みずほ銀行カードローンを作る前に知っておくべき5つのポイントを紹介!

みずほ銀行カードローンは、

  • 翌営業日以降に審査結果がわかる!
  • WEB申込で口座を持っているなら郵送物なしで利用可能!
  • 口座を持っていなくても今すぐ申込可能!

など、申込み・利用するにあたってメリットの多い商品です。

みずほ銀行は日本三大銀行の一つで、銀行の中でも特に安心感をもって利用できますよね!

安心感はとても大切なことですが、カードローンを利用するにあたっては、申込のしやすさや審査の通過率、借入・返済がライフスタイルにあっているかどうか?など、よく確認するべき事項もあります。

このページでは、みずほ銀行カードローンへの申込時に知っておくべき情報を5つのカテゴリーに分けて、詳しく説明しています!

  1. 審査難易度と在籍確認の有無
  2. 審査結果がわかるまでの時間と流れ
  3. 取引可能ATMと取引可能利用時間の紹介
  4. 返済方法と返済額を確認する方法
  5. 他行と金利を比べた結果

みずほ銀行カードローンを利用したいのであれば、知っておくと便利にカードローンを活用することができます!是非最後までお付き合いください!

みずほ銀行カードローンは審査は甘い?在籍確認はある?

みずほ銀行の審査は銀行カードローンの中では標準的ですが、消費者金融カードローンより審査基準は厳しい傾向です。以下におおよその審査通過の目安を紹介しておきます。

年収の目安は180万円以上

みずほ銀行カードローンの審査に通過している方の年収の目安は、他社からの借り入れがない状態で180万円以上になります。

年収の目安は比較的高めですが、他社からの借り入れがなく、会社員の方であればあまり心配する必要はありません。

勤続年数は1年以上

1つの会社に長く勤めていればいるほど、「この人は仕事を辞めないだろう」と判断されるため、審査に通過しやすくなります。

勤続年数が短いと審査で厳しく見られる可能性がありますので、最低ラインとして勤続年数1年以上は必要す。

また自営業の方は、勤続年数3年が審査に通過する目安となっています。

他社借入は2社以内、年収の1/3以下

みずほ銀行に限らず、銀行カードローンはすでに他社からの借入が3件以上あると審査に通ることは難しいです。また借入金額の目安は、年収の3分の1以下であることが1つの目安になります。

在籍確認は保証会社のオリコから電話連絡がある

みずほ銀行カードローン審査の在籍確認は、保証会社であるオリコから勤務先へ個人名で電話がかかってきます。これは「本当にその会社に在籍しているか」を確認する重要な審査事項となります。

電話に本人が出るか、不在でも在籍していることがわかればOKです。

審査結果がわかるまでの時間と流れ

ここからは、みずほ銀行カードローンの審査結果がわかるまでの時間と、審査の流れを紹介します。審査結果がわかるまでの時間や流れを知って借り入れしたいタイミングに合わせて、利用するようにしましょう!

カードローン申し込みの審査時間は申込方法により異なる

インターネット(パソコン・スマートフォン)翌営業日以降に回答
店舗翌々営業日以降に回答
郵送申込書到着後、翌々営業日以降に回答
電話申込受付後、翌々営業日以降に回答

一番早く審査を完了させられるのは、インターネットからの申込みです!申込みの手間もかからず、便利なので利用の際はインターネットから申込してくださいね!

【WEB申込み】みずほ銀行の口座を持っていれば郵送物なし!

すでにみずほ銀行の口座を持っている方は、来店・郵送不要のWEB完結で申し込みができます!

STEP
申し込み
パソコンやスマホから申し込みできます。
STEP
審査
みずほ銀行ならびに保証会社による所定の審査があります。
STEP
在籍確認
保証会社による職場への在籍確認の電話連絡が行われます。
STEP
審査結果
審査結果は入力したメールアドレス宛に回答されます。
STEP
必要書類
本人確認書類や収入証明書(利用限度額が50万円超の場合)の画像を登録します。
STEP
カードローン口座開設
みずほ銀行の口座を持っていてインターネット申し込みを行なった場合は、自動的にキャッシュカードにカードローン機能も付帯します。そのため、カードローン開設完了のメールとともにキャッシュカードを利用して借り入れができるようになります。

口座を持っていなくてもWEB申込可能!口座も同時開設!

みずほ銀行の口座を持っていない方は、カードローン申し込みと同時に口座開設も申し込んでおきましょう!

STEP
申し込み
申し込み時点で口座開設の手続きも行ないましょう。
STEP
必要書類
本人確認書類や収入証明書(利用限度額が50万円超の場合)の画像を登録します。
STEP
審査
みずほ銀行ならびに保証会社による所定の審査があります。
STEP
在籍確認
保証会社による職場への在籍確認の電話連絡が行われます。
STEP
審査結果
審査結果は入力したメールアドレス宛に回答されます。
STEP
通帳受け取り
本人以外は受け取ることができない本人限定受取郵便で送付されます
STEP
カードローン口座開設
し急いでいる場合は、みずほ銀行の窓口でカードローンおよび普通預金口座の開設を申し込むと早く手続きが終えられます。 窓口に行けば即日で口座の開設が行なえるため、口座を持っている方と同じように1週間ほどで融資を受けることが可能です。文

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2〜3営業日不要

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2〜3営業日不要

審査に必要な提出書類

審査に必要な書類は、本人確認書類収入証明書2種類です。WEB完結申し込みの場合は、希望限度額が200万円以内であれば書類提出は一切不要となります。

⚫本人確認書類

・運転免許証(*1)
・運転経歴証明書(*1)(*2)
・パスポート(写真および住所のページ)
・各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
・印鑑証明書(*3)
・住民票(*3)
・特別永住者証明書(*1)(*4)
・在留カード

