地方銀行カードローン

きらぼし銀行カードローン借入・返済まとめ|審査は甘い?口コミや評判で比較

きらぼし銀行カードローン【パーソナルカードローン】【プラスユーネクスト】【メディカルVIPローン】の特徴

きらぼし銀行カードローンには、【パーソナルカードローン】(固定金利・年7.8%~年9.8%)【プラスユーネクスト】(変動金利・年3.4% ~ 年14.8%)と【メディカルVIPローン】(医療従事者向け)の三種があります。

本記事ではそれぞれのカードローンにどのような違いがあるのかを紹介してみます。

 地元の銀行だから、で選んでいませんか?
あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは?
地元のきらぼし銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません!

 

即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。

あなたにおすすめのカードローンは

今すぐに借りる
早さより低金利

きらぼし銀行と他カードローン違いを比較

きらぼし銀行の二つのローンと他社のローンを比較してみます。

きらぼし銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン金利契約限度額来店必要即日借入れ
きらぼし銀行
(パーソナルカードローン)
年7.80%~9.80%30万円、50万円、100万円
きらぼし銀行
(プラスユーネクスト)
年3.4% ~ 14.8%最大300万円
大手銀行カードローン
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%最大800万円
三井住友銀行カードローン年1.5~14.5%10万~800万
地方銀行系
横浜銀行年1.9%〜14.6%10万~1000万
消費者金融系
アコム年3.0%~18.0%~800万
プロミス年4.5%~17.8%~500万

どこのカードローンを利用するかによって、金利や借入額も大きく異なるのでご自身に合った借入方法を見つけることが重要になります。

きらぼし銀行カードローンのメリット&デメリット

きらぼし銀行カードローンのメリット・デメリットをご紹介してみます。

きらぼし銀行カードローン「パーソナルカードローン」メリット

パーソナルカードローンのメリットは、4つあります。

  • 固定金利(年7.80%~9.80%)である
  • 銀行・駅・デパート・コンビニエンスストアなどのATMで借入可能
  • 無担保・保証人不要
  • (1)公共料金(電気・ガス・水道・電話・NHK受信料)のうち3種類以上の自動支払い(2)給料自動受取または年金自動受取(3)積立定期預金または財形預金(4)クレジットカードの支払い1項目につき年0.5%、取引状況に応じて最大年2.0%金利優遇

きらぼし銀行カードローン「パーソナルカードローン」デメリット

パーソナルカードローンのデメリットは、こちら。

  • 旧東京都民銀行の店舗での申し込みが必要

なるべく早く借入をしたい場合には店舗で申し込みが必要な点は、不便に感じるかもしれません。

きらぼし銀行カードローン「プラスユーネクスト」メリット

プラスユーネクストのメリットは、3つあります。

  • 変動金利(年3.4% ~ 年14.8%)である
  • 無担保・保証人不要
  • 限度額は30万円から最大300万円まで借入が可能

きらぼし銀行カードローン「プラスユーネクスト」デメリット

プラスユーネクストのデメリットは、こちら。

  • 旧八千代銀行でのローン申し込みが必要

パーソナルカードローンは旧東京都民銀行の店舗での申し込みが必要でしたが、プラスユーネクストは旧八千代銀行の店舗での申し込みが必要となり、きらぼし銀行カードローンはどちらも店舗での申し込みが必要になります。

きらぼし銀行カードローン「メディカルVIPローン」

医療従事者向けのメディカルVIPローンは、医師・看護師等国家資格に基づき医療に従事する方に向けたカードローンです。

  • 融資限度額は、300万円・200万円・100万円・50万円の4種類
  • 無担保、保証人不要
  • 融資利率は年5.8%

医療従事者の方はメディカルVIPローンを検討してみるのも良いかもしれません。

きらぼし銀行カードローンに向いている人と向いてない人

きらぼし銀行カードローンは、以下の3つのポイントにマッチしている方にはオススメできるカードローンです。

  1. 無担保・保証人不要が良い
  2. 自分にあった金利を選択したい
  3. 旧八千代銀行・旧東京都民銀行が近隣にある

しかし上記条件に当てはまらない方は、きらぼし銀行カードローンで借りるメリットが少ないため他のカードローンを検討することをオススメします。

きらぼし銀行カードローンだと、審査に最低でも一週間かかる・店舗に来店する必要があるという2つのデメリットがあるので、即日融資を希望している方はプロミスのカードローンがオススメです。

