本学生支援機構(JASSO)の海外留学支援制度です。
海外の大学・大学院で学士/修士/博士の学位を取得する学生を対象とした奨学金や、ほかにもさまざまな種類の奨学金があります。
求められる資格・要件は多いですが、手厚い支援を受けることができます。

この記事の監修FPのコメント

FP監修者:竹下昌成

氏名竹下昌成(たけした・あきなり)
所属竹下FP事務所

借金は将来の自分から借りるものと言われます。奨学金によって開ける道もあるでしょう。しっかりと考え、投資に見合うリターンを得られるよう行動していきましょう。

注目は2020年度から拡充される給付型の奨学金です。必ず所得、資産要件にあてはまるかチェックしましょう。資産に不動産は含みません、現預金等2000万円以下というのも自己申告になります。所得についてはオーバーしていても損益通算などで要件にあてはまる場合もあります。

まずは家庭でお金を含めた進学のことを早めに充分に話し合いましょう。日本FP協会もJASSOとともにスカラシップ・アドバイザーという制度に取り組んでいますし、FPは全国にいます。専門家・セカンドオピニオンとしてFPも気軽に活用しましょう。

>竹下昌成氏の詳細はこちら

奨学金制度とは|利用する前に仕組みを知って上手に活用しよう!

平成29年度文部科学省の発表によると、いまや過去最高で高校生の5人に3.5人が進学している時代です。

 

 

[sanko href=”http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2018/02/05/1388639_1.pdf” target=”_blank” title=”平成29年度学校基本調査” site=”出典:文部科学省”]

 

大学4年間でかかる学費の平均は、国公立大学で約500万円私立大学で約770万円かかります。そのため経済的な理由から、多くの大学生が奨学金を利用しています。

 

 

 

[sanko href=”https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/kyouikuhi_chousa_k_h29.pdf” title=”平成29年度教育費負担の実態調査結果” target=”_blank” site=”出典:日本政策金融公庫”]

 

最近になって、低所得層へ向けて返済の必要がない給付型奨学金が導入され、メディアにも取り上げられて話題となりました。

 

ここでは、奨学金とはどんな制度なのかわかりやすく紹介していきます。

参考情報:【奨学金のまとめ】

奨学金とは

奨学金とは、意欲と能力のある学生が、経済的な理由により進学を断念することなく、安心して学ぶことができるよう金銭的サポートが受けられる仕組みのことです。

給付型と貸与型がある

奨学金には、お金を返さなくてもいい「給付型」と、卒業した後に低金利または無利子で返済していく「貸与型」があります。

日本学生支援機構によると、給付型奨学金の対象は以下のとおりです。

    • 住民税非課税世帯の人
    • 生活保護受給世帯の人
    • 社会的養護を必要とする人(社会的養護とは「施設養護」「里親養護」「地域養護」など児童支援のこと)

こうした給付型は、厳しい経済環境にある学生に進学のチャンスが与えられ、格差是正につながっています。

ただし、対象となる学生が限定されるため、多くの人は貸与型を利用している状況です。

日本学生支援機構の奨学金については、こちらでくわしくご紹介しています。
[kanrenc id=”3759″]

選び方のポイント

国や大学、自治体、民間団体など、いろいろな団体で独自の奨学金制度を設けています。

借りることができる金額や利息の有無などは、どの奨学金制度を利用するかによって異なってきますので、いくつか検討して自分に合った奨学金制度を見つけましょう。

ここでは、もっとも多くの人に利用されている日本学生支援機構の貸与型奨学金をおすすめしています日本学生支援機構の奨学金は、ほとんどの大学で申し込むことができ、貸与型奨学金には無利子の「第一種」有利子の「第二種」の2種類があります。第一種と第二種を併願で申し込むこともでき、選考通過の確率が高くなるのでとくにおすすめの方法です!

奨学金の選考基準については、こちらでくわしくご紹介しています。
[kanrenc id=”4906″]

奨学金を利用している大学生はどれくらい?

現在、大学生の2人に1人が奨学金の制度を利用しています。

平成29年度には日本学生支援機構の奨学金を利用する学生が、とうとう130万人を超えました!

日本は大学の授業料が高いにもかかわらず、世界のなかでも教育の公的援助が最下位で、家計の負担が大きい国です。大学生をもつ親にとっては経済的に厳しいので、奨学金の制度を利用せざるを得ない状況にあります。

奨学金を借りる理由

サラリーマンの平均年収が約410万に対して、かかる学費の割合は国公立大学で約20%(約82万円)、私立大学で約30%~40%(約123万円~164万円)にもなります。

親の給与が年々減少する一方で、国公立大学・私立大学ともに「入学料」および「授業料」が高止まりしているため、奨学金を利用している大学生の割合が増加しています。

 

 

[sanko href=”https://www.jasso.go.jp/about/ir/minkari/__icsFiles/afieldfile/2018/03/20/30minkari_ir.pdf” target=”_blank” title=”奨学生増加の背景①” site=”日本学生支援機構”]

 

上述したように、奨学金を借りる理由としては、このような家庭の経済状況により、学費を支払う十分な余裕がないことが1番の要因と考えられます。

 

みんなどれくらい借りているの?

実際に、みんなどれくらい借りているのか?

平均の貸与総額を算出すると、約300万円でした。

あなたは、この300万円をどう思いますか?

単純に計算しても
毎月16,700円 × 180か月(15年)
これだけ返済にかかります。

在学中はお金の返済がないので借金という認識がありませんが、奨学金は学生を対象とした無担保ローンになります。

  • 本当に必要な最小限の金額はいくらか?
  • 卒業した後は何年かけて、毎月いくら返すか?

をしっかり考えることが大切です。

大学生活、そのあとの社会人生活も負担なく過ごすために、自分の条件や希望に合った奨学金を見つけましょう。

奨学金の使い道

奨学金は、原則として学費に使いますが、使途に制約は設けられていません。

実際には、学費だけではなく、教材費や生活費、クラブやサークル活動費などに多く使われているようです。

教材費

教材費は必要なものなので、学費の範囲内と考えましょう。ただし、学科によっては高額になりますので、授業料の納付を優先して、足りない分はアルバイトなどで補いましょう。

生活費

1人暮らしをしている大学生は、家賃・光熱費・食費などの生活費としても使っています。これは、実家からの仕送りをもらっているが少ない、景気低迷によりアルバイトなどの収入が減少していることが関係しているようです。

クラブやサークル活動費

クラブやサークル活動費は、活動内容によって、道具の購入費や合宿費がかかることもあります。金銭的に負担のかかる場合は、控えるようにしましょう。

入学金

奨学金の使い道として、気をつけたいのは入学金です。

日本学生支援機構には、入学初年度にだけ借りられる「入学時特別増額貸与」という一時奨学金がありますが、支給が進学後のため入学金に充てることができません。

もし、入学金が用意できないときは、国の教育ローンや民間の教育ローンを利用しましょう。教育ローンの種類によっては、審査基準が変わってくるので注意が必要です。

教育ローンについては、こちらでくわしくご紹介しています。

奨学金制度のまとめ

進学するには、かなりのお金がかかります。しかし、進学を諦めるのではなく、学費をサポートしてくれる奨学金制度をうまく活用していきましょう。

奨学金を利用したい大学生に向けて、基礎知識をまとめてみました。

奨学金の種類申込み方法から受給までの流れ選考基準返済方法について見やすくわかりすく説明しています。ほかにも、増額・減額・継続ほか手続き方法や、奨学金を停止されたときの対処法もしっかり押さえてあります。奨学金ガイドとして、ぜひチェックしてみてください。
[kanrenc id=”3759″]
[kanrenc id=”4406″]
[kanrenc id=”4906″]
[kanrenc id=”5468″]
[kanrenc id=”6335″]
[kanrenc id=”6790″]

失業中で無職でもお金を借りれるハローワークの制度と活用法

このページでは、

「現在、失業中でカードローンの契約ができないけれどもお金を借りたい。。。」
「ハローワークでお金を借りれると聞いたんだけど、、、」

という方に向けて、失業中でもハローワークでお金の給付を受けたり、借りたりできる制度があることをご紹介していきます。

職業訓練の制度を利用して給付を受ける

ハローワークには、休職中に職業訓練を受けることになった場合、所定の条件を満たせば、職業訓練中は毎月10万円と交通費の給付を受けることができる制度が存在します。

これを、職業訓練受講給付金と呼びます。

ここでは、まず職業訓練とはなにかという点から解説していきます。

職業訓練とは?

職業訓練とは、ハローワークが主催している、求職者が仕事に必要なスキルを身につけられる学校のようなものです。

職業訓練には2種類あり、厚生労働大臣の認可を受けて民間の機関が職業訓練を行うもの、各都道府県の職業能力開発センターが訓練を行うものがあります。

職業訓練受講給付金を貰うためには?

職業訓練受講給付金を貰うためには、支給対象者に入り、一定の要件を満たす必要があります。

職業訓練受講給付金の支給対象者

まず、コチラが支給対象者の条件です。

  • ハローワークに求職の申し込みをしていること
  • 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
  • 労働の意思と能力があること
  • 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと

例えば、

  • 雇用保険に加入できなかった
  • 雇用保険の失業給付(基本手当)を受給中に再就職できないまま、支給終了した
  • 雇用保険の加入期間が足りずに失業給付を受けられない
  • 自営業を廃業した
  • 就職が決まらないまま学校を卒業した

などの場合が該当します。

(引用元)https://www.mhlw.go.jp

これらをすべて満たす方が、支給対象者と規定されています。

支給を受けるための要件

支給を受けるための要件は、

  1. 本人収入が月8万円以下
  2. 世帯全体の収入が月25万円以下
  3. 世帯全体の金融資産が300万円以下
  4. 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  5. 全ての訓練実施日に出席している
    (やむを得ない理由がある場合でも、支給単位期間ごとに8割以上の出席率がある)
  6. 世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
  7. 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

(引用元)https://www.mhlw.go.jp

と規定されており、これらの要件をすべて満たす必要があります。

失業中の本人だけでなく、世帯収入も条件に規定されている点にも気をつけて下さい。
世帯収入とは、一緒に暮らしており、生計をともにしている人たちの合計収入となります。

注意ポイント

この給付金は、職業訓練を熱心に受け、よりよい職に就こうとしている人の為に用意されている制度です。

そのため、

  • 原則、一度でも遅刻・早退・欠席を行うと支給されない
  • やむを得ない場合であっても、8割以上の出席が必要

という条件があります。

これらの条件を破ると、給付金の打ち切りや、ひどい場合だと給付金の返還が求められる場合もあるので注意しましょう。

この給付金は、職業訓練を熱心に受け、よりよい職に就こうとしている人の為に用意されている制度です。

そのため、

  • 原則、一度でも遅刻・早退・欠席を行うと支給されない
  • やむを得ない場合であっても、8割以上の出席が必要

という条件があります。

これらの条件を破ると、給付金の打ち切りや、ひどい場合だと給付金の返還が求められる場合もあるので注意しましょう。

職業訓練給付金の申込み方法

職業訓練給付金を受けるための流れは以下のようになります。

    • ハローワークの窓口で受ける職業訓練を選び、受講申込みと、給付金の審査申請を行う。
    • (ハローワークで求職活動をしていることが前提です。)

    • 訓練実施機関に、書類を提出しに行き、選考(面接・筆記試験など)を受ける。
    • 選考に通ったら、ハローワークにて指示を受けます。
    • 訓練開始後も、原則として月に一回以上ハローワークで職業面談を受ける必要があります。
    この際に給付金の申請も行うことになります。

これで、職業訓練給付金の給付を受けることができるようになります。
ただし、先程も述べたとおり、職業訓練の出席は非常に厳しく見られるので気をつけて下さい。

次は、別の制度を利用してハローワークでお金を借りる方法についてご紹介していきます!

生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りる

ハローワークでは、失業中でお金がなく日常生活に困っている人に対して、生活資金の貸出を行っています。

生活福祉資金貸付制度とは?

