今すぐどうしても30万必要!無職や学生でも審査なしで30万円借りれる?

「どうしても30万円必要で借りたい」
「どの方法で借りたらいいのか迷っている」

20万円、30万円といった大きな金額を借りるとなると、どこから借りるのがいいの?と考えちゃいますよね。

そこで、この記事では30万円借りたい人に向けて

  • 30万円借りる最適な借入先とは
  • 即日融資・審査なしで借りる方法
  • 30万円借りる際の注意点

といった情報をご紹介していきます。

借入先によって「融資までの時間」や「借り入れ条件」が違います。
違いを知らないと、お金を借りられなかったり、損してしまう可能性があるので、注意が必要です!

自分にあったベストな方法を選ぶために、是非、ご覧ください。

この記事の監修者

田中嘉理(たなか・よしみち)氏

ファイナンシャルプランナー(CFP)、1級FP技能士、宅地建物取引士、証券外務員一種 早稲田大学卒業後大手損害保険会社に30年間勤務し、その後地元福岡にU ターンして大手来店型保険ショップ本社に3年間勤務する。独立後も生損保事業者の団体に所属しながら保険事業者に対してコンサルタント等を行っている。FPとしてはセミナーや相談業務等を行いながら消費者のニーズを吸い取り、保険を販売しない中立的な立場で保険事業者と消費者の最良の関係を築くことを目標に活動している。

30万円借りる最適な方法とは?

30万円借りるならカードローンがおすすめです。

カードローンは、銀行や消費者金融が提供している個人向けの融資サービスです。
ローンカードやアプリを使って、利用限度枠の範囲内なら何度でも繰り返し借りることができます。

  • 担保や保証人が不要
  • 借りたお金の使い道が原則自由
  • 手続きが簡単

といったことなどが、30万円の借入先として勧める理由です。

銀行カードローンと消費者金融どっちがいい?

それでは、銀行カードローンと消費者金融のどちらを選べばいいのでしょうか?
両者の特徴を一覧で比較してみましょう。

 銀行カードローン消費者金融
即日融資不可
最短翌日
可能
最短30分
金利低め
年2.0~15.0%程
高め
年3.0~18.0%程
限度額銀行による自主規制あり年収の3分の1まで
※無収入では借りれない

今すぐ30万円必要!という人は、迷わず即日融資に対応している消費者金融を選びましょう。

ただし、消費者金融で借りられるのは年収の3分の1までと法律で決められているので、30万借りるには年収が90万円以上必要です。

急いでいない人や、ご自身に収入がない専業主婦は、銀行カードローンを選びましょう。

銀行カードローンの方が低金利で借りられます。(利息額は後ほど比較しています)

【今すぐ30万円借りる】即日融資対応可の消費者金融系カードローン

即日融資対応可の消費者金融系カードローン

どうしても今日中に30万円借りたいなら、即日融資に対応している消費者金融系カードローンを選んでください!

消費者金融のメリット
  • その日のうちに30万円借りられる
  • 無利息期間があるカードローンを選ぶとお得
  • コンビニ提携ATMや無人店舗ですぐに借りれる
消費者金融のデメリット
  • 金利が銀行カードローンより高めの18%程
  • 年収の3分の1までしか借りられない

消費者金融で30万円借りる場合、基本的に本人確認書類のみで、スマホから簡単に手続きできます。コンビニの提携ATMや無人店舗ですぐに融資をうけられます。

ここからは、安心して借りれる大手の消費者金融カードローンをご紹介していきます。

プロミス

おすすめポイント

・大手消費者金融ではもっとも低い金利
・WEBなら最短1時間融資が可能
・WEB完結で郵送物なしのカードレス
・はじめての利用なら30日間無利息サービス※
・瞬フリサービスなら最短10秒で振込キャッシング

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

24時間申込み可能!最短30分融資!

融資限度額融資時間審査時間
最大500万円最短30分最短30分
無利息期間WEB完結収入証明書
30日間※1不要※2

※①メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※②未成年の方や借入金額によって必要になります。

おすすめポイント!
  • 申込みから最短30分融資が可能!
  • WEB完結だから来店&郵送物なし!
  • 初めての方限定で30日間利息が0円!

SMBCモビット

おすすめポイント

・大手消費者金融ではもっとも低い金利
・WEB完結申込みだと電話連絡なしで借りれる
・返済するごとにTポイントが貯まる
・提携ATMの手数料が0円で利用できる

SMBCモビット

10秒簡易審査でバレずに借入可能!