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと
融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

さらに、銀行カードローンの方が安心であれば、全国に展開しているみずほ銀行のカードローンがおすすめです!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2〜3営業日不要

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2〜3営業日不要

きらぼし銀行カードローンの事前審査(仮審査) 必要書類

きらぼし銀行カードローンの申し込みに必要な書類をご紹介いたします。

パーソナルカードローンとプラスユーネクストはどちらも事前審査(仮審査)が必要となります。
以下の書類を用意して、FAX・郵送・店舗持ち込みのいずれかの方法で対象金融機関に送付又は持ち込みを行います。

  • パーソナルカードローン仮審査申込書(HPでダウンロード可)
  • 運転免許証(表裏)のコピー、または健康保険証(表裏)+ 公共料金の領収書のコピー
  • プラスユーネクスト仮審査申込書(HPでダウンロード可)
  • 運転免許証(表裏)、またはパスポートのコピー。運転免許証かパスポートがない場合は、「健康保険証(写)+住民票(写)」「健康保険証(写)+公共料金(携帯電話除く)領収証(写)」

きらぼし銀行カードローンの本申込 必要書類

無事に事前審査(仮審査)に通った後には、本申込時には以下の書類や手続きを行うために支店に来店する必要があります。

パーソナルカードローン(1)本人確認資料
運転免許証、パスポート、住民票,印鑑証明書、健康保険証+公共料金の領収証または請求書のいずれかとします。
(2)前年の所得を証明する書類
住民税決定通知書、確定申告書控(税務署受付印のあるもの)のコピー、納税証明書、源泉徴収票のいずれかとします。
プラスユーネクストご返済用預金口座の開設(取扱店に預金口座をお持ちでない場合)

きらぼし銀行カードローンの審査条件

きらぼし銀行カードローンを利用する上での審査条件を各カードローンごとに紹介してみます。

審査条件

きらぼし銀行の審査条件はこちら。

パーソナルカードローン(1)申込時の年齢が満20歳以上満60歳以下
(2)日本国籍のある方、または永住権のある方
(3)安定した収入が見込まれる方で、租税公課の滞納がない方
前年の収入が、下記のご利用限度額に応じた金額であることと
(a)給与所得者の場合

 

ご融資限度額年収
30万円、50万円、100万円150万円以上

(b)個人事業主の場合

ご融資限度額年収
30万円、50万円、100万円100万円以上

(注)年収は、給与所得者の場合は税込年収、個人事業者の場合は申告所得とし、基準年収に満たない場合には、専従者給与(青色申告)または専従者控除 (白色申告)を加算できることとします。
(4)勤続(営業)年数1年以上の方。

プラスユーネクスト(1)申込み時の年齢が満20歳以上、満64歳未満
(2)今後も安定した収入が見込まれる
※ご本人さまに収入のない方で、配偶者の方に安定した収入がある場合は、限度額30万円のみお申込みいただけます。
※パート・アルバイト、年金を受取っている方は、限度額30万円のみお申込み可能。(学生は除く)
(3)きらぼし銀行において他のカードローン契約がない方

審査にかかる日数

パーソナルカードローン・プラスユーネクスト共に審査には数日かかるため、早めに借入れたい方は他のカードローンを検討することをオススメします。

審査に関する口コミ

■30代・男性・会社員■

金利は変動金利で14.8%だったので、あまり高くはありません。
借り入れには事前審査を申し込む必要があり、その後電話連絡があります。

OKとなった場合は必要書類を持ち店舗へと行きます。契約完了したら自宅にローンカードが郵送されてくるので、それを使いATMなどから借り入れします。

審査は比較的じっくりと行っているようで、全体で一週間以上はかかります。なので緊急時にはあまり使えませんが、銀行自体の信頼性があるので今後も利用したいです。

引用:https://review.kakaku.com/

■40代・女性・主婦■

即日借入はできない代わりに窓口にて様々な相談に乗ってくれたり、柔軟に対応してくれました。

審査には時間がかかるので、早く借り入れたい場合は消費者金融などで借りた方が圧倒的に早いと思います。

きらぼし銀行カードローンの返済方法

最後にきらぼし銀行カードローンの返済方法についてご紹介いたします。

返済方法

返済方法はどちらも預金口座からの引き落としです。

パーソナルカードローン毎月ご返済は毎月7日(銀行休業日の場合は翌営業日)に前月7日(銀行休業日の場合は翌営業日)現在の利用残高に応じてご指定の預金口座から、ご返済金額をお引落としさせていただきます。