生活福祉資金貸付制度とは、都道府県社会福祉協議会が、主に「低所得者世帯」「障害者世帯」「高齢者世帯」に対して、非常に低金利でお金を貸してくれる制度のことです。

貸付の種類として、

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

の4種類があります。

このそれぞれについて詳しくご紹介していきます。

総合支援資金

現在失業中で、ハローワークで求職活動をしている方は、コチラの総合支援金に申し込むことになります。

総合支援金として使えるお金は以下のようになっています。

資金の種類内容貸付限度額
生活支援費生活再建までの間に必要な費用二人以上の世帯 月20万以内

単身世帯 月15万以内

住居入宅費賃貸を借りる際の敷金礼金など40万円以内
一時生活再建費生活再建の為に必要だが、日常生活費で賄えないもの。

債務整理を行う費用

就職のための技能習得費用 など

60万円以内

これらの利息は、保証人を立てれば利息ナシで借り入れることができます。
保証人がいなくても借り入れることはできますが、その場合は1.5%の年利がかかります。

生活支援費は、就職が決まった翌月まで、最長12ヶ月間借りることができます。
また、借り換え用の資金として借り入れることはできません。

福祉資金

福祉資金は、生活資金以外で、臨時にかかってくるお金に対して借り入れができます。

主な例を挙げると、

  • 冠婚葬祭に必要な資金
  • 介護サービスや障害者サービスを受けるお金とその生活費
  • 災害で被災した際に必要となる資金
  • 日常生活上、一時的に必要となる資金

などが挙げられます。

資金の種類内容上限額
福祉費上記記載580万以内

(用途ごとに上限あり)

緊急小口資金臨時的に生計を維持するのが難しくなった際に、借り入れできる少額の資金10万円以内

利息は、保証人を立てればナシ。
保証人がないと、年利1.5%になります。

緊急小口資金に関しては、保証人はいらず、利息もかかりません。

教育支援資金

教育支援資金は、低所得で、子どもを学校に通わせるのが難しい世帯に対して、高校・大学・高専に入学と修学ができるように貸付を行ってくれます。

資金の種類内容上限額
教育支援費低所得世帯の子どもが、高校・大学・高専に通うための費用高校 月3.5万以内

大学 月6.5万以内

高専・短大 月6万以内

就学支援費低所得世帯の子どもが、高校・大学・高専に入学するための費用50万円以内

コチラは、保証人が必要なく、利息もかかりません。

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は、低所得の高齢者世帯と、生活保護を受給している高齢者世帯に対して、自宅を担保とした生活資金の貸付を行っています。

資金の種類内容上限額
不動産担保型生活資金低所得の高齢者世帯に、不動産を担保として生活資金を貸し出す土地の評価額の70%以内
要保護世帯向け不動産担保型生活資金生活保護を受給している高齢者世帯に、不動産を担保として生活資金を貸し出す。土地及び建物の評価額の70%以内

生活保護受給額の1.5倍以内

金利はおよそ年3%で、保証人は推定相続人の中から1人必要です。

ただし、要保護世帯向け不動産担保型生活資金では保証人は必要ありません。

生活福祉資金貸付制度の利用資格

ここまで、生活福祉資金貸付制度の種類について説明してきましたが、実際に借り入れできる条件はどのようなものでしょうか。

対象は、「低所得者世帯」,「障害者世帯」「高齢者世帯」となっています。

これらを詳しく見てみると、以下のようになります。

世帯の種類内容
低所得者世帯低所得であり、生活資金を他から借り入れるのが困難な世帯。

(目安として、市民税が非課税になっている世帯)

障害者世帯障害者の方がいる世帯(手帳を交付されていること)
高齢者世帯65歳以上の方がいる世帯

これらの条件を満たしていても、必ず借りれるということはありません。

生活福祉資金貸付制度の審査は比較的厳しく、「返済能力の有無」があるかどうかを見られることになります。

すでに他の借金の返済に追われている多重債務者状態では審査に通らないので注意して下さい。

生活福祉資金貸付制度の申し込み

生活福祉資金貸付制度の相談窓口は、ハローワークや、お住まいの市区町村の社会福祉協議会ですが、実際に申し込む際は社会福祉協議会の窓口で申し込む必要があります。

主な必要書類は以下のとおりです。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 世帯状況を証明できる書類(住民票など)
  • 返済能力の分かる書類(給与明細、源泉徴収票など)
  • 連帯保証人の返済能力が分かる書類(給与明細、源泉徴収票など)
  • その他各融資ごとに必要な書類

必要書類を提出後、審査に通れば、口座にお金が振り込まれるようになります。
ただ、申込み条件や必要書類は、どの融資を受けるかによって異なっていたりします。

まずは、ハローワークか社会福祉協議会の窓口に相談を行ってみましょう。

失業中にお金を借りるにはどちらがおすすめ?

このページでは、失業中でカードローンなどが組めないときでも、ハローワークを通してお金を借りる方法として、

  • 職業訓練受講給付金
  • 生活福祉資金貸付制度

の2つをご紹介してきました。

では、この2つでは、どちらがより利用しやすいのでしょうか。

個人的なおすすめは、職業訓練給付金を受給することです。

職業訓練受給金と、生活福祉資金貸付制度、どちらも失業保険の受給を受けているうちは受給ができません。
そのため、収入的には非常に厳しい時期になるとは思います。

ですが、社会福祉資金貸付制度は、いくら利子が安いからとはいえ、立派な借金になります。
お金を貸してもらえるからといってゆっくり職を探していては、就職後の慣れるまで大変な時期に返済に追われることになります。

また、審査も比較的厳しいため、確実に借りれるわけではありません。

反対に、職業訓練受講給付金は、受給条件と、必ず出席という規定こそありますが、これらを満たせば、確実に支給される上、返済の必要がありません。

この給付金がもらえているうちに、次の職を見つけることが、就職後にも負担をかけずにお金を得る方法だと思います。

失業・求職中の人がハローワーク以外でお金を借りるには?

ここまでにご紹介したものは、失業中で失業保険の受給を受けていない場合に、ハローワークで申請をおこなったうえで利用できる制度になるため、本当に緊急でお金が必要な場合にはお金を手にする事ができません。

そういった場合、ハローワーク以外にもお金を借りる方法があり、下記のページで詳しく取り扱っています。

「もっと早く手元にお金が用意できる方法を知りたい」という方は、ぜひ一度目を通したうえで、ご自身でも利用可能な方法がないかを探してみてください。

まとめ

このページでは、ハローワークでお金を借りる方法2つと、職業訓練受給給付金と生活福祉資金貸付制度のどちらがよりおすすめかをご紹介してきました。

自分に合ったお金の借り方は、その時の生活状況次第で変わってきます。
そのため、お金をかりる際には、現在の自分の状況をしっかりと把握し、返済計画を立てることが必要になります。
借りる額は最低限にして、決して無理な借り入れは行わないようにしましょう。

国からお金を借りる方法まとめ|即日融資は可能?最短で借りられる個人向け公的貸付制度とは

「お金を借りる」と聞くと、銀行や消費者金融からお金を借りるイメージが強い人が多いかと思いますが、実は国などの公的機関からお金を借りることができるのをご存知ですか?

国では何かしらの事情でお金が必要になった方向けに、いくつかの貸付制度が用意されており、どれもほぼ無利子に近い低金利で利用することが可能です。

「特別な人しか借りれないんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはなく、低所得者の

  • 「具体的にどんな制度なの?」
  • 「どんな人が利用できるの?」
  • 「審査に通れるか不安…」

今回は上記のような疑問をお持ちのあなたに、国の貸付制度の内容や、審査に不安がある時の対処方法について詳しく紹介したいと思います。

ただし、注意点として先にお伝えしておきますが、国からお金を借りる場合は、実際に借りるまでに最低でも2週間ほどかかってしまいます。

なので、経済的な事情で「早めにお金を用意する必要がある」という方は、即日融資に対応している消費者金融系のカードローンを利用するようにしましょう。

「即時でお金を借りたい方はこちら

国からお金を借りられる制度一覧

国では大きく分けて8種類の貸付制度を設けており、それぞれ利用できる対象が以下のように異なります。

貸付制度対象者借入までの期間
生活福祉資金貸付制度低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯約1ヶ月半
日本政策金融公庫進学予定、または在学中のお子様をお持ちの保護者の方、事業者、創業者など約3週間?1ヶ月
勤労者資金融資制度中小企業の従業員など自治体によって異なる
年金担保融資年金受給者約1ヶ月
女性福祉資金配偶者のいない女性など約1ヶ月半
母子父子福祉制度20歳未満の児童を扶養していて、かつ配偶者のいない方約1ヶ月
共済組合貸付制度公務員約3週間
住宅支援機構の住宅ローン日本国籍を持つもしくは永住許可を得ている方種類によって異なる

申し込んでから借入できるまでの期間は、平均的に見て約1ヶ月ほど、一番早くても2週間ほどとなっています。

ただ、これだけ見ても少し分かりづらいかと思いますので、それぞれの制度について以下で詳しく紹介していきますね。

市役所で借りれる生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、経済的支援が必要な世帯(低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯、失業者世帯)の方が、一時的に公的機関からお金を借りることができる制度のことを指します。

また、ハローワークなどで就職活動をしている方であれば、無職の方でも利用することが可能です。

実際に利用するには、お住いの地域の市役所や区役所にある「市区町村社会福祉協議会」に相談し、そこで支援資金の貸付が必要と判断されれば、お金を借りることができます。

ちなみに、生活福祉資金貸付制度は、大きく分けて「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」という4種類の貸付金が存在しており、それぞれ以下のように限度額や利用の対象となる人が異なります。

総合支援資金
対象者失業等により日常生活全般に困難を抱えている方
限度額[list class=”list-raw”]

  • 生活支援資金:最大20万円
  • 住宅入居費:最大40万円
  • 一時生活再建費:最大60万円

[/list]

金利年1.5%、連帯保証人がいる場合は無利子
福祉資金
対象者低所得世帯、障害者や介護を必要とする高齢者のいる世帯
限度額最大580万円
金利年1.5%、連帯保証人がいる場合は無利子
教育支援資金
対象者進学予定、もしくは在学中のお子様をお持ちの保護者の方
限度額教育支援費(毎月の学費などの支援費)の場合
高校:月3.5万円
高専:月6万円
短大:月6万円
大学:月6.5万円
就学支度費の場合
(入学費などの支援費)
最大50万円
金利無利子
不動産担保型生活資金
対象者土地や家などの不動産を所有している高齢者の方
限度額居住用不動産(土地)の評価額の70%
金利年3.0%、もしくは長期プライムレート(金融機関が優良企業向けの長期貸出(1年以上の期間の貸出)に適用する最優遇金利)のいずれか低い利率が適用

とはいえ、この表を見ただけだといまいち内容を理解しづらいですよね。

「生活福祉資金貸付制度についてもっと知りたい」という方は、以下の記事に詳しい内容や、最短でお金を借りる方法などを紹介していますので、ぜひご覧ください。

市役所でお金を借りる方法とは?低所得・高齢者でも生活福祉資金貸付制度で借りれる!

緊急小口資金

生活福祉資金貸付制度には、「緊急小口資金」という貸付制度が設けられており、その名の通り「緊急でお金が必要」な方を対象に、最大10万円までの貸付を行なっています。

「緊急でお金が必要」というと様々なシチュエーションがあると思いますが、例えば「盗難にあって手元にお金がない」「病院にかかりたいが診察を受けるお金がない」などの緊急性が高い場合に利用を認められることが多いようです。

ただ、「緊急でお金が必要」という方を対象としている割には審査にかかる時間が長く、申し込んでから手元にお金が入るまでに最短でも1ヶ月はかかります。

正直、本当に緊急の場合は「今すぐにでもお金を用意しないといけない」という方が大半だと思いますので、お急ぎの方は即日融資にも対応している消費者金融のカードローンを利用するようにしましょう。
即日融資が利用できるのは消費者金融カードローン

教育ローン、ビジネスローンなら日本政策金融公庫

教育ローン、ビジネスローンなら日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は100%国からの出資によって運営されており、教育ローンビジネスローンの2種類のローンを取り扱っている金融機関です。

教育ローンは、学生のお子様をお持ちの保護者の方を対象に、ビジネスローンは事業者の方、創業者の方、個人事業主の方を利用の対象としています。

ちなみに申し込みは、どちらのローンもインターネットから申し込むことが可能です。

以下でそれぞれの詳しい内容を紹介します。

大学生まで使える国の教育ローン

日本政策金融公庫の教育ローンは、中学生以上のお子様をお持ちの保護者の方を対象としており、大学・短大、専門学校や高校の学費などに利用することができます。

また、限度額や金利は申し込む方の環境によって以下のように変動します。

限度額お子さまお1人につき350万円以内
(外国の教育施設に3ヵ月以上在籍する資金として利用する場合は450万円以内)
利率年1.71%
(母子家庭、父子家庭、世帯年収200万円以内の方または子ども3人以上(注)の世帯かつ世帯年収500万円以内の方は年1.31%)

国の教育ローンということもあり、低所得世帯や母子家庭、父子家庭の場合は金利が安くなるなどの返済の負担が減るような配慮が見受けられますね。

審査に関しても、低所得世帯などへの優遇措置があることから、そこまで厳しい訳ではないと思っていいでしょう。

逆に世帯年収が高いと利用することができず、世帯年収が以下の金額を超える場合は利用することができません

お子さまの人世帯年収の上限額
1人790万円
2人890万円
3人990万円
4人1,090万円
5人1,190万円

ちなみに、申し込みの方法としては、先ほど紹介したようにインターネットから申し込むこともできますし、最寄りの日本政策金融公庫の窓口で申し込むことも可能です。

ただ、申し込みから実際に借入できるまでに、早くても3週間程度かかるので、これより早いタイミングで借入したい方は、民間の銀行などが提供している教育ローンを利用した方がスムーズに取引できることもあります。