融資限度額融資時間審査時間
最大800万円最短1時間※110秒簡易審査
無利息期間WEB完結収入証明書
なし不要※2

※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

※②50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • 誰にもバレずに借りたい方必見!
  • WEB完結/電話連絡、郵送物なし
  • 申込~借入まで誰とも顔を合わせない

アイフル

おすすめポイント

・来店不要ですべてWEB完結できる
・はじめての利用なら30日間無利息
・カードの配達時間指定サービスがある
・女性専用ダイヤルが設けられており対応が丁寧

アイフル

24時間申込み可能!最短25分融資!

融資限度額融資時間審査時間
最大800万円最短30分1秒簡易審査
無利息期間WEB完結収入証明書
30日間不要※1

※①50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • 申込みから最短25分で融資が可能!
  • WEB完結だから来店&郵送物なし!
  • 電話連絡で在籍確認を回避可能!

ここで紹介している消費者金融カードローンなら審査に通れば、すぐにキャッシングまたは振込が可能です。

消費者金融ごとに受付時間が異なるので、うっかりミスがないように事前に調べておきましょう。

消費者金融については消費者金融おすすめ人気ランキング|審査・金利・目的別に一覧で比較!初めてでも安心で詳しく紹介しているので合わせて参考にしてください。

【金利を抑えて30万円借りる】おすすめ銀行カードローン

30万円を借りるのにおすすめ銀行カードローン!

銀行カードローンは、即日融資には対応していませんが消費者金融よりも低めの金利での借入が可能です。

急いで30万円借りる必要がない人は、銀行カードローンも検討してみましょう。

銀行カードローンのメリット
  • 低金利で借りられる
  • 来店不要で手続き、コンビニ提携ATMで借りれる
  • 銀行という安心感がある
銀行カードローンのデメリット
  • 即日融資が受けられない
  • 審査が厳しめの傾向がある

それでは、代表的な銀行カードローンをご紹介していきます。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

おすすめポイント

・インターネットから申し込む→テレビ窓口でカード受け取りを希望の場合は、審査回答後(申し込みから最短翌営業日)に受け取り可能
・口座開設不要&提携ATM手数料無料で利便性が高い
・低年収(アルバイト)でも利用者が多い

※2022年3月31日(木)をもって、テレビ窓口での新規申込受付を終了しております。

三菱UFJ銀行

土日祝日24時間申込OK!

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
融資限度額融資時間審査時間
最大500万円-最短翌日営業日
無利息期間WEB完結収入証明書
※1必要※2

※①お申込みまで

※②50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • 三菱UFJ銀行・提携コンビニATM利用手数料0円!
  • WEBで完結!借入金を口座に振込み!
  • 口座がなくても申込可能!

auじぶん銀行カードローン

おすすめポイント

・ほかの銀行カードローンきっての低金利
・インターネットから24時間いつでも来店・郵送不要で申し込み可能
・auじぶん銀行の口座を持っている人は優待金利あり

auじぶん銀行

au IDで金利がさらに0.5%優遇!

※通常金利

融資限度額融資時間審査時間
最大800万円最短翌日以降最短翌日以降
無利息期間WEB完結収入証明書
不要※1

※①50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • ネット銀行ならではの安心低金利!
  • 手続きはスマホで完結!
  • au IDをお持ちの方はさらに0.5%金利優遇!

審査通過するために知っておきたい審査基準チェックリストを「カードローンの審査が不安でも大丈夫!審査内容と通りやすくするためのコツを徹底解説」で紹介しています。確実に30万円借りるためにも、前もってチェックしておきましょう。

では、次からは30万円を借りたい人が疑問に不安を感じる事について解説していきますので、お時間のある方はミスをしないためにも目を通しておきましょう。

はじめてのカードローン利用で30万円借りれる?

はじめてのカードローン利用で30万円借りれる?

「はじめてカードローンに申し込む人でも30万円借りれる?」

答えはYESです。

消費者金融は最初の限度額が小さいですが、銀行カードローンなら総量規制の対象外のため高額な借り入れが可能です。

審査にさえ通れば、はじめてのカードローン利用でもまとめて30万円を借りる事ができます。

30万円を審査なしで借りる事は可能?

30万円を審査なしで借りる事は可能?