 

1、2のいずれか小さい金額を返済額とする。
(1)前月約定返済日の最終残高に応じた返済額
前月約定返済日の最終残高に応じ、下表により返済額が決定する残高スライド方式です。

毎月約定返済日の最終残高返済額
50万円以下1万円
50万円超 100万円以下2万円

※ただし最終残高が100万円を超えた場合の毎月返済額は3万円となります。
(2)当月の約定返済日当日(約定返済額引落とし前)の最終残高に、約定返済日当日に元加される利息額を加えた金額

プラスユーネクスト毎月10日(休日の場合は翌営業日)にご契約限度額に応じて下記のご返済金額(元利定額リボルビング方式:あらかじめ決まった支払利息額を含んだ定額を支払う方式)をご指定の普通預金口座から引落しいたします。

 

ご契約限度額月々ご返済金額
30万円の場合10,000円
100万円の場合20,000円
300万円の場合40,000円

まとめ

きらぼし銀行には【パーソナルカードローン】(固定金利・年7.8%~年9.8%)【プラスユーネクスト】(変動金利・年3.4% ~ 年14.8%)と【メディカルVIPローン】(医療従事者向け)の三種類があること、それぞれの内容についてご紹介しました。

どこのカードローンを選ぶかによって金利や返済方法も変わってくるので、是非ご自身にぴったりのカードローンを見つけてください。

東日本銀行カードローンの借入審査は甘い?金利や返済も比較!口コミや評判あり

東日本銀行には、地方銀行としては珍しく日本全国から申し込めるカードローンがあります。
大手消費者金融やメガバンクのカードローンと比べると、どんな違いがあるのか気になりますよね。

ここでは東日本銀行カードローンの特徴やメリット・デメリットなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 地元の銀行だから、で選んでいませんか?
あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは?
地元の東日本銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません!

即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。

あなたにおすすめのカードローンは

今すぐに借りる
早さより低金利

東日本銀行カードローンの特徴

東日本銀行は東京都を中心に神奈川や千葉、茨城など首都圏で利用できる地方銀行です。
個人向けローンや目的別ローンも充実しており、使いみち自由のカードローンも複数の商品があります。

個人向けのカードローンでは、ゆあポケットⅡ、お江戸日本橋カードローンの2つのプランがあります。
いずれも銀行カードローンならではの低金利で借入ができ、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば利用できるのが特徴です。

また、お江戸日本橋カードローンは東日本銀行の営業地域外からも含めてなら全国から申し込みができるという特徴もあります。

東日本銀行カードローンと他カードローン違いを比較

東日本銀行銀行カードローンと他社カードローン比較一覧

東日本銀行銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン金利契約限度額WEB完結即日借入れ
東日本銀行カードローン年2.9〜14.5%10万〜500万
大手銀行カードローン
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%最大800万円
三井住友銀行カードローン年1.5~14.5%10万~800万◯(※)
地方銀行系
横浜銀行年1.9%〜14.6%10万~1000万
消費者金融系
アコム年3.0%~18.0%~800万
プロミス年4.5%~17.8%~500万

※三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結。

銀行カードローンならではの低金利

東日本銀行カードローンは最大年14.5%という低金利で借入できます。
銀行カードローン全体の中で平均的な金利で、消費者金融より大幅に低金利です。

全国から申し込み可能

東日本銀行にはお江戸日本橋支店というインターネット専用支店があり、WEB上の契約で日本全国から利用できます。

地方銀行の場合は、通常はその銀行の営業地域に住んでいるか、または営業地域で働いている人しか申し込めません。
しかし、東日本銀行には地域の制約がないという違いがあります。

「少しでもかかる金利を安く済ませたい…」という方は、みずほ銀行カードローンでの契約も視野に入れて検討してみてください。

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも特に低金利で審査スピードも比較的早く、大きめの融資額でも安心して利用できます。

お手持ちのみずほ銀行キャッシュカードを使ってすぐに借りることも可能です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2〜3営業日不要