この辺の銀行との違いなどは以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はご覧ください。
【必読】教育ローンについて使い方から注意点まで徹底解説

学生が国からお金を借りる方法

基本的には、保護者の方を対象とした教育ローンですが、条件を満たしている方であれば学生本人でも申し込むことが可能です。

日本政策金融公庫の公式ホームページでは以下のように記されています。

『例えば、成人されており、勤務収入などの安定したご収入があって、独立して生計を営んでいらっしゃる方であれば、学生ご本人でお申込みいただけます。
ただし、今回の入学・在学により、学業に専念されるような場合は、ご返済の見通しが困難となることから、ご両親のうち主に生計を維持されている方やご親族の方にお申込人となっていただくようお願いいたします。』

引用元:「日本政策金融公庫」

つまり、「成人してちゃんと安定した収入があれば学生でも利用できるよ」ということですね。

ただ、学生の方だと学業の関係で安定した収入を得るのがなかなか難しい…というケースも多いと思います。

そのような方は、国の教育ローンではなく、比較的利用しやすい消費者金融や他の学生ローンを利用するのがおすすめです。

他の学生ローンや、学生がお金を借りる方法に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、「学生だけど自分で申し込みたい」という方は見てみてください。

【即日・未成年OK】学生が安心してお金を借りるおすすめの方法

個人授業主でも借りれるビジネスローン

日本政策金融公庫のビジネスローンは、事業者や個人事業主の方を対象としており、事業に必要な運転資金や設備資金、開業資金などの事業資金に利用することができます。

最大で4,800万円まで融資してもらうことが可能で、申し込んでから実際に融資してもらえるまでには3週間?1ヶ月ほどかかるとされています。

利用するに当たって、特に事細かな条件は設けられておらず、ほとんどの業種の方が利用することができますが、金融業、投機的事業、一部の遊興娯楽業等の業種の方は利用することができません。

ちなみに、多くの事業者は日本政策金融公庫のビジネスローンだけでなく、地方自治体の助成金制度などを合わせて利用することで、運転資金や開発にかかる資金を調達していることが多いそうです。

また、「緊急で運転資金を用意する必要がある」という方は、日本政策金融公庫からではなく、民間のビジネスローンを利用している方もいるようですね。

「ビジネスローンについてもっと詳しく知りたい」という方は、以下の記事でも詳しく解説しているので、興味がある方はぜひご覧ください。
ビジネスローンとは?知っておくべき基本の特徴と使い方

勤労者資金融資制度

勤労者資金融資制度は、中小企業の従業員などを対象にした個人向けの融資制度です。

ただ、自治体によって貸付の対象となる方や貸付限度額などが大きく異なりますし、勤労者資金融資制度を実施していない自治体も存在します。

なので「詳しい内容を知りたい」という場合は、お住いの地域の自治体に一度問い合わせてみましょう。

ただ、自治体によっては勤労者資金融資制度という名前ではなく、「勤労者生活資金融資制度」や「勤労者支援融資制度」などと呼ばれていることもあるので、問い合わせする際には注意しましょう。

年金受給者が借りれる年金担保融資

年金受給者が借りれる年金担保融資

独立行政法人福祉医療機構の「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」という制度を利用することで、現在年金を受給している方であれば、その年金を担保にしてお金を借りることができます。

限度額や金利に関してですが、2019年9月現在では以下のように定められています。

限度額最大200万円まで。ただし、生活必需物品購入の場合は80万円まで。
利率年2.8%

また、返済は支給される年金からの天引きになるので、何か自分で行動して返済するというような必要はありません。

なので、イメージとしては、年金の前借りのようなイメージですね。

ちなみに、独立行政法人福祉医療機構の「年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業」という制度は令和4年3月末に終了することが公式ホームページにて発表されました。

年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度は、平成22年12月の閣議決定において廃止することが決定され、平成23年12月及び平成26年12月の2回にわたる制度の見直しを行い、事業規模の縮減を図ってきましたが、厚生労働省から「令和4年3月末の予定で申込受付を終了する」旨の方針が示されました。

引用元:福祉医療機構

一応、令和4年3月末までは通常通り申し込むことができるので、「年金を担保に借入したい」という方はそれまでに申し込んでおくといいかもしれませんね。

また、これ以外に年金を担保にお金を借りる方法として、日本政策金融公庫の「恩給・共済年金担保融資」という制度も存在していましたが、2019年9月現在では新規の申し込みを停止しています。

たまに古い情報をそのまま掲載しているメディアもあるので、うっかり勘違いしないように注意しましょう。

女性は一度確認!女性福祉資金

女性は一度確認!女性福祉資金

女性福祉資金は、配偶者のいない女性を対象に貸付を行ってくれる制度です。

自治体によって、内容が若干変わることもあるので、ここでは東京都の女性福祉資金を例に紹介します。

東京都の場合は、「都内の市町村に6か月以上お住まいで、配偶者のいない女性」を対象としており、次のいずれかに該当する方が利用することができます。

  • 親、子、兄弟姉妹などを扶養している方
  • 年間所得が203万6千円以下で、かつて母子家庭の母として20歳未満の子を扶養したことがある方、または婚姻歴のある40歳以上の方

貸付内容としては、事業を開始するための資金や生活資金、医療介護資金など様々な用途に合わせた貸付内容が定められており、保証人の有無によって無利子で融資してもらうことも可能です。

また、その他にも不妊治療助成金や、出産一時金など、女性特有のもらえるお金や還ってくるお金もあるので、気になる方は近くの自治体に問い合わせしてみるのがおすすめです。

ひとり親家庭には母子父子福祉制度

ひとり親家庭には母子父子福祉制度

母子父子福祉制度は、母子家庭や父子家庭の世帯を対象に、経済的自立の支援や、扶養している児童の福祉を増進することを目的とした制度です。

利用の条件や対象は自治体によって異なりますが、20歳未満の児童を扶養している母子家庭や父子家庭の世帯を対象としている自治体がほとんどのようです。

また、幅広い用途に利用できるのが特徴で、生活資金はもちろん、就職支度資金や事業開始資金などにも利用することができます。
ただし、細かい貸付内容などに関しては自治体によって大きく異なるので、気になる方はお近くの自治体に問い合わせしてみることをおすすめします。

公務員なら借りれる共済組合貸付制度

公務員なら借りれる共済組合貸付制度

共済組合貸付制度は、公務員の方を対象にした貸付制度です。

貸付の内容は全部で12種類に分けられており、「普通貸付」「住宅貸付」「一般災害貸付」「住宅災害新規貸付」「住宅災害再貸付」「医療貸付」「入学貸付」「修学貸付」「結婚貸付」「葬祭貸付」「高額医療貸付」「出産貸付」という内容に分かれています。

「たくさんありすぎて分かりづらい…」と感じる方もいるかと思いますが、一般的に利用されるのはほとんどの場合「普通貸付」です。

「普通貸付」は利用条件が「臨時に資金を必要とするとき」とだけ定められており、細かい条件などは決められていないので、一番利用されやすいんですね。

ちなみに、限度額や金利に関しては以下のように決められています。

普通貸付
限度額給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円)
利率年1.26%

公務員を対象とした貸付ということもあり、とても低金利なのが魅力ですね。

また、返済は毎月の給料やボーナスからの天引きとなっているので、わざわざ返済金額を振り込んだりする必要はありません。

国から借りれる住宅支援機構の住宅ローン

国から借りれる住宅支援機構の住宅ローン

様々な銀行が独自の住宅ローン商品を提供していますが、住宅金融支援機構でも全期間固定金利の住宅ローン「フラット35」という住宅ローン商品を提供しています。

「そもそも住宅金融支援機構ってなに?」という方も多いと思いますので、簡単に説明すると、住宅金融支援機構とは住生活向上への貢献をめざす独立行政法人機関のことです。

この住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して、「フラット35」という住宅ローンを提供しています。

要は国が、「みんなの生活向上のために『フラット35』という名前の住宅ローン商品を作ったよ!色んな人に利用してもらうために、民間の銀行に取り扱ってもらおう!」ということですね。

利用できる対象としては、申込時の年齢が満70歳未満の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方を対象としており、幅広い層の方が利用することができます。

また、「フラット35」は「親子リレー返済」という制度を導入しており、年齢が70歳以下の本人の子・孫などを後継者として指名することで、本人の申込時の年齢が70歳以上でも融資してもらうことが可能です。

ちなみに、限度額や金利に関しては以下のようになります。

限度額100万円以上8,000万円以下
利率年1.110%~年2.310%

ただ、利用する際は「フラット35」を取り扱っている金融機関を利用する必要があります。

主要な金融機関はほとんど取り扱っていますが、自分の普段使っている銀行が該当しているかどうかは、こちらから確認することができるので、興味がある方は調べてみてください。

借り入れまでの期間や、審査が不安ならカードローンがおすすめ

どうしても公的機関からお金を借りるとなると、「融資してもらうまでの期間が長い」「申し込みの手間が大変」「審査が厳しい」などのデメリットが存在します。

特に、「早めにお金が必要」「国の審査が厳しそうで不安…」という方はデメリットの影響を多く受けてしまうので、公的機関の貸付制度ではなくカードローンの利用がおすすめです。

ただ、カードローンも種類がありすぎて、初めて利用する方だと違いがよく分からずに困ってしまいますよね。

ここからは、「どのカードローンを選べばいいのか分からない」「自分にとってお得なカードローンを知りたい」というあなたに、おすすすめの消費者金融・銀行のカードローンを紹介したいと思います。

即日融資が利用できるのは消費者金融カードローン

消費者金融のカードローンは、申し込みから審査までの時間が短いことが特徴で、大手の消費者金融であれば即日融資してもらうことも可能です。

中でも大手消費者金融の「プロミス」「アコム」は、業界の中でもかなり審査が早いことで有名でして、即日融資を希望している方や、審査に不安がある人におすすめです。

以下でそれぞれの詳しい特徴を紹介します。

プロミス

プロミスは、消費者金融の中でも金利が一番低いことで有名でして、他社の消費者金融よりもお得に利用することができます。

また、審査は最短30分、もちろん即日融資にも対応しているので、「急いでお金を用意する必要がある」という方には最適な消費者金融です。

ちなみに、初めて申し込む方は最初の30日間、無利息で利用することができるので、「今までプロミスを利用したことがない」という人には特におすすめです。
[pc]

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

[/pc]

[mobile]

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

[/mobile]

アコム

「初めてのアコム♪」というフレーズでおなじみのアコムは、消費者金融の中でもかなり老舗でして、そのフレーズの通り、カードローン初心者の方でも安心して利用することができます。

また、返済日を自分で設定できるのが特徴で、自分の給料日や返済・入金しやすい日を選ぶことが可能です。

もちろん、即日融資にも対応しており、「急いでお金を用意する必要がある」「カードローンの利用が初めてで不安」という方にはおすすめのカードローンです。

[pc]

アコム

アコム

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

[/pc]

[mobile]

アコム

アコム

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

[/mobile]

金利の低いカードローンなら銀行系カードローンがおすすめ

銀行のカードローンは、消費者金融と比べて金利が低いのが特徴です。

国の規制により、即日融資には対応していませんが、「なるべく返済の負担が少ないカードローンを利用したい」という方にはおすすめです。

今回はその中でも特に利用されている「みずほ銀行」「楽天銀行」のカードローンを紹介したいと思います。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンは他の金融機関と比べて低金利なことが特徴で、最大でも年14.0%の低金利で利用することができます。

また、メガバンクならではの安心感や利便性から、多くの人に利用されているカードローンです。

「なるべく低金利で利用したい」「初めてで不安だから有名なところで利用したい」という方には、おすすめのカードローンです。

[pc]

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2?3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2?3営業日不要

[/pc]

[mobile]

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2?3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2?3営業日不要

[/mobile]

楽天銀行カードローン

楽天銀行はネット銀行なので、申し込みや借入などの全ての手続きをインターネットで行うことが可能です。

そのため、来店するなどの手間がかかることがなく、「手続きが面倒そうだな」という人でも気軽に利用することが出来ます。

また、借入する金額に応じて楽天ポイントがもらえるので、「楽天市場でよく買い物をする」という方には特におすすめのカードローンです。
[pc]

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年1.9%~14.5%最短翌日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
最短翌日不要

[/pc]

[mobile]

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年1.9%~14.5%最短翌日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
最短翌日不要

[/mobile]

国からお金を借りる方法まとめ

今回は、国からお金を借りることができる様々な制度について紹介しました。

基本的にはどの支援資金も低金利で利用することができますが、実際に借りるまでに時間がかかることが多く、審査も簡単ではありません。

「もう少し気軽に借りたい」「早めに融資して欲しい」という方は、上記で紹介したようなカードローンの利用を検討することをおすすめします。

会社からお金借りる2つの方法とは?貸付制度で借りれないときの対処法

急な出費や失業などの理由で、「明日からの生活費がなくて困っている…」という時に大抵の方は、カードローンの利用を検討するかと思います。

ただ、本当にお金に困っている状況の方であれば、市役所でお金を借りられる可能性があることをご存知ですか?