カードローンを利用して30万円借りたい人には、審査に不安があり審査なしの金融機関をしりたい、今すぐお金が必要だから無審査がいいといった場合があると思いますが、審査をおこなわないで貸付をおこなっている金融機関はありません。

もし審査なしで30万円を借りる方法を探しているようでしたら、カードローンではない方法をさがす必要があります。

ただ信用情報に事故歴などがない限り、借入できる可能性は十分にありますので、まずは消費者金融カードローンの簡易審査などで通る可能性があるか確認してみる事を検討してみましょう。

審査に通らない理由など詳しい情報は下記ページで解説しています。

カードローン以外で30万円借りる方法

カードローン以外で30万円借りる方法

カードローンは無担保・連帯保証人なしで借りれるので、もっとも手軽なお金の借り方といえます。

でもイメージ的にカードローンに抵抗がある人もいますよね。

そこでカードローン以外で30万円借りる方法としておすすめなのは、キャッシング付きクレジットカードを利用する方法です。

お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついていれば、「30万円貸して下さい」と申し込みしなくても、提携ATMなどから現金を借りることができます。

ほかにも「自動車を購入する際の頭金」や「病気による治療費や入院費」など目的がハッキリしている支払いなら、目的別ローンも選択肢として取り入れてみてください。

30万円借りる場合の利息と計算方法

30万円借りる場合の利息と計算方法

カードローンを利用する場合は、実際に借りた金額とは別に金利による利息を支払わなければなりません。

では、どうやって利息は計算されるのか?

ここでは30万円を借りた場合の完済までに支払う利息を確認していきましょう。

30万円を借りた場合の利息の比較表と計算方法

まずカードローンの利息計算は、下記の計算式を使って算出します。

借入額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借入期間(日数) = 利息額

たとえば1年間30万円を借りた場合の利息額を比較してみます。

【例】
借りる金額:30万円
借りる期間:1年間(12回払い)

カードローン金利月々の返済額利息額
プロミス17.8%27,475円29,701円
SMBCモビット18.0%28,000円29,074円
アイフル18.0%28,000円29,383円
みずほ銀行カードローン14.0%29,559円25,146円
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
14.6%27,020円24,245円

※各カードローンの返済シミュレーションで出した結果

銀行カードローンのほうが利息額は低いですが、消費者金融は30日間の無利息期間を設けているため、比較表の利息額から無利息になる30日分が差し引かれます。

よって借りる期間が1年以内なら、消費者金融でも、銀行カードローンでも同じくらいの合計利息額で借りられます!

ただし借りる期間が2~3年以上になってくると、銀行カードローンのほうがトータルの利息額は安くなります。

30万円借りたときの毎月の返済金額

30万円借りたときの毎月の返済金額

上記では利息の計算方法を紹介してきましたが、返済金額の算出方法は利息とは異なります。

ほとんどの大手カードローンは「残高スライドリボルビング方式」を採用しており、借入残高に応じて毎月の返済金額が変動(スライド)する仕組みです。

よく「リボ払い」と略して、一般的には用いられています。

30万円を借りた場合の月々の返済方法と返済金額

この返済方法は、「元利」「元金」「定額」「定率」を組み合わせた4種類にわけられます。

とくに多く利用されているのが「残高スライド元利定額リボルビング方式」で、毎月一定の返済額を支払っていきます。

返済がすすむにつれて借入残高は減少していくので、あわせて毎月の利息額も減っていきます。

こちらでは変化がわかりやすいように、プロミスで1年間30万円を借りた場合の返済額と利息額を見ていきましょう。

【例】
プロミス
借りる金額:30万円
借りる期間:1年間(12回払い)

回数返済額元金利息額借入残高
1回27,475円23,025円4,450円276,975円
2回27,475円23,367円4,108円253,608円
3回27,475円23,714円3,761円229,894円
4回27,475円24,065円3,410円205,829円
5回27,475円24,422円3,053円181,407円
6回27,475円24,785円2,690円156,622円
7回27,475円25,152円2,323円131,470円
8回27,475円25,525円1,950円105,945円
9回27,475円25,904円1,571円80,041円
10回27,475円26,288円1,187円53,753円
11回27,475円26,678円797円27,075円
12回27,475円27,075円401円0円
329,701円300,000円29,701円0円

※プロミスの返済シミュレーションで出した結果

残高スライドリボルビング方式は、借入期間が長いと利息負担が大きくなってしまうので要注意です。

特に多く利用されている残高スライド元利定額リボルビング方式では毎月最