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2〜3営業日不要

東日本銀行カードローンのメリット デメリット

東日本銀行カードローンカードローンのメリット

まず、東日本銀行カードローンのメリットについて詳しく解説します。

低金利で借入できる

東日本銀行カードローンでは最大でも年14.5%という低金利でお金を借りることができます。
消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは年18.0%が相場ですので、年3.5%ほど金利が低くなり、利息が節約できます。

専業主婦でも申し込みできる

東日本銀行カードローンは本人に収入がない専業主婦でも申し込みできるのがメリットです。
専業主婦への融資は、消費者金融はどの会社も行っておらず、銀行カードローンでもあまり多くありません。

専業主婦でも利用できて、さらに日本全国から申し込みできるというのは大きなメリットになるでしょう。

デメリット

続いてデメリットや注意点についても解説します。

月々の返済額が高い

東日本銀行カードローンは月々の返済額が最低でも毎月1万円からとなり、他社と比べて高いのがデメリットです。

たとえ借入が2~3万円など少額であっても、必ず毎月1万円以上返済しなければなりません。
少額の利用でマイペースに返済していくという使い方には向いていないのがデメリットです。

返済方法は口座引落のみ

返済方法が口座引落しか用意されていないのも人によってはデメリットとなります。
お金を借りることを他人に知られたくない場合でも、預金口座の通帳に引き落としの記録が残ってしまうからです。

ATMから返済できるカードローンなら、完済後に明細を処分すれば秘密にできますが、東日本銀行カードローンではそのような使い方ができません。

東日本銀行カードローンカードローンに向いている人と向いてない人

東日本銀行カードローンに向いている人、向いていない人はそれぞれ以下のような人です。

東日本銀行カードローンに向いている人

  • 来店不要で銀行カードローンを利用したい人
  • 専業主婦でも利用できるカードローンを探している人

東日本銀行カードローンに向いてない人

  • 他人に秘密で借りたい人
  • 即日融資で借りたい人

お金を借りることを誰にも知られたくないなら、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。
プロミスならコンビニATMや店舗から返済できますし、利用明細はすべてネットの会員サイトで閲覧するように設定できます。

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと
融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

そのほかに、東日本銀行にはホームカードⅡ、BIZポケット、ザ・ドクターという商品もあります。

ホームカードⅡは、住宅を持っている人向けの使いみち自由のローンです。
1年ごとに審査がありますが、金利は年6.975%と低いのが特徴です。

BIZポケットは、個人事業主や法人代表者向けのビジネスカードローンです。
事業性資金にも生活費にも使えるのが特徴で、金利は年7.5%または年13.5%のいずれかです。

ザ・ドクターは、医師または歯科医師として病院を開業している人向けのローンです。
事業性資金には使えませんが、金利は年3.75%と低いため、まとまった金額を長期間借りたいときにおすすめです。

東日本銀行カードローンの必要書類

東日本銀行カードローンの契約をするために必要になる書類は本人確認書類です。

本人確認書類として使える書類は以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

上記のいずれか一点が必要となります。

上記必要書類提出時の諸注意

本人確認書類はWEBから画像をアップロードして提出できます。
個人番号カードを使うときは、マイナンバーが写らないように表面だけを提出しましょう。

その他特筆すべき必要書類

50万円超の契約には収入証明書の提出が必要となります。
収入証明書として使えるのは以下の書類です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 課税証明書などの公的証明書

東日本銀行カードローンの審査条件

東日本銀行カードローンの審査を受けるための条件を解説します。審査に必要な日数や、実際にお金を借りた人の口コミも紹介します。

審査条件

東日本銀行カードローンの審査条件は以下のとおりです。

  • 年齢が20歳以上69歳以下であること
  • 本人に安定収入があること
  • 専業主婦は、配偶者に安定収入があること

安定収入があるならパートやアルバイトでも申し込み可能です。
配偶者に安定収入があれば、本人に収入がない専業主婦でも申し込みができます。

全国から申し込みできるネット専用のお江戸日本橋カードローンでは、東日本銀行の実店舗でローンを利用していないことが条件となります。

審査にかかる日数

東日本銀行カードローンの審査にかかる日数は、公式ページには具体的な記述がありません。
実際に東日本銀行カードローンを利用した人の口コミでは、申し込みの2日後に審査回答があったという体験談があります。