市役所では、「生活福祉金貸付制度」という制度が設けられており、この制度を利用すれば、ある程度の金額を融資してもらうことができます。

    • 「具体的にどんな制度なの?」
    • 「生活保護を受けてても借りられるの?」

会社からお金借りる方法ってあるの?具体的にどんな制度があるの?条件は?など色々と気になりますよね。

また、制度があっても、こんな理由じゃ借りれないかも..洗いざらい事情を話さないとダメかな..とお悩みの人も多いと思います。

ここでは、会社からお金を借りれないかと考え中の方へ

      • 会社からお金を借りる2つの方法や利用条件を詳しく解説!
      • 貸付制度や前給制度でNGになる借りれないケースとは?
      • 会社から借りれない・借りたくない人におすすめの方法も合わせて紹介

といった内容でお話していきます。

会社から借りるのに不安がある方には、会社の貸付制度などを利用せずバレずにお金を借りるための方法もご紹介しています。

失敗せず、会社や家族にも迷惑にならない方法になるので、会社員で給料の前借りを考えている人は、ぜひ最後までお付き合いください。

会社からお金を借りるか悩んでいる場合はカードローンがおすすめ

会社からお金を借りる方法その1【従業員貸付制度】とは

会社からお金を借りる方法その1【従業員貸付制度】とは

会社からお金を借りる1つめの方法は「従業員貸付制度」です。どんな制度で金利や返済方法などの詳細を説明していきます。

従業員貸付制度は、

      • 自分が家族が病気、怪我で入院や治療に必要となった場合
      • 身内の不幸による葬儀の費用が必要となった場合
      • 災害などに遭い住居や生活に必要なものを借りたり、購入が必要となった場合

などお金を借りなければどうにもならない事態の場合に利用することが可能ですが、生活費が不足したから「従業員貸付制度」を利用したいという理由では残念ながら利用するのは難しいです。

【従業員貸付制度】とは

会社によっては社内貸付制度、社員貸付制度と別の呼び方となっているところもありますが、内容はどれも同じです。

貸付制度を利用したい社員が申請し、会社から承認されることでお金を借りることができます。

各企業では、

      • 社員がお金に関するトラブルを抱えることがないように
      • お金の悩みで仕事に支障が起こらないように

という意図を持って、企業独自の基準や条件に基づいて「従業員貸付制度」をその会社の福利厚生のひとつとして導入しています。

基準は会社によってバラバラですが、一部の例をあげると、

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

      • 勤続年数1年以上なら30万円まで借りることができる
      • 勤続年数3年以上なら50万円まで借りることができる

[/list]

という基準のところもあれば、

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

      • 限度額50万円または、限度額100万円まで
      • 自己都合退職で支給される退職金の2倍まで
      • 給料の3ヶ月分まで

[/list]

としているところもあるので、事前の確認が必要です。

【従業員貸付制度】を使う理由として適している条件

急にお金が必要になって借りなくてはいけなくなった時に利用できる「従業員貸付制度」は、お金が必要だからという理由だけで簡単に借りることはできません。

特に、

      • 生活費が足りなくなってしまった
      • 家電や消耗品などの購入
      • 旅行費用
      • 娯楽のための費用

などは従業員貸付制度を利用する理由として残念ながら適さないので、利用するのは難しいです。

基本的には、

[list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]

      1. 入院費
      2. 身内の不幸
      3. 出産・教育費
      4. 地震や火災
      5. 空き巣や強盗

[/list]

など、想定外のアクシデントなどによりお金が必要となった場合に利用できるものと思っておくとよいでしょう。

会社によっては、従業員のお金の不安に対応できるようにと、

      • 病気で入院となった場合に「病気療養資金」
      • 子供の進学で必要となった場合に「教育費資金」

など目的に合わせた制度を用意しているところもあるので、該当するものがある場合はそちらの利用をおすすめします。

【従業員貸付制度】の金利と返済方法。借用書は作ろう!

従業員貸付制度の基礎知識としたうえで、実際に勤務している会社の対応を調べておくといざ利用したいという場合に安心なので一般的な例について実際に利用した場合の金利や返済方法、借用書について説明していきます。

金利

まず金利ですが、年2.0%~4.0%程度とかなり低く設定されているのが普通です。

[list class=”li-yubi li-mainbdr main-c-before”]

      • 銀行系カードローンでは、年1.5%~14.0%が標準的
      • 消費者金融系のカードローンでは、年3.0%~18.0%が標準的

[/list]

一番低い金利が適用となれば年1.5%という金利もありますが、一番高い金利は14.0%や18.0%と高く10%~14%近くも違ってしまいます。

企業が社員へ向けてお金を貸す「従業員貸付制度」では、お金を貸して利益を得ることを目的としているのではなく、お金に困っている社員の救済を目的としている制度だからこそかなりの低金利となっているのです。

それなら、金利を設定する必要はないのでは?と思う人もいるかもしれません。

会社が社員へお金を貸すという行為は、金利を発生させなければ法律上、贈与したこととみなされ贈与税が発生してしまうのです。

会社として社員の救済のために行う行為によって会社側に不利益なことが起こらないようにするために必要最低限の金利を設定しているのです。

返済方法

返済方法は企業によって違いがありますが、給与から毎月自動で天引き(引き落し)としているところが多いです。

その他にも、

      • 自分で会社の口座へ振込みして返済
      • 賞与(ボーナス)からの天引き(引き落し)による返済

などがあり、返済方法を選ぶことができる企業も多いので、事前に確認するようにしましょう。

給与から毎月自動で天引き(引き落し)となる場合は、返済によって生活が困窮しない程度の金額が返済額となるので安心です。

返済期限や返済回数も会社によってそれぞれ規定があり、

      • 12回、24回と設定されている返済回数の中から選ぶ方法
      • 1年~5年以内という返済期限の中から選ぶ方法

など返済方法は、無理のない金額や回数の設定となっているのが従業員貸付制度の最大の特徴です。

ただし、返済の遅れは社内の信用問題にも関係してくるので注意が必要です

連帯保証人の有無

従業員貸付制度を利用する場合、条件によっては連帯保証人が必要となる場合があります。

例えば、

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

      • 給与1ヶ月分程度の借入額の場合は、連帯保証人は不要
      • 給与1ヶ月分以上の借入額の場合は、連帯保証人が必要

[/list]

など、借入金額に応じて連帯保証人が必要とする会社が多いようです。

連帯保証人として、家族はもちろん友人や職場の同僚や先輩など自分の身近な人にお願いしなくてはならないことに抵抗がある人は、従業員貸付制度の利用は考えなおした方がいいかもしれません。

連帯保証人をつけるのが難しいという場合は、連帯保証人をつける必要のないプロミスなどの消費者金融系のカードローンを検討してみるといいですね。

消費者金融系カードローンの詳細はこちら

借用書の制作方法

従業員貸付制度を利用する場合、借用書や金銭消費貸借契約書を交わす必要があります。

会社によっては借用書など専用の書式で作られた書類を用意していますが、会社の規定に沿った様式がない場合は、以下のような点に注意して作ってみましょう。

金銭貸借の契約書を作成する場合には、2つの注意点があります。
1つは、契約書の内容が法律の要件を満たしていることです。
せっかく金銭貸借の契約書を作成しても、そこに書いた文言が足りずに法律の要件を満たさない場合は、契約書自体が無効となってしまうこともあります。
もう1つは、確実に回収を図るための条件が定めてあるかということです。
必要最低限の契約文言が書いてあるだけでは、借主が返済遅延を起こしたときの対策が講じてないと、実際に問題が生じたときに何もできません。
支払い期限を過ぎても、何の罰則も定めていなければ借主にはダメージがありません。
そんな契約内容だと、返済は後回しにされてしまうリスクが高くなります。
市販されている借用書の書式を使えば、法律の要件や回収を図るための最低限の条件はクリアできるでしょうが、お金の貸し借りについての個別の事情までは反映できません。
もし、返済が遅れるようなことがあれば、どのような回収手続を図るのかまでを考えて契約書を用意しておくべきです。最終的には裁判でも通用する内容に仕上げておく必要があります。

引用元URL:https://tohyama.gyosei.or.jp/kinsen/shakuyou

【従業員貸付制度】のメリット、デメリット

従業員貸付制度は、会社が従業員に対して行う貸付制度なので、この制度を利用する社員にとってはメリットしかないように感じます。

しかし実際のところは、メリットだけではなくデメリットもあります。従業員貸付制度を利用するにあたってのメリット・デメリットについて説明します。

メリット

まずメリットから見ていくと、

[box class=”box33″ title=”メリット”]

[list class=”list-raw”]

      • どの金融機関の融資と比べても絶対的に低金利
      • 本当に必要な金額だけを借り入れることとなるので借りすぎる心配がない

[/list]

[/box]

というのがメリットと言えます。従業員貸付制度は、あくまでも会社側が社員の金銭トラブルをはじめとするお金に関することが深刻になる前に救済することを目的としています。

そのため、金利が低いなど利用する社員の立場を大切にしている制度という部分では大きなメリットと言えます。

デメリット

デメリットは、従業員貸付制度を利用したくても、利用条件にマッチしていなければ利用することができないという部分です。

例えば、お金が必要となる理由が生活費が不足しているからという理由では基本的には利用することはできません。

この利用条件は、会社によって規定があるので自分の勤めている会社の利用条件を事前に確認することが必要です。

またどの会社にも共通していますが、従業員貸付制度を利用する場合、実際に融資を受けるまでに1ヶ月近くかかるケースも少なくありません。

特に規模の大きな会社の場合、
[box class=”box33″ title=”デメリット”]

[list class=”list-raw”]

      • 直属の上司へ相談
      • 申込書へ記載
      • 担当部署へ提出
      • 審査
      • 承認
      • 融資

[/list]

[/box]

といういくつもの段階が必要となるので時間がかかります。

1ヶ月近くも待てないという場合は、従業員貸付制度を利用するのではなく、即日融資に対応している消費者金融系カードローンの利用を検討してみましょう。

1日でも早く借りたい!という人は、「即日融資なら消費者金融カードローン」へどうぞ

会社からお金を借りる方法その2【前給制度】とは

会社からお金を借りる方法その2【前給制度】とは

会社からお金を借りる方法は「従業員貸付制度」だけではなくもうひとつ、お給料を前払いしてもらう「前給制度」というものもあります。

どのような制度なのかを見ていきましょう。

【前給制度】とは

前給制度は、本来決まっている給料日よりも前に働いた分の給料を支給してもらう制度のことを言います。

いわゆる「前借り」というもので、労働基準法第25条でも定められている法律で認められている制度です。

労働基準法では、「非常時払」として明記しています。

非常時払)
第二十五条 使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

引用元:労働基準法

【前給制度】を使う利用目的として適している条件

前給制度を使用する場合の利用目的は、基本的には緊急性の高いものに対して利用できるものとなっている場合が多いです。

例えば、

      • 急に病気になってしまい治療や入院にかかる費用が必要となった
      • 親族に不幸があり葬儀費用が必要となる
      • 災害に遭い、生活に支障をきたしてしまった

など、どうしようもない出来事が起こりお金が必要となった場合に利用することができますが、会社によっては緊急性の高いもの以外にも利用することも可能です。

例えば、生活費の不足分のために利用することができるなど、規定によって利用目的が違ってきますので事前に確認してみましょう。

【前給制度】の返済方法

前給制度は、先ほど紹介した「従業員貸付制度」とは違い、すでに働いて得ている報酬分から必要な分を給料日前に支給してもらう制度なので借金ではありません。

そのため、返済という形で前給制度で支給してもらったお金を返済することはありません。どんな形になるのかを説明しますね。

返済方法

前給制度は、借金ではありませんので返済という形にはなりません。

前給制度を利用した後に来る本来の給料日に支給される金額から前給してもらった金額が差し引かれ、給料日として支給されることとなります。

例えば、手取りの金額が25万円だったとします。そのうち、5万円分を前給制度を利用して先に手にした場合、次の給料日は5万円分を差し引いた20万円となるのです。

【前給制度】のメリット・デメリット

前給制度を利用する場合のメリットとデメリットはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

メリット

前給制度は、自分が働いた分を給料日前に支給してもらうので、借金ではないと思える部分はメリットと言えます。

また、基本的には緊急性の高い支出に対して行われるものとしつつ、会社によっては生活費の不足分を補うなどでも利用できる場合も多く利用しやすい点も大きなメリットと言えます。

デメリット

借金ではないことと、生活費として利用することも可能という部分を見るとメリットが大きいと感じますが、デメリットな部分もあります。

勤務している会社へ申請を出すため、金銭的な部分で会社や同僚などから心配されたり、変な噂をたてられる可能性があります。

金銭的なことだからこそ、毎日顔を合わせる会社の人たちには知られたくないという人にとってはデメリットと言えます。

前給制度を利用したいけどデメリットな部分が気になるという場合は、即日融資が可能で、利息が無料となる期間のある消費者金融のカードローンの方が、気楽にそして手軽に借りることができるので検討してみることをおすすめします。

【即日融資】無金利期間のある消費者金融カードローンはこちら!