*1:変更事項がある方については両面とも用意してください。
*2:2012年3月31日以前の発行分は本人確認書類としての取り扱いはできません。
*3:発行後3か月以内のものを用意してください。
*4:外国人登録証明書は一定期間、特別永住者証明書とみなされます。

注意
・本人確認書類は氏名・住所および生年月日が記載されているものに限ります。
・外国人の方は永住許可を受けていることが確認できる書類を提出してください。

⚫収入証明書 ※利用限度額が50万円超の場合

・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書(*1)
・納税証明書(その1・その2)(*2)

注意
個人事業主、会社経営者の方は(*1)または(*2)のいずれかに限ります。

納付した税額を証明する「その1」と所得金額を証明する「その2」がありますので、両方とも準備しておきましょう。

返済・借入ができるATM紹介と取引可能時間

全国のみずほ銀行や提携金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニなどのATMでご利用いただけます。

以下には、みずほ銀行とコンビニATMの取引可能時間をまとめました。自分が理想としている借入や返済ができるか確認してみてください。

火~金
みずほ銀行
ATMコーナー
7時00分~24時00分終日0時00分~22時00分 *18時00分~21時00分
コンビニATM
(イーネット、ローソン銀行、セブン銀行)
終日終日0時00分~22時00分 *18時00分~21時00分

*1 第1・4土曜日の3時00分~5時00分まではご利用いただけません。

※キャッシュカード兼用型を利用の場合、利用できない取引あります。詳しくは公式サイト「各ATMのご利用可能なお取引内容について」を確認ください。

借入後の不安を解決!返済方法と返済額確認方法

みずほ銀行のカードローンで借入をした際に返済はどうなるの?という不安を解決しておくと、申込時も安心ですよね!

申込前に必ず、確認しておきましょう!

返済方法は口座引き落としのみ

毎月の返済は毎月10日に指定のみずほ銀行普通預金口座から引き落としのみです。

ATMでは任意返済が可能

任意返済を行った場合も毎月10日にみずほ銀行の返済用普通預金口座から貸出残高に応じた金額が自動引き落としとなります

返済額は利用残高に応じて変化

返済額は毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)現在の利用残高に応じて、翌月の返済額が決定します。

利用限度額が200万円以上の場合
※2012年7月31日以前の契約の場合は異なります。
左記に該当しない場合
前月10日の利用残高毎月の返済額前月10日の利用残高毎月の返済額
2千円未満前月10日の利用残高2千円未満前月10日の利用残高
2千円以上~20万円以下2千円2千円以上~10万円以下2千円
20万円超~40万円以下4千円10万円超~20万円以下4千円
40万円超利用残高が20万円増すごとに2千円を追加20万円超利用残高が10万円増すごとに2千円を追加

利用残高の確認方法

利用残高を確認する方法は3つあります。
それぞれ、詳しく以下に紹介するので、自分に合った方法で確認してください。

■ATM

キャッシュカード兼用型でカードローン専用型のどちらでもATMから利用残高を確認ができます。詳しい操作方法は公式サイトを参照してください。

■みずほダイレクト[インターネットバンキング]

インターネットバンキングにログイン後、メインメニューの「残高照会」から確認ができます。操作方法について、詳しくは「残高照会(ご利用ガイド)」を参照してください。

■電話

本人確認のため、みずほダイレクトご利用カードもしくは普通預金通帳を用意の上、以下の連絡先に問い合わせしてください。

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
0120-324-555
商品内容・借入残高のご確認・返済方法については[2] 受付時間:平日 9時00分~17時00分
※12月31日~1月3日、祝日・振替休日はご利用いただけません

気になるPOINT 「返済額は自分で決められる?」

利用者が自分で決める事はできません。返済日(10日)に返済額を用意できなさそうな場合や返済額についての質問は、上記みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに問い合わせしてください。

返済シミュレーションも活用して借入前に計画を立てよう!

みずほ銀行のローン返済シミュレーションでは、3つのシミュレーションが用意されています。自分の知りたい情報に合わせて利用してください。

用意されているシミュレーションの種類は、

  • 返済期間シミュレーション
  • 返済回数シミュレーション
  • 返済金額シミュレーション

申込み・契約前から誰でも無料で利用することができるので、借入前の返済計画に役立ててくださいね!

みずほ銀行カードローン返済シミュレーションのページはこちら

借り換えにおすすめできるほど「低金利!」

みずほ銀行カードローンは銀行カードローンの中でも低金利で、借り換えを希望する方にもおすすめの商品です。

銀行金利
みずほ銀行年2.0%~14.0%
三菱UFJ銀行年1.8%~14.6%
三井住友銀行年1.5%~14.5%
横浜銀行年1.5%~14.6%
楽天銀行年1.9%~14.5%

最低金利は年2.0%となっていますが、住宅ローンの利用でみずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げになり、引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%ですから、かなりお得ですよね。

また、最高金利はどの銀行よりも低く、最高金利になったとしてもかなりお得に利用できることがわかります!

【まとめ】みずほ銀行カードローンは安心感がある低金利な商品!

大手銀行が取り扱いしている商品なので、かなり安心して利用することができますよね。低金利なので、借入したのにも関わらず、返済ができない・・・金利負担が大きくて返済がきついということも少ないです。

また、みずほ銀行に口座を持っていなくても、申し込みができるので慌てて口座開設の手続きをしなくてもOK!いつでもインターネットから気軽に申し込みすることができます!

この機会に、是非申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要・WEB完結担保・保証人
2〜3営業日不要

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額金利融資時間
最大800万円年2.0%~14.0%2〜3営業日
審査時間来店不要/WEB完結担保/保証人
2〜3営業日不要