なお、銀行カードローンのため、申し込みの当日に借りることはできません。

審査に関する口コミ

実際に東日本銀行カードローンでお金を借りた人の口コミを調べてみると、以下のような体験談がありました。

来店不要なのが便利

インターネット支店との契約で来店不要なので利便性が高い。ATMから借入できるのも便利。
30代 男性 会社員

引用元:https://review.kakaku.com/

ネットで手続きを終えられるのがメリット

仕事の事情で日中に来店できないいので、WEBで手続きが完結するのがよいと思った。金利も低く、審査もスムーズで早く借りることができました。
女性 20代 会社員

引用元:https://review.kakaku.com/

東日本銀行カードローンの返済方法

東日本銀行カードローンの返済方法について解説します。
審査に通過してお金を借りることができたら、毎月の返済を確実に行うことが大切です。

返済方法(ATMや引き落としなど)

東日本銀行カードローンの返済方法は、自動引落とATMの2つの方法があります。
ただし、月々の約定返済は口座引落しか選べません。

約定返済は口座引落のみ

毎月の返済日に借入残高に応じた返済額が預金口座から引落されます。

随時返済はATMからも可能

ATMからの返済は随時返済のみ可能です。

以下のATMが利用できます。

  • 東日本銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

ただし、ATMから返済しても当月の約定返済の扱いとはならず、口座からの引落は毎月行われます。

月々の返済額

月々の返済額は、最低1万円からで、借入残高に応じて決まります。
たとえば、借入が50万円以下の場合は1万円、50万円を超えると月2万円です。

以降借入残高が50万円増えるごとに返済額も1万円ずつ増えていきます。

返済日について

返済日は毎月10日で固定で、好きな返済日を選ぶことはできません。
10日が休日の場合は、翌営業日が返済日になります。

まとめ

東日本銀行カードローンは年14.5%と金利が低いことや、専業主婦でも借りられるのがメリットのカードローンです。
ネット専用のお江戸日本橋支店と契約することで、東日本銀行の営業地域外も含めて日本全国から申し込み可能という特徴もあります。

消費者金融や大手銀行以外にも選択肢がほしいと考えている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

北海道銀行カードローン|審査は甘い?返済方法や金利・限度額を大手と徹底比較!

カードローンを申込みたい!と考えた時に、全く知らないカードローンよりも地元の銀行カードローンの方が安心感がありますよね。

特に地元でも大手の銀行だと、更に安心感が強く感じられると思います。

そんな思いから北海道銀行カードローン「ラピッド」を選択する方も多いハズ。が、しかし、地元の銀行というだけでカードローンを選んでも大丈夫でしょうか?

ここでは、北海道銀行カードローン「ラピッド」と、全国区で展開する大手金融会社のカードローンを比較し、北海道銀行カードローンのメリットやデメリットを紹介していきます。

最後まで読んで、北海道銀行カードローンにするか、もしくは他の大手金融会社のカードローンにするか、選択して決めていただければ幸いです。

 「地元の銀行だから…」で選んでいませんか?
あなたの希望を満たしてくれるカードローンとは?
地元の北海道銀行だから安心!でも、必ずしもあなたの希望を満たすとは限りません!
即日融資が可能だったり金利が低かったり、もっと利便性が高いカードローンがあるかもしれません。

 

あなたにおすすめのカードローンは

今すぐに借りる
早さより低金利

北海道銀行カードローンの特徴

北海道の地方銀行の中では、2番目に大きな規模の銀行であり道銀と呼ばれ北海道民に親しまれている銀行です。

北海道銀行のカードローンのラピッドは、地方銀行のカードローンでありながら、全国から申し込みが可能です。

またアルバイトやパート、専業主婦の方でも利用をすることができます。

他にも以下のような特徴があります。

ラピッドの特徴

・500万円以下の借り入れの場合は、原則収入証明書が不要
500万円以下であれば、原則収入証明書が必要ありません。収入証明書を取得するには時間がかかるため、できるだけ早く融資を受けたい方にとっては不向きです。

・WEB上で契約が完結
仕事などで忙しく、平日に銀行の店舗へ行けない方も多いでしょう。そこで北海道銀行カードローンは、店舗へ行く必要がなくWEB上だけで契約が完結するので便利です。