会社からお金を借りるか悩んでいる場合はカードローンがおすすめ

会社からお金を借りるか悩んでいる場合はカードローンがおすすめ

様々な理由でお金が必要となったときに「従業員貸付制度」や「前給制度」を利用して会社からお金を借りるのが一番良い方法なのだろうかと迷い、悩むこともあると思います。

会社からお金を借りるということは、ただお金を借りる部分だけを考えると、

      • 安心感が違う
      • 金利がどの金融機関や消費者金融と比べても低く設定されている

などメリットしかないように感じます。しかし、その一方で勤めている会社を利用するからこそ、

      • 職場の上司や先輩、同僚などから心配されないか
      • 変な噂が立つのではないか
      • 昇進などに影響しないだろうか

など、今後も社員として働く上で金銭的な部分だからこそ信用度などの不安も感じてしまうと思います。

また、お金を借りるための条件が限定されている部分があるため、どうしても借りたいという場合は、嘘の理由や言い訳をしなくてはいけないこともあると思います。

そういう精神的なマイナス要素を考えると、便利で安心感があるものの会社からの借入は最終手段として利用しない方が得策かもしれません。

まずは、カードローンで誰にも知られずに必要なお金を工面して、返済していく方法を検討してみてはどうでしょう。

今すぐ必要!【即日融資】なら消費者金融カードローン

今すぐ必要!【即日融資】なら消費者金融カードローン

今すぐにでもお金が必要という場合は、従業員貸付制度では1ヶ月以上必要となることもあるので、プロミスなどの即日融資が可能な大手消費者金融系のカードローンを検討してみましょう。

プロミスは「最短60分!」と、申し込みした日に融資を受けることも十分可能です。またそれだけじゃなく、初めて利用する人のために30日間金利がかからない期間を設けているので、給料日までの期間だけお金が足りなくてという場合は、この金利のかからない期間を利用すれば「前給制度」を利用するのと同じです。

会社の色々な人に事情を説明しながらお金を借りるよりは、プロミスを利用した方が気楽ですね。
[pc]

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間

[/pc]

[mobile]

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間

[/mobile]

【低金利】なら銀行カードローン

【低金利】なら銀行カードローン

「できるだけ低金利で借りたい!」という場合は、従業員貸付制度を利用すると、どの金融機関にも適わない低金利となります。

しかし、従業員貸付制度を利用する場合は、貸付を受けられる条件や手続きの方法など想像以上に面倒なので、金利の面だけを考えてお金を借りたいという場合は、銀行系カードローンがおすすめです。

特に大手都市銀行の「みずほ銀行カードローン」は、メガバンクということもあり、

[list class=”li-check”]

      • 日本全国どこにいても利用することができる
      • 年2.0%~14.0%と金利が低い
      • 月々の返済金額は10,000円からと無理なく返済できる

[/list]

など使い勝手の良さが際立ちます。消費者金融系も便利だけどやっぱり抵抗があるという場合は、みずほ銀行カードローンを検討してみましょう。
[pc]

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2?3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2?3営業日不要

[/pc]

[mobile]

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2?3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2?3営業日不要

[/mobile]

会社からお金を借りる方法まとめ

お金に困った時に、会社からお金を借りる方法として「従業員貸付制度」と「前給制度」の2つについて説明してきました。

会社から借りることができるという安心感がある一方で、あまり周りの人には知られたくないという不安感もあり、必ずしも会社の制度を利用してお金を借りることがベストな方法とは言い切れません。

まずは、会社の人たちに知られないような方法を試しつつ、どうしても方法がない場合の最終手段として「従業員貸付制度」や「前給制度」を活用するようにしてはどうでしょう。

  • 「無職でも大丈夫?」

今回は、上記のような疑問をお持ちのあなたに、生活福祉金貸付制度の詳しい内容や、利用できる条件などについて解説していきたいと思います。

ただし、注意点として先にお伝えしておきますが、市役所からお金を借りる場合は、即日融資してもらうことができません

なので、経済的な事情で「至急お金を用意する必要がある」という方は、即日融資に対応している消費者金融系のカードローンを利用するようにしましょう。

即日融資が希望なら消費者金融カードローン

市役所でお金を借りられる?「生活福祉金貸付制度」とは

市役所でお金を借りられる?「生活福祉金貸付制度」とは

生活福祉資金貸付制度を簡単に説明すると、経済的支援が必要な世帯(低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯、失業者世帯)の方が、一時的に公的機関からお金を借りることができる制度のことを指します。

基本的には、お住いの地域の市役所や区役所にある「市区町村社会福祉協議会」に相談し、そこで支援資金の貸付が必要と判断されれば、お金を借りることができます。

通常のカードローンと比べても非常に低金利なのが特徴で、1.5%~3.0%の金利でお金を借りることができます。

市役所で借りれる生活福祉金貸付制度の種類

生活福祉資金貸付制度には、大きく分けて以下の4種類の貸付金が存在します。

  1. 総合支援資金
  2. 福祉資金
  3. 教育支援資金
  4. 不動産担保型生活資金

借りられる金額や、利用できる用途がそれぞれ異なりますので、詳しく紹介したいと思います。

総合支援資金

総合支援資金は「生活支援資金」「住宅入居費」「一時生活再建費」という3種類に分けられており、使用する目的によってどの種類の融資を受けることができるか決まります。

資金の種類資金の目的借入限度額
生活支援資金生活再建までの間に必要な生活費用[list class=”list-raw”]

  • 2人以上の世帯:月20万円以内
  • 単身世帯:月15万円以内

[/list]

住宅入居費敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用[list class=”list-raw”]

  • 40万円以内

[/list]

一時生活再建費生活を再建するために一時的に必要、
かつ日常生活費でまかなうことが困難である費用
[list class=”list-raw”]

  • 60万円以内

[/list]

ちなみに、一時生活再建費の「生活を再建するために一時的に必要、かつ日常生活費でまかなうことが困難である費用」とは、就職・転職のための技能や資格の習得、債務整理をするために必要な費用などのことを指します。

また、それぞれの種類ごとに借入できる金額も異なっており、最高でも一時生活再建費の60万円が上限になっています。

共通して年1.5%の金利がかかりますが、連帯保証人がいれば無利子で利用することも可能です。

福祉資金

福祉資金は低所得世帯、障害者や介護を必要とする高齢者のいる世帯を対象とした貸付資金です。

使用用途は様々ありますが、代表的な例としては以下のような費用に使うことができます。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 生業を営むために必要な経費
  • 福祉用具などの購入に必要な経費
  • 介護サービスや障害者サービスなどの利用料と、その期間中の生計維持費
  • 被災により必要になった費用
  • 冠婚葬祭費など

[/list]

最高で580万円までの融資をしてもらうことが可能で、総合支援資金と同じく年1.5%の金利がかかりますが、連帯保証人がいれば無利子で利用できます。

教育支援資金

教育支援資金は、「教育支援費」「就学支度費」の2種類に分けられており、進学予定、もしくは在学中のお子様をお持ちの保護者の方を対象とした支援資金です。

2つの支援資金には、それぞれ以下のような違いがあります

資金の種類資金の目的借入限度額
教育支援費高等学校や高等専門学校、大学への就学費用高校:月3.5万円
高専:月6万円
短大:月6万円
大学:月6.5万円
就学支度費上記学校への入学に必要な経費50万円

これだけ見るとあまり違いが分からないかもしれませんが、簡単に説明すると「教育支援費」は毎月の学費など、「就学支度費」は入学金などの費用が該当します。

また、こちらは上記の貸付資金と違って、連帯保証人がいなくても無利子で利用することが可能です。

ちなみに、公的機関から必要性が認めらた場合、教育支援費の借入限度額は各限度額の1.5倍まで貸付してもらうことができます。

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は、「土地や家はあるけど生活するお金がない」という高齢者の方を対象とした支援資金です。

現在所有している居住用不動産を担保に生活費を借り入れることにより、世帯の自立支援を図ることを目的としています。

借入限度額は、居住用不動産(土地)の評価額の70%(集合住宅の場合は50%)まで借りることが可能でして、1月あたり30万円以内の額を3ヶ月分ごとにまとめて貸付してもらえます。

毎月の金利は3.0%、もしくは長期プライムレート(金融機関が優良企業向けの長期貸出(1年以上の期間の貸出)に適用する最優遇金利)のいずれか低い利率が適用されます。

緊急小口資金

上記で紹介した福祉資金には、実はもう1つ「緊急小口資金」という種類の支援資金が用意されています。

緊急小口資金は、経済的に困窮していて貯蓄もなく、一時的に生活費が必要な方を対象としています。

例えば、「病院に行きたいけど行くお金がない」「盗難にあって一時的にお金がない」などの緊急性が高い場合に利用を認められることが多いようです。

ただし、あくまで緊急時に借りるお金という位置付けなので、最大で10万円までしか借りることができません。

ちなみに、連帯保証人などは用意する必要がなく、無利子で利用することができます。

即日でも借りられる?市役所から最短でお金を借りるには

即日でも借りられる?市役所から最短でお金を借りるには

お金を借りるまでの期間は、「短ければ短いほどいい」という人がほとんどだと思いますが、市役所でお金を借りる場合は実際にどのくらいかかるのでしょうか?

実際に市役所、消費者金融、銀行でお金を借りる場合にかかる期間を比較した結果がこちらです。

借入先最短で借入するまでの目安期間
総合支援資金最短1ヶ月
福祉資金最短1ヶ月
教育支援資金最短1ヶ月
不動産担保生活資金最短1ヶ月
消費者金融カードローン最短即日
銀行カードローン最短2?3日

この結果から分かる通り、市役所からお金を借りる場合は最短でも1ヶ月以上かかってしまいます。

その分、低金利で利用できるのが魅了でもありますが、「さすがにそこまで待てない」という方は即日融資してくれる消費者金融系のカードローンを利用するようにしましょう。

即日融資が希望なら消費者金融カードローン

市役所でお金を借りられるのはどんな人?

市役所でお金を借りられるのはどんな人?

市役所でお金が借りられると言っても、どんな人でも借りられるという訳ではありません。

通常のカードローンと同じように、借りられる条件が決まっているので詳しく紹介したいと思います。

借りられる人の条件

市役所からお金が借りられる対象としては、次のような条件を満たす世帯の方が該当します。

生活福祉資金貸付制度の対象世帯条件
低所得者世帯[list class=”list-raw”]

  • 支援を受けることにより、独立自活できると認められた方
  • 必要な資金を他から借り受けることが困難である方

[/list]

障害者世帯[list class=”list-raw”]

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

[/list]

高齢者世帯[list class=”list-raw”]

  • 65歳以上の高齢者(日常生活上療育または介護を要する高齢者など)がいる世帯の方

[/list]

失業者世帯[list class=”list-raw”]

  • 生計中心者の失業により、生計維持が困難になった方

[/list]

このように利用する条件としては、かなり細かく定められています。

また、公的な融資でもあるので、審査の難易度としても一般的には高いと言われています。

借りられない人

逆に、以下に該当する方は生活福祉資金貸付制度を利用することができません。

  • 生活保護受給者の方
  • 債務整理予定の方

また、上記に該当しない方でも、収入面や、抱えている債務などの観点から返済能力がないと判断されてしまうと審査に落ちてしまうようです。

無職の場合でも借りれる?注意すべきポイント!

無職の場合でも借りれる?注意すべきポイント!

生活福祉資金貸付制度は無職の方でも利用することが可能です。

ただし、誰でも借りられるという訳ではなく、積極的にハローワークなどで仕事を探している方に限ります。

逆に、就職活動をしていない無職の方は利用することができませんので、現在無職でお金を借りる必要があるという方は、まずハローワークなどで就職活動をしてから申請するようにしましょう。

また、失業中の方が申請した場合は、基本的に生活保護や失業保険の利用が優先されます。

なにかしらの事情で、「どうしても生活福祉資金貸付制度を利用したい」という方は、一度お近くの市区町村社会福祉協議会に相談してみるのがおすすめです。

ちなみに、無職でお金を借りる方法は、生活福祉資金貸付制度を利用する以外にも色々な方法があります。

詳しい内容は以下の記事で解説していますので、「就職活動するためのお金がない…」「無職でお金を借りる方法を知りたい」という方はぜひ見てみてください。

無職の方がお金を借りる方法をまとめた記事は下記を参考にしてください。
無職でもお金を借りる方法!失業中・年金受給者・主婦のための必読情報!