・提携コンビニATM手数料が無料であるため、場所や時間を選ばす融資を受けることができる
突然お金が足りないという時ありませんか?北海道銀行カードローンは、提携コンビニATMの手数料が無料であるため、場所や時間を選ばす融資を受けることができるのです。また同じく返済時も手数料がかかりません。

・口座開設不要
口座を作ると時間が必要となります。直接銀行へ行くとすぐにできますが、WEB上では完結しなくなります。そこで口座開設をする必要がない、北海道銀行カードローンがおすすめです。[/box]

北海道銀行カードローンと他カードローンの金利や限度額の違いを比較

それでは、北海道銀行カードローンのラピッドと他の主な銀行系のカードローンを比べてみましょう。

金利や、借入限度額、口座開設が必要かどうか、融資や返済の際の提携ATM利用手数料を比較します。

カードローン金利限度額口座開設提携ATM利用手数料
北海道銀行1.9%~14.95%800万円不要原則無料
みずほ銀行2.0%~14.0%800万円必須110円~220円
三井住友銀行年1.5%~14.5%10〜800万円不要原則無料(※)
りそな銀行3.5%~12.475%800万円必須110円~220円

(※)全国の三井住友銀行ATM、および提携コンビニATM

以上のように主な銀行のカードローンと比べると、北海道銀行カードローンのラピッドは、金利が高めではありますが、口座開設の必要がなく提携ATMの利用手数料がないことが大きなメリットです。

手数料が高いと、損をした気分になるのです。その点北海道銀行カードローンのラピッドは安心です。

金利の面では、銀行ローンの中ではみずほ銀行が低めに設定されています。北海道銀行の金利が1.9%~14.95%であることに対して、みずほ銀行は2.0%~14.0%となっています。みずほ銀行は口座開設が必要であるため、時間に余裕をもって申し込みをするようにしてください。

コンビニなどのATMを利用すると手数料が発生しますが、みずほ銀行のATMであれば手数料は必要ありません。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2〜3営業日不要

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2〜3営業日不要

北海道銀行カードローンのメリット デメリット

それでは、北海道銀行カードローンのメリットやデメリットを、詳しくご紹介します。

24時間電話での受付対応があるなど、他の銀行系カードローンと比べて、初めての方でも安心できるサービスとなっています。

しかしデメリットもあるので、十分に確認の上、申し込みをするようにしてください。

北海道銀行カードローンのメリット

北海道銀行のカードローンのラピッドは、金利が低く、口座開設が不要、キャッシングを利用する時の提携ATMの利用料金が無料など様々なメリットがあります。

それでは、北海道銀行カードローンラビットのメリットを詳しくご紹介します。

消費者金融と比較をすると低金利

北海道銀行カードローンのラピッドの金利は、1.9%~14.95%と消費者金融と比較をすると低金利です。

金利が高いと、いくら返済してもなかなか返済額が減らないで、いつまでの返済期間が終わらない気分になるのです。

24時間電話対応

何かわからない事がある時、ふと電話をしようと思ったら営業時間を超えていたことよくありませんか?