即日融資が希望なら消費者金融カードローン

市役所からお金を借りるには、申請してから最短でも1ヶ月はかかります。

1ヶ月待てるという方であれば問題ありませんが、「今すぐお金を用意する必要がある」「給料日まで生きていくお金がない…」という緊急性がある状況の場合は、大手消費者金融の利用がおすすめです。

大手消費者金融であれば、借りるまでの手間もかなり少ないですし、何より即日融資に対応してくれる業者がほとんどです。

ただし、このようなタイミングで「無職でも即日に借りれる」「審査はありません」というような甘い言葉で誘惑してくる闇金業者も多く存在するので、絶対に利用しないようにしましょう。

それでは、ここからは即日融資に対応しているおすすめの消費者金融をいくつか紹介したいと思います。

プロミス

まずご紹介したいのが大手消費者金融のプロミスです。

テレビのCMや、電車内の広告などを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

プロミスは審査のスピードが早いことが有名で、申し込みから最短30分以内に審査が完了します。

また、プロミスは金利の面でも優れており、他の消費者金融の上限金利が18.0%がほとんどの中、17.8%の低金利で利用することが可能です。

ちなみに、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能なので、特にお急ぎの方にはおすすめの消費者金融です。

[pc]

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

[/pc]

[mobile]

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

[/mobile]

アコム

続いてご紹介したいのが、大手消費者のアコムです。

こちらもテレビCMや電車の中でよく広告を見かけますよね。

特に、「初めてのアコム♪」というキャッチフレーズを聞いたことがある人も多いかと思います。

アコムは、消費者金融の中でもかなり老舗で、カードローンの利用が初めての方でも安心して利用できる消費者金融です。

また、返済日を自分で設定できるのが特徴で、自分の給料日や返済・入金しやすい日を選ぶことが可能です。

もちろん、即日融資にも対応しており、審査も最短30分で終わるので、「急いでお金を用意する必要がある」という方はもちろん、「消費者金融の利用は初めてで不安…」という方にもおすすめできる消費者金融です。

[pc]

アコム

アコム

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

[/pc]

[mobile]

アコム

アコム

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

[/mobile]

市役所でお金を借りる方法のまとめ

今回は生活福祉金貸付制度の詳しい内容や、利用できる条件について紹介しました。

[box class=”box28″ title=”まとめ”][list class=”list-raw”]

  • 通常のカードローンと比べると低金利
  • 審査は簡単ではない
  • 条件を満たせば無職でも利用可能
  • 申請から利用できるまでは最短でも1ヶ月かかる

[/list][/box]

生活福祉資金貸付制度は、通常のカードローンより低金利です。

ただ、低金利だからという理由で、他のカードローンを利用できる状態なのに申し込んでも、申請を却下される確率が非常に高いです。

通常のカードローンに申し込める状態なのであれば、生活福祉金貸付制度はあくまで最後の手段として残しておいて、上記で紹介したような消費者金融などを利用するようにしましょう。

市役所でお金を借りるには?無職でも即日融資を受けられる?

急な出費や失業などの理由で、「明日からの生活費がなくて困っている…」という時に大抵の方は、カードローンの利用を検討するかと思います。

ただ、本当にお金に困っている状況の方であれば、市役所でお金を借りられる可能性があることをご存知ですか?

市役所では、「生活福祉金貸付制度」という制度が設けられており、この制度を利用すれば、ある程度の金額を融資してもらうことができます。

  • 「具体的にどんな制度なの?」
  • 「生活保護を受けてても借りられるの?」
  • 「無職でも大丈夫?」

今回は、上記のような疑問をお持ちのあなたに、生活福祉金貸付制度の詳しい内容や、利用できる条件などについて解説していきたいと思います。

ただし、注意点として先にお伝えしておきますが、市役所からお金を借りる場合は、即日融資してもらうことができません

なので、経済的な事情で「至急お金を用意する必要がある」という方は、即日融資に対応している消費者金融系のカードローンを利用するようにしましょう。

即日融資が希望なら消費者金融カードローン

市役所でお金を借りられる?「生活福祉金貸付制度」とは

市役所でお金を借りられる?「生活福祉金貸付制度」とは

生活福祉資金貸付制度を簡単に説明すると、経済的支援が必要な世帯(低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯、失業者世帯)の方が、一時的に公的機関からお金を借りることができる制度のことを指します。

基本的には、お住いの地域の市役所や区役所にある「市区町村社会福祉協議会」に相談し、そこで支援資金の貸付が必要と判断されれば、お金を借りることができます。

通常のカードローンと比べても非常に低金利なのが特徴で、1.5%~3.0%の金利でお金を借りることができます。

市役所で借りれる生活福祉金貸付制度の種類

生活福祉資金貸付制度には、大きく分けて以下の4種類の貸付金が存在します。

  1. 総合支援資金
  2. 福祉資金
  3. 教育支援資金
  4. 不動産担保型生活資金

借りられる金額や、利用できる用途がそれぞれ異なりますので、詳しく紹介したいと思います。

総合支援資金

総合支援資金は「生活支援資金」「住宅入居費」「一時生活再建費」という3種類に分けられており、使用する目的によってどの種類の融資を受けることができるか決まります。

資金の種類資金の目的借入限度額
生活支援資金生活再建までの間に必要な生活費用[list class=”list-raw”]

  • 2人以上の世帯:月20万円以内
  • 単身世帯:月15万円以内

[/list]

住宅入居費敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用[list class=”list-raw”]

  • 40万円以内

[/list]

一時生活再建費生活を再建するために一時的に必要、
かつ日常生活費でまかなうことが困難である費用
[list class=”list-raw”]

  • 60万円以内

[/list]

ちなみに、一時生活再建費の「生活を再建するために一時的に必要、かつ日常生活費でまかなうことが困難である費用」とは、就職・転職のための技能や資格の習得、債務整理をするために必要な費用などのことを指します。

また、それぞれの種類ごとに借入できる金額も異なっており、最高でも一時生活再建費の60万円が上限になっています。

共通して年1.5%の金利がかかりますが、連帯保証人がいれば無利子で利用することも可能です。

福祉資金

福祉資金は低所得世帯、障害者や介護を必要とする高齢者のいる世帯を対象とした貸付資金です。

使用用途は様々ありますが、代表的な例としては以下のような費用に使うことができます。

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 生業を営むために必要な経費
  • 福祉用具などの購入に必要な経費
  • 介護サービスや障害者サービスなどの利用料と、その期間中の生計維持費
  • 被災により必要になった費用
  • 冠婚葬祭費など

[/list]

最高で580万円までの融資をしてもらうことが可能で、総合支援資金と同じく年1.5%の金利がかかりますが、連帯保証人がいれば無利子で利用できます。

教育支援資金

教育支援資金は、「教育支援費」「就学支度費」の2種類に分けられており、進学予定、もしくは在学中のお子様をお持ちの保護者の方を対象とした支援資金です。

2つの支援資金には、それぞれ以下のような違いがあります

資金の種類資金の目的借入限度額
教育支援費高等学校や高等専門学校、大学への就学費用高校:月3.5万円
高専:月6万円
短大:月6万円
大学:月6.5万円
就学支度費上記学校への入学に必要な経費50万円

これだけ見るとあまり違いが分からないかもしれませんが、簡単に説明すると「教育支援費」は毎月の学費など、「就学支度費」は入学金などの費用が該当します。

また、こちらは上記の貸付資金と違って、連帯保証人がいなくても無利子で利用することが可能です。

ちなみに、公的機関から必要性が認めらた場合、教育支援費の借入限度額は各限度額の1.5倍まで貸付してもらうことができます。

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は、「土地や家はあるけど生活するお金がない」という高齢者の方を対象とした支援資金です。

現在所有している居住用不動産を担保に生活費を借り入れることにより、世帯の自立支援を図ることを目的としています。

借入限度額は、居住用不動産(土地)の評価額の70%(集合住宅の場合は50%)まで借りることが可能でして、1月あたり30万円以内の額を3ヶ月分ごとにまとめて貸付してもらえます。

毎月の金利は3.0%、もしくは長期プライムレート(金融機関が優良企業向けの長期貸出(1年以上の期間の貸出)に適用する最優遇金利)のいずれか低い利率が適用されます。

緊急小口資金

上記で紹介した福祉資金には、実はもう1つ「緊急小口資金」という種類の支援資金が用意されています。

緊急小口資金は、経済的に困窮していて貯蓄もなく、一時的に生活費が必要な方を対象としています。

例えば、「病院に行きたいけど行くお金がない」「盗難にあって一時的にお金がない」などの緊急性が高い場合に利用を認められることが多いようです。

ただし、あくまで緊急時に借りるお金という位置付けなので、最大で10万円までしか借りることができません。

ちなみに、連帯保証人などは用意する必要がなく、無利子で利用することができます。

即日でも借りられる?市役所から最短でお金を借りるには

即日でも借りられる?市役所から最短でお金を借りるには

お金を借りるまでの期間は、「短ければ短いほどいい」という人がほとんどだと思いますが、市役所でお金を借りる場合は実際にどのくらいかかるのでしょうか?

実際に市役所、消費者金融、銀行でお金を借りる場合にかかる期間を比較した結果がこちらです。

借入先最短で借入するまでの目安期間
総合支援資金最短1ヶ月
福祉資金最短1ヶ月
教育支援資金最短1ヶ月
不動産担保生活資金最短1ヶ月
消費者金融カードローン最短即日
銀行カードローン最短2?3日

この結果から分かる通り、市役所からお金を借りる場合は最短でも1ヶ月以上かかってしまいます。

その分、低金利で利用できるのが魅了でもありますが、「さすがにそこまで待てない」という方は即日融資してくれる消費者金融系のカードローンを利用するようにしましょう。

即日融資が希望なら消費者金融カードローン

市役所でお金を借りられるのはどんな人?

市役所でお金を借りられるのはどんな人?

市役所でお金が借りられると言っても、どんな人でも借りられるという訳ではありません。

通常のカードローンと同じように、借りられる条件が決まっているので詳しく紹介したいと思います。

借りられる人の条件

市役所からお金が借りられる対象としては、次のような条件を満たす世帯の方が該当します。

生活福祉資金貸付制度の対象世帯条件
低所得者世帯[list class=”list-raw”]

  • 支援を受けることにより、独立自活できると認められた方
  • 必要な資金を他から借り受けることが困難である方

[/list]

障害者世帯[list class=”list-raw”]

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

[/list]

高齢者世帯[list class=”list-raw”]

  • 65歳以上の高齢者(日常生活上療育または介護を要する高齢者など)がいる世帯の方

[/list]

失業者世帯[list class=”list-raw”]

  • 生計中心者の失業により、生計維持が困難になった方

[/list]

このように利用する条件としては、かなり細かく定められています。

また、公的な融資でもあるので、審査の難易度としても一般的には高いと言われています。

借りられない人

逆に、以下に該当する方は生活福祉資金貸付制度を利用することができません。

  • 生活保護受給者の方
  • 債務整理予定の方

また、上記に該当しない方でも、収入面や、抱えている債務などの観点から返済能力がないと判断されてしまうと審査に落ちてしまうようです。

無職の場合でも借りれる?注意すべきポイント!

無職の場合でも借りれる?注意すべきポイント!

生活福祉資金貸付制度は無職の方でも利用することが可能です。

ただし、誰でも借りられるという訳ではなく、積極的にハローワークなどで仕事を探している方に限ります。

逆に、就職活動をしていない無職の方は利用することができませんので、現在無職でお金を借りる必要があるという方は、まずハローワークなどで就職活動をしてから申請するようにしましょう。

また、失業中の方が申請した場合は、基本的に生活保護や失業保険の利用が優先されます。

なにかしらの事情で、「どうしても生活福祉資金貸付制度を利用したい」という方は、一度お近くの市区町村社会福祉協議会に相談してみるのがおすすめです。

ちなみに、無職でお金を借りる方法は、生活福祉資金貸付制度を利用する以外にも色々な方法があります。

詳しい内容は以下の記事で解説していますので、「就職活動するためのお金がない…」「無職でお金を借りる方法を知りたい」という方はぜひ見てみてください。

無職の方がお金を借りる方法をまとめた記事は下記を参考にしてください。
無職でもお金を借りる方法!失業中・年金受給者・主婦のための必読情報!

即日融資が希望なら消費者金融カードローン

市役所からお金を借りるには、申請してから最短でも1ヶ月はかかります。

1ヶ月待てるという方であれば問題ありませんが、「今すぐお金を用意する必要がある」「給料日まで生きていくお金がない…」という緊急性がある状況の場合は、大手消費者金融の利用がおすすめです。

大手消費者金融であれば、借りるまでの手間もかなり少ないですし、何より即日融資に対応してくれる業者がほとんどです。

ただし、このようなタイミングで「無職でも即日に借りれる」「審査はありません」というような甘い言葉で誘惑してくる闇金業者も多く存在するので、絶対に利用しないようにしましょう。

それでは、ここからは即日融資に対応しているおすすめの消費者金融をいくつか紹介したいと思います。

プロミス

まずご紹介したいのが大手消費者金融のプロミスです。

テレビのCMや、電車内の広告などを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

プロミスは審査のスピードが早いことが有名で、申し込みから最短30分以内に審査が完了します。

また、プロミスは金利の面でも優れており、他の消費者金融の上限金利が18.0%がほとんどの中、17.8%の低金利で利用することが可能です。

ちなみに、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能なので、特にお急ぎの方にはおすすめの消費者金融です。

[pc]

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

[/pc]

[mobile]

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短1時間
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

[/mobile]

アコム

続いてご紹介したいのが、大手消費者のアコムです。

こちらもテレビCMや電車の中でよく広告を見かけますよね。

特に、「初めてのアコム♪」というキャッチフレーズを聞いたことがある人も多いかと思います。

アコムは、消費者金融の中でもかなり老舗で、カードローンの利用が初めての方でも安心して利用できる消費者金融です。

また、返済日を自分で設定できるのが特徴で、自分の給料日や返済・入金しやすい日を選ぶことが可能です。

もちろん、即日融資にも対応しており、審査も最短30分で終わるので、「急いでお金を用意する必要がある」という方はもちろん、「消費者金融の利用は初めてで不安…」という方にもおすすめできる消費者金融です。

[pc]

アコム

アコム

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

[/pc]

[mobile]

アコム

アコム

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大800万円最短60分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間無利息

[/mobile]

市役所でお金を借りる方法のまとめ

今回は生活福祉金貸付制度の詳しい内容や、利用できる条件について紹介しました。

[box class=”box28″ title=”まとめ”][list class=”list-raw”]

  • 通常のカードローンと比べると低金利
  • 審査は簡単ではない
  • 条件を満たせば無職でも利用可能
  • 申請から利用できるまでは最短でも1ヶ月かかる

[/list][/box]

生活福祉資金貸付制度は、通常のカードローンより低金利です。

ただ、低金利だからという理由で、他のカードローンを利用できる状態なのに申し込んでも、申請を却下される確率が非常に高いです。

通常のカードローンに申し込める状態なのであれば、生活福祉金貸付制度はあくまで最後の手段として残しておいて、上記で紹介したような消費者金融などを利用するようにしましょう。

奨学金の審査に落ちたくない!審査基準を分析!厳しい審査を通る秘策とは?

奨学金の審査に落ちたくない!審査基準を分析!厳しい審査を通る秘策とは?

奨学金には審査があって、在学の状況や家計や年収の要件を満たすことなどの一定の審査基準を満たすことが必要になります。

誰でも借りられるお金ではなく、審査をうけて落ちてしまう人もいます。

この記事では、奨学金の審査を受ける人にむけて

  • 奨学金審査における学力基準と家計基準の解説
  • 審査に通らない・落ちた場合の対処方法
  • 審査結果連絡や審査基準のまとめ

といった情報を、分かりやすく紹介しています。

日本学生支援機構の奨学金の審査をメインにお伝えしていますが、そのほかの奨学金やお金を用意する方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

JASSO奨学金の申し込み基準 ~どんな人に向いている?~

JASSO奨学金の申し込み基準

JASSO奨学金は、 定められた基準を満たした人が受けられます。

申し込み基準には学力家計人物があり、どの奨学金に申し込むかによって基準が変わるんです。

奨学金を返さなくていい給付型奨学金や、利息がつかない第一種奨学金にこだわらず、自分に合った申し込み基準を選ぶことが大切です!

そして、もっとも確実な予約採用で申し込むようにしてください。

JASSO奨学金は、貸与可能な予算が毎年決まっています。
入学後の申し込みで、採用枠が残っていない・・・なんてことも。早めに採用枠を予約して、確実に奨学金を受けられるようにしておくと安心です!

自分に合った申し込み基準を選ぼう!

ここでは、JASSO奨学金の申し込み基準について解説していきます。

自分がどの申し込み基準を満たしているのか確認してみてください。

▼予約採用の場合

もらう【給付型】
経済的理由により進学が困難な学生に対し、平成29年度から創設されました。
給付型奨学金
家庭の収入がかなり厳しい人におすすめ!!/
学力基準
高い学習成績を収めているなど
家計基準
住民税非課税世帯または生活保護受給世帯の人
人物基準
学習活動そのほか生活全般を通じて態度・行動が奨学生にふさわしく、将来良識ある社会人として活動し、将来的に社会に貢献する人物となる見込みがあること
借りる【貸与型】
・利息がつかない「第一種奨学金」
高校の成績に自信がある人におすすめ!!/
学力基準
高校2年生までの全履修科目の評定平均値(5段階評価)
評定平均値が3.5未満でも以下のいずれかを満たし、学修意欲があれば申し込み可能
家計基準

給与所得が4人世帯の場合(年収の目安)
・住民税非課税世帯
・生活保護受給世帯の学生
・社会的養護を必要とする学生(児童養護施設の入所者など)
・利息がつく「第二種奨学金」
確実に奨学金を借りたい人におすすめ!!/
学力基準
学修意欲があることなど
家計基準
給与所得が4人世帯の場合(年収の目安)

「給付型奨学金だけで足りるかな?」と不安な人は、給付型に貸与型を併用することができます。

また、貸与型の第一種奨学金と第二種奨学金の併用も可能です。つまり、基準を満たせばすべて併用できるんです!

給付型奨学金・第一種奨学金・第二種奨学金の違いについてはこちらで詳しく解説しています。

第一種奨学金と第二種奨学金の併願がおすすめ!

JASSO奨学金の第一種奨学金に落ちてしまっても、第二種奨学金で審査通過できる可能性があるので、第一種奨学金と第二種奨学金を併願で申し込むことをおすすめします!

併願での申し込みパターンはいくつかあり、そのなかでも【第二種奨学金】を押さえておくことがポイントです。

  1. 【第一種奨学金】が不採用の場合は【第二種奨学金】を希望
  2. 【第一種奨学金・第二種奨学金併用】が不採用の場合は【第二種奨学金】のみ希望
  3. 【第一種奨学金・第二種奨学金併用】および【第一種奨学金】が採用の場合は【第二種奨学金】を希望

予約採用の申し込みパターンについてはこちらでさらに詳しく紹介しています。

JASSO奨学金の審査基準 ~重要なのは学力基準と家計基準~

JASSO奨学金の選考基準

JASSO奨学金の審査基準は、申し込み基準とほぼ同じです。

そして、とくに重要なのは学力基準家計基準

給付型奨学金は各高校ごとに推薦の上、選考が行われます。

ここでは、第一種奨学金と第二種奨学金の基準をさらにくわしく見ていきます。

学力基準

高校での成績が審査結果を左右します。

▼予約採用の場合

第一種奨学金

高校2年生までの成績が評定平均値3.5以上(5段階評価)
または
評定平均値が3.5未満でも以下のいずれかを満たし、学修意欲があれば申し込み可能
・住民税非課税世帯
・生活保護受給世帯の学生
・社会的養護を必要とする学生(児童養護施設の入所者など)

第二種奨学金

以下のいずれか
・高校の申し込み時までの成績が平均水準以上
・特定分野でとくに優れた資質能力がある
・大学などで学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある

第一種・第二種併用

第一種と同じ

第一種奨学金は、厳密に評定の数値を3.5以上と定めています。

第二種奨学金では、成績を「平均水準」としていますが、特定の資質や意欲が評価されるので、第一種奨学金よりは第二種奨学金のほうが緩やかな選考といえます。

新ルール!住民税非課税世帯の人は条件緩和される

平成29年度に第一種奨学金の学力基準が撤廃される新ルールができました!
これまでは学力基準と家計基準を満たしているのに、予算の制約から第一種奨学金を受けられない人がいました。
今回の条件緩和により、住民税非課税世帯の人は学力基準が免除され、希望すれば第一種奨学金が受けられるようになりました。

家計基準

給与所得者は年収でチェックされ、それ以外の自営業者などは所得で審査されます。上限額の目安が規定されており、上限額は世帯人数によって異なります。

▼予約採用の場合

第一種奨学金

世帯人数給与所得世帯給与所得以外の世帯
3人657万円286万円
4人747万円349万円
5人922万円514万円

第二種奨学金

世帯人数給与所得世帯給与所得以外の世帯
3人1,009万円601万円
4人1,100万円692万円
5人1,300万円892万円

第一種・第二種併用

世帯人数給与所得世帯給与所得以外の世帯
3人599万円245万円
4人686万円306万円
5人884万円476万円

第二種奨学金に比べて、第一種奨学金の家計収入は低くく、第一種奨学金よりもさらに第一種・第二種併用の家計年収は低く設定されているのがわかります。

返済能力のある連帯保証人・保証人を設定しよう!

JASSO奨学金の貸与型では、保証制度を選択する必要があります。

保証制度には人的保証機関保証の2つあり、過半数が人的保証を選択しています。

人的保証では、十分な返済能力のある連帯保証人や保証人を選ぶことで、さらに審査は通りやすくなります。

逆に、自己破産して債務整理中である場合など、信用情報に不安のある親や親族にお願いすると、信用情報を照会されて不利な状況になる可能性があります。

では、人的保証と機関保証についてそれぞれ説明していきます。

人的保証制度

人的保証を選択した場合は、連帯保証人保証人の両方を立てる必要があります。

▼連帯保証人とは
原則として父母

▼保証人とは
65歳未満で4親等以内の親族。連帯保証人とは別生計の人

〇メリット
保証料が不要

×デメリット
自己破産したら、連帯保証人→保証人の順に返済を求められる

機関保証制度

機関保証を選択した場合は、連帯保証人・保証人を立てる必要はありません。
保証機関である公益財団法人 日本国際教育支援協会に一定の保証料を支払って、連帯保証してもらいます。

▼保証料の月額目安
(借りる月額と年数によってかわります)

  • 第一種奨学金:500円~2,666円
  • 第二種奨学金:592円~8,390円

〇メリット
連帯保証人、保証人が不要
よって、保証人の信用情報を気にする必要がない

×デメリット
毎月の奨学金から保証料が差し引かれるため、奨学金の受け取り金額が少なくなる

人的保証・機関保証は変更できるの?

入学後の最終手続きである進学届で、「人的保証⇄機関保証」それぞれ変更が可能です。

奨学金の貸与が開始してからは、人的保証から機関保証へは変更できません。

機関保証から人的保証は変更できますが、貸与開始までさかのぼって保証料を一括で支払う必要があります。

やむを得ない事情で、人的保証の連帯保証人や保証人を途中で変更したい場合は、届け出を提出することで変更可能です。

JASSO奨学金の審査結果はいつ分かる?

奨学金に申し込んだはいいものの、審査結果がいつまで経っても届かない!と不安に感じる方も多いようです。

JASSO奨学金では、申し込んだ奨学金の種類・採用方法によって審査結果がわかるタイミングが異なってきます。

 給付型奨学金第一種奨学金第二種奨学金第一種・第二種併願
予約採用12月中まで10月下旬10月下旬
2月下旬
10月下旬
在学採用申込み不可申込時期によって異なる
(通知より先に振込みが行われることもある)

第二種奨学金は申込みのタイミングが2回あるので、審査結果の通知も同様に2回あるということになります。

また、この表の時期はあくまで提出した書類等に不備がなく、スムーズに審査が行われたことが前提ですから、奨学金を申し込む時期や提出書類の状況によってはさらに先延ばしになってしまう場合があります。こうした際には気長に結果を待つしかありません。

学費などの支払いが迫っていて審査結果を待っていられない!という方は最短で即日にお金をかりることができるカードローンに申し込むことをおすすめします。
カードローンなら借りたお金を学費に限らず生活費にも充当することが出来るので、いざという時の経済的な保険としても有効的です。

奨学金の代わりになるおすすめカードローンをみる

JASSO奨学金の審査に落ちた!どうしたらいい?

JASSO奨学金の選考に落ちた

JASSO奨学金は、予約採用で落ちてしまっても、入学後や進級後にも申し込みのチャンスがあります

ここでは、審査に落ちる可能性が高い家計基準について説明したうえで、在学採用で再チャレンジする前に知っておくべき学力基準と家計基準を解説していきます。

また、それでも奨学金で借りることが出来なかった場合に有効的な、奨学金の代わりとなる教育ローンやカードローンについてもご紹介していきます。

家計収入が一定以上だと不採用の可能性大!

家計収入がポイントJASSO奨学金の審査に落ちる1番の理由は、家計収入の多さだといわれています。

家計基準である年収の上限額は「目安」としていますが、しっかり審査されているんですね!

家計収入の上限に引っかかると、不採用となる可能性が高くなるので気をつけましょう。

もし家計基準が理由で審査に落ちた場合は、JASSO奨学金以外の方法を考えたほうがいいかもしれません。

銀行などの民間の教育ローンであれば、年収制限なく利用できます。

銀行の教育ローンは国の教育ローンよりも申し込みに必要な条件が少ないので、借りられる確率もググッと上がります!