北海道銀行カードローンは24時間対応しているので、いつでも問題を解決することができるのです。

初めてカードローンを作るまでに、不安なこと、疑問点が多くあるでしょう。

その点24時間電話対応をしてくれると、昼間に時間を作る必要がないのです。また夜間でも仮審査まで進めることができます。

800万円までの限度額

限度額が800万円となっており、他の金融機関と比較しても高めです。
しかしこれは限度額上限であり、審査状況によっても異なってきます。

口座開設不要

口座を開設するには、手続きが必要で手間や時間が必要です。

キャッシングを利用する人は、少しでも早く融資をして欲しいなので、口座開設の必要がないのは大きなメリットでしょう。

またすでに北海道銀行の口座を持っている人であれば、本人確認をする必要はありません。

WEB上で手続きが終了する

特に銀行系のカードローンは、店舗の開店時間に店舗まで行く必要がある場合があります。

しかし仕事をしている人にいって、平日の夕方までに店舗へいくのは容易ではありません。

その点北海道銀行カードローンのラビットは、WEB上で手続きが終了するため、24時間申し込みが可能です。

提携ATM手数料が無料

北海道銀行カードローンのラピッドはセブン銀行、ローソン銀行、Enet対応のATM、バンクタイム対応のATMであれば、手数料がかかりません。

時間や場所にとわられる必要がないので、返済がしやすいのです。

北海道銀行カードローンのデメリット

ここまで北海道銀行カードローンのラビットのメリットをご紹介してきましたが、決してメリットだけではありません。

デメリットも理解した上で、利用をするようにしてください。

無人契約機がない

大手消費者金融のように無人契約機がないので、カードが郵送で届くまで融資を受けることはできません。

口座引き落としが利用できない

口座からの引き落としができず、提携のATMからの返済となります。

返済スケジュールを管理していないと、返済日を忘れて延滞金がつくだけでなく延滞情報が残ってしまいます。

しかしコンビニエンストアのATMは、場所や時間を選ばないので昼間に返済するのを忘れても、夜中でも返済可能です。

北海道銀行カードローンに向いている人と向いてない人

向いている人

・WEB上で手続きを終わらせたい方
・消費者金融よりも金利が低いカードローンを探している方
・返済日が決められない方(35日サイクル)

向いていない人

・すぐに融資を受けたい人
・口座振替を求めている人
・インターネットで返済したい人

以上のような方は、北海道銀行カードローンは向いていません。

プロミスであれば、無人契約機を利用すれば最短30分で融資を受け取ることができます。

プロミス

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと
融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

また返済方法は、インターネット、アコムのATM、提携ATM、店頭窓口、お振込、口座引き落としなど様々な方法があり便利です。

また金利をもう少し抑えたいとお考えの方には、みずほ銀行カードローンがおすすめです。

北海道銀行カードローンの金利が1.9%~14.95%であるのに対して、みずほ銀行カードローンは、2.0%~14.0%と銀行のカードローンの中では、みずほ銀行は低めの設定となっているのです。

ATM手数料は110円~220円とかかるのですが、金利を考えると大きな金額ではありません。またみずほ銀行のATMを利用すれば手数料は必要ありません。特にみずほ銀行の口座を持っている人にとっては、おすすめのカードローンです。

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2〜3営業日不要

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2〜3営業日不要

北海道銀行カードローンの必要書類

北海道銀行カードローンのラピッドをWEBで申し込む時は、必要事項を記入して借り審査を申し込みをします。

仮審査を通過したら、本人確認書類のアップロードを行い本審査となります。

また北海道銀行カードローンのラピッドは、電話や郵送、ファックスでも申し込み可能です。電話で申し込む場合は、ラピッド申込書が届きます。

また北海道銀行の店頭やATMなどに設置している、ラピッド申込書を使って申し込みをすることもできます。

申込書が見つからない場合は、北海道銀行のカードローンラピッドのホームページより、申込書をダウンロードすることも可能です。

わからないことがあれば、フリーダイヤルで24時間年中無休で対応しているので安心です。

本人確認書類提出時の諸注意

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートでOKですが、不鮮明、薄すぎなどの理由で読めない場合は再度提出を求められることもあります。

アップロード時に注意しましょう。本人確認資料のアップロードはスマートフォンで行うと簡単です。

その他特筆すべき必要書類

他にも必要書類で注意すべき点がありますので、ご説明します。

500万円以上の借り入れを希望する場合

500万円以上の借り入れを希望する場合は、給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書が必要となります。

これらの収入証明書は入手するまで時間がかかるため、早めに準備をするようにしてください。

給与所得者は、源泉徴収票または所得証明書、個人事業主の方は所得証明書もしくは納税証明書が必要となります。

所得証明書は市区町役場で、納税証明書は税務署での発行となります。

契約時に必要な書類

審査結果の連絡のあと、契約意識の確認をしたあと契約となります。

北海道銀行カードローンラピッドはこの時点では必要書類がなく、融資を受け取ったあとに「ご融資利息計算書」および「ローン契約規定」「保証委託約款」が簡易書留で届きます。

・「ご融資利息計算書」
利息、返済金額、利息の計算方法、返済期日、返済期間などが記載されているので、必ず目を通すようにしてください。

・「ローン契約規定」
取引の方法や契約方法、貸越極度額などに関する、北海道銀行カードローンラピッドの規定が記載されています。他にも遅延損害金、返済金の充当方法、各回の返済金額などが詳しく書かれています。

・「保証委託約款」
信用保証の委託、保証委託の範囲等などの記載がされています。北海道銀行カードローンラピッドの保証会社はアコム株式会社です。北海道銀行との契約に違反した場合は、アコム株式会社が保証政務の履行をする時があります。

北海道銀行カードローンの審査条件

北海道銀行カードローンのラピッドを利用するためには、まず審査に通る必要があります。

審査に通る基準は、毎月安定した一定の収入があり、月々の返済を遅延することなく続けることが出来る人となります。

返済能力が認められれば、パートやアルバイト、専業主婦や年金暮らしの75歳未満の方でも申し込み可能です。

北海道銀行カードローンで審査に通る人とは

満20歳以上75歳未満の、毎月収入のある方が対象となっています。

またクレジットカードやローンでの滞納がないことも、大切な要素となります。

申し込み内容に偽りが発見された場合も、審査に落ちる原因となるので、かならず正確な情報を記入するようにしてください。

審査にかかる日数

即日~5日となります。また状況によってはさらにかかることもあります。

北海道銀行の口座を持っていると、本人確認の必要がないため審査が早く済むことがあります。銀行系のカードローンで、即日対応は珍しいサービスであり、WEB、電話、ファックスで13時までの申し込みで、最短で当日の16時までに振込での融資が可能です。

どうしても即日融資が必要!という方には「プロミス」がオススメです。

プロミスは、とにかく今すぐ借りたい人におすすめ。

土日も審査を行っていて即日融資可能ですが、融資希望額50万円だと1日で審査が完了しない場合もあるので、できる限り早めに申し込んでおくと安心です。

無利息サービスや、カードレスで使えるアプリローン、三井住友銀行ATMがいつでも手数料無料など、使い勝手の良いサービスがたくさんあります。

プロミス

プロミス

融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要・WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

プロミス

本日中に借入する場合
あと
融資上限額即日融資融資時間
最大500万円最短30分
審査時間来店不要/WEB完結無利息期間
最短30分30日間※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

北海道銀行カードローンの返済方法

北海道銀行カードローンラピッドは、毎月同じ日に返済をする約定返済と呼ばれる方法の他に、追加返済をすることができます。

北海道銀行カードローンラピッドの約定返済は、限度額400万円以下であれば毎月2,000円からと、無理なく返済をすることができます。

また決まった日以外でも、余裕がある時は追加返済をすることが可能です。追加返済をした場合でも、毎月の約定返済がなくなるわけではないので、注意が必要です。

北海道銀行カードローンの返済方法はATMか銀行振り込み

北海道銀行カードローンラピッドの返済は、銀行の引き落としを利用することができず、提携ATMからの返済か銀行振り込みとなります。提携ATMであれば、手数料無料で、場所や時間を気にせず返済可能です。

北海道銀行カードローンの返済日は選択可能

北海道銀行カードローンラピッドの返済は、毎月指定日返済か、35日に1度のいずれかを選ぶことができます。

それぞれにメリットデメリットがあるため、自分にあう返済方法を選ぶとよいでしょう。

毎月指定日返済

北海道銀行カードローンでは、6日を除き希望の日を毎月の返済日として指定をすることができます。給料日は必ずしも皆さま同じわけではなく、返済をしやすい日はそれぞれ違います。給料日の直後に設定をすることで、返済が難しくなる可能性が低くなります。

また給料日の直後であれば、返済日を忘れることもないでしょう。返済日を設定することは、返済忘れをなくす効果もあるのです。返済日以外に、追加借り入れをしても返済日は変更ない点もメリットです。

 

返済日の次の日から35日間サイクル

カードローンの返済方法としては独特な方法なのですが、毎月同じ日に返済できるかわからない方におすすめです。最初は借り入れをした日の次の日から35日間、次回からは返済日の次の日から35日間、いつでも返済をすることができます。

特に個人事業主やバイトなどで、毎月の収入を得ることが出来る日が、安定していない方におすすめです。またボーナスや大きな支払いなど、イレギュラーなことにも対応できます。しかし、毎月決まった支払日ではないので、スケジュールを管理しておくことが大切です。

まとめ

北海道銀行のカードローンラビットは、北海道在住でなくても全国から申し込み可能です。北海道銀行の口座を作る必要がなく、WEBで全ての申し込みが終わるため時間も手間もかかりません。

他のカードローンでは対象外となっていることもある、主婦の方や75歳未満の暮らしの方でも、申し込み可能であることも、大きな北海道銀行カードローンラピッドの特徴です。