E-LOAN(イー・ローン)というサイトから自分に合った教育ローンを、金利や希望借入額などの条件で比較して探すことが出来るので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

あなたに合った教育ローンを条件で比較して探す(E-LOAN)

まだ諦めるのは早い!在学採用で再チャレンジしよう

在学採用で再チャレンジ学力基準も家計基準も満たしているのに、それでもJASSO奨学金の審査に落ちることがあります。

JASSO奨学金をとにかく受けたい場合は、秋に行なわれる第二種奨学金の予約採用に再度申し込んでみましょう。

「どうしよう⁉秋の予約採用も落ちてしまった・・・」

そんな人もいると思います。でも大丈夫。まだ諦めるのは早いです!

入学後の在学採用で再チャレンジすることができますよ。

在学採用における学力基準家計基準をちょっと見ていきましょう。

在学採用の学力基準

在学採用の学力基準は、予約採用と異なり、高校2~3年生の成績が対象となります。

第一種奨学金
高校2~3年生の成績が評定平均値3.5以上(5段階評価)
または
評定平均値が3.5未満でも以下のいずれかを満たし、学修意欲があれば申し込み可能
・住民税非課税世帯
・生活保護受給世帯の学生
・社会的養護を必要とする学生(児童養護施設の入所者など)

第二種奨学金
以下のいずれか
・高校の申し込み時までの成績が平均水準以上
・特定分野でとくに優れた資質能力がある
・大学などで学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある

第一種・第二種併用
第一種と同じ

在学採用の家計基準

在学採用の家計基準は、予約採用より緩やかになっています。

第一種奨学金

世帯人数給与所得世帯給与所得以外の世帯
3人国公立自宅662万円289万円
自宅外729万円336万円
私立自宅729万円336万円
自宅外791万円383万円
4人国公立自宅742万円345万円
自宅外800万円392万円
私立自宅800万円392万円
自宅外847万円439万円
5人国公立自宅936万円528万円
自宅外1,030万円622万円
私立自宅1,030万円622万円
自宅外1,124万円716万円

第二種奨学金

世帯人数給与所得世帯給与所得以外の世帯
3人国公立自宅1,012万円604万円
自宅外1,059万円651万円
私立自宅1,059万円651万円
自宅外1,106万円698万円
4人国公立自宅1,096万円688万円
自宅外1,143万円735万円
私立自宅1,143万円735万円
自宅外1,190万円782万円
5人国公立自宅1,314万円906万円
自宅外1,408万円1,000万円
私立自宅1,408万円1,000万円
自宅外1,502万円1,094万円

第一種・第二種併用

世帯人数給与所得世帯給与所得以外の世帯
3人国公立自宅603万円248万円
自宅外670万円295万円
私立自宅670万円295万円
自宅外737万円342万円
4人国公立自宅680万円302万円
自宅外747万円349万円
私立自宅747万円349万円
自宅外804万円396万円
5人国公立自宅898万円490万円
自宅外992万円584万円
私立自宅992万円584万円
自宅外1,086万円678万円

JASSO奨学金の在学採用の募集は、毎年4月に行なわれます。
(給付型奨学金は、予約採用のみで在学採用では申し込みできません)

予約採用で第一種奨学金に落ちてしまったけど、どうしても第一種奨学金に再チャレンジしたい場合も申し込み可能です。

第一種奨学金の在学採用では、採用枠が大学ごとに異なるので、進学後に確認してみてください。

予約採用や在学採用の申し込み方法について、くわしく知りたい人はこちらで紹介しています。

そもそも奨学金を受けられない人は教育ローンが便利!

教育ローンJASSO奨学金の学力基準や家計基準にあてはまらず、そもそも奨学金を受けられない人は教育ローンが大変便利です。

JASSO奨学金よりも多少金利は高くなりますが、申し込み条件が少ないのは嬉しいポイントです。

国の教育ローン

日本政策金融公庫が取り扱っている公的なローンとなっています。
国の教育ローンの詳細はこちらから

JASSO奨学金は学生本人が月額で借り入れするのに対し、国の教育ローンは保護者が一括で借り入れします。

国の教育ローンの年収制限は、世帯の子どもの人数により、それぞれ上限額が設定されています。
そして、世帯全員の年収合計が下表の範囲に収まっている必要があります。

扶養している
子どもの人数
世帯全員の年収合計の上限額
(事業者所得の場合)
1人790万円
(590万円)
2人890万円
(680万円)
3人990万円
(770万円)
4人1,090万円
(870万円)
5人1,190万円
(970万円)

そのほか、JASSO奨学金と国の教育ローンの金利返済期間などの違いを比較してみました。

金利(平成29年3月時点)

第一種奨学金無利息
第二種奨学金固定金利0.33%
変動金利0.01%
(在学中は無利息)
国の教育ローン固定金利1.76%
(貸付と同時に利息がつく)

返済期間

第一種奨学金貸与総額により13年~20年
第二種奨学金
国の教育ローン最長15年

国の教育ローンは、入学前だけでなく、大学などの在学中でも申し込み可能です。

ですが在学中であっても、返済を行わなければならないので注意してください。

民間の教育ローン

代表的なものでは、銀行の教育ローンなどがあります。

教育ローンの種類によって審査基準が変わりますが、一般的に国の教育ローンよりも審査に通りやすいといわれています。

民間の教育ローンでも借りる場合には親の協力が必要となります。しっかり親子で話し合って決めてくださいね。

先ほどもご紹介しましたが、E-LOAN(イー・ローン)というサイトから自分に合った教育ローンを、金利や希望借入額などの条件で比較して探すことが出来るので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

あなたに合った教育ローンを条件で比較して探す(E-LOAN)

教育ローンについては、【必読】教育ローンについて使い方から注意点まで徹底解説でも詳しくご紹介しています。

銀行カードローンなら保証人不要!学生本人だけで借りられる

教育ローンにも落ちてしまった…
親にバレずに学生本人がお金を借りたい

という方には銀行カードローンがおすすめです。

教育ローンよりもさらに融資の審査が寛容で、さらには保証人不要・無担保で借りられるローンになっていますから、学生さん本人が借りたい!という場合にも最適です。

また、上記で紹介した教育ローンは教育系の出費での利用に限定されますが、カードローンなら使用目的が自由となっていて、学費や教材費だけでなく一人暮らしの家賃や交際費など、様々な箇所でお金が必要になる場面でもカードローンさえ持っておけば万が一の時、金銭面での保険となってくれます。

『でもカードローンはちょっと怪しい…不安…』と感じる方も多いと思いますが、下記に紹介するカードローンは全て大手有名銀行が直接運営しているので、安心して利用することができます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2〜3営業日不要

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2〜3営業日不要

全国展開のメガバンク、みずほ銀行が提供しているカードローン。みずほ銀行の口座を持っている人であれば、今お使いのキャッシュカードにローン機能が付くだけなので非常に便利です。
銀行カードローンきっての低金利で、限度額が最大800万円と高めに設定されているので、奨学金の代わりとして最適なカードローンだと言えます。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

融資上限額金利融資時間
最大500万円年1.8%~14.6%-
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
最短翌営業日不要
お申し込み時に必要な書類について
  • ご本人さまが確認できる書類の写し
  • ご本人さまの収入が証明できる書類の写し(50万円超の利用限度額を希望する場合)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

融資上限額金利融資時間
最大500万円年1.8%~14.6%-
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
最短翌営業日不要
お申し込み時に必要な書類について
  • ご本人さまが確認できる書類の写し
  • ご本人さまの収入が証明できる書類の写し(50万円超の利用限度額を希望する場合)

三菱UFJ銀行は全国に店舗を構えるメガバンク。こちらも他のカードローンに比べて圧倒的に安心感がありますね。
三菱UFJ銀行カードローンは口座開設せずに利用することも可能ですから、口座を持っていない方でも時間と手間を掛けずに借りることができます。

急ぎでお金が必要なら消費者金融カードローン

学費の支払いが迫っていて、奨学金や教育ローンで審査を待っていては間に合わない!

という方もいらっしゃると思います。そんなときにおすすめなのが消費者金融のカードローンです。

銀行カードローンでさえ、申し込みから融資までに1週間ほどかかってしまうのに対して、消費者金融カードローンでは最短で即日に融資を行ってくれるほど融資スピードが速いのが特徴です。

金利はやや高くなってしまいますが銀行カードローンと同様に、借り入れたお金の使用目的は自由・保証人不要となっていますから、いざという時の金銭面での保険として消費者金融カードローンに申し込んでおくのも賢い手段であると言えます。

以下では融資スピードが特徴の、CMなどでもおなじみの有名カードローンを2つご紹介します。

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと
融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

レイクALSA

レイクALSA

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円Webで最短1時間融資も可能(*1)
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
申込後、最短15秒Web申込限定60日間(*2)

※1.21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。※2.5万円まで180日間。いずれも契約額200万円まで。初めてなら初回契約翌日から適用。期間経過後は通常金利適用。30日間、60日間、180日間は併用不可。【貸付条件】●ご融資額:1万円~500万円●貸付利率(実質年率):4.5%~18.0%●ご利用対象:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方●遅延損害金(年率):20.0%●ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング●ご返済期間・回数:最長8年、最大96回●必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)●担保・保証人:不要●商号:新生フィナンシャル株式会社●貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号日本貸金業協会会員第000003号

レイクALSA

レイクALSA

本日中に借入する場合
あと

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円Webで最短1時間融資も可能(*1)
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
申込後、最短15秒Web申込限定60日間(*2)

※1.21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。※2.5万円まで180日間。いずれも契約額200万円まで。初めてなら初回契約翌日から適用。期間経過後は通常金利適用。30日間、60日間、180日間は併用不可。※2.5万円まで180日間。いずれも契約額200万円まで。初めてなら初回契約翌日から適用。期間経過後は通常金利適用。30日間、60日間、180日間は併用不可。【貸付条件】●ご融資額:1万円~500万円●貸付利率(実質年率):4.5%~18.0%●ご利用対象:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方●遅延損害金(年率):20.0%●ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング●ご返済期間・回数:最長8年、最大96回●必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)●担保・保証人:不要●商号:新生フィナンシャル株式会社●貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号日本貸金業協会会員第000003号

とにかく早く借りたい人におすすめなのがレイクALSAです。
レイクALSAでは、申込み後なんと最短15秒で審査結果が分かります。さらにWEBでの申し込みなら最速60分での借り入れも可能です。
初めての契約なら、30日間の無利息期間または5万円まで180日間無利息のどちらかが選べます(契約額1万円~200万円まで)。借入れや返済時に使うATMの手数料が0円なのも嬉しいポイントです。

JASSO奨学金審査基準・選考のまとめ

JASSO奨学金審査基準・選考のまとめ

JASSO日本学生支援機構の奨学金は、申し込み基準を満たしていれば、審査に落ちる可能性は低いです。

そのためにも、まず自分に合った申し込み基準を選びましょう。

審査基準は申し込み基準とほぼ同じで、とくに重要なのは学力基準家計基準です。

もしJASSO奨学金の審査に落ちてしまっても、入学後や進級後の在学採用で再チャレンジできるので安心してください。

最後に、JASSO奨学金の審査基準でよくある疑問を簡単にまとめてみました。合わせて参考にしてくださいね。

奨学金Q&A

JASSO奨学金の予約採用が決定していたのに浪人してしまった!どうなる?

高校を浪人してしまった場合は、入学後の最終手続きである進学届が提出できないため、予約採用自体が無効になります。
高校卒業後2年以内なら、再度JASSO奨学金を申し込むことができるので挑戦してみましょう。

JASSO奨学金には年齡制限があるのか?

原則、年齢制限はありません。
大学院に通う場合など、社会人でもJASSO奨学金は利用できます。
ただし、保証人には年齢制限があり、65歳未満となっています。
その場合は、機関保証を利用すれば問題ありません。

連帯保証人は親で問題ないとして、保証人の別生計とはどのような状況なの?

一緒に暮していても別生計なることもあれば、別に暮らしていても同一生計になることがあります。
同一生計、別生計、独立生計それぞれの定義を有名なアニメ「サザエさん」の磯野家を例に解説していますので、参考にしてください。

  1. 同一生計
    父 波平と息子 カツオ
    波平は、自分の給料だけで独立して生計を維持する収入があります。それに比べて、カツオは小学生なので収入はなく、独立して生活することができません。
    このような場合は、波平とカツオは同一生計となります。
  2. 別生計
    義父 波平と義息子 マスオ
    波平もマスオも、独立して生計を維持する収入があります。
    同居していても、生計が別の場合は、別生計となります。
  3. 独立生計
    伯父 波平と甥 ノリスケ
    ノリスケは波平の甥で、出版社に勤めるエリートサラリーマンです。波平とノリスケは、別居しており、お互いに独立して生計を維持する収入があります。
    よって、波平とノリスケは独立生計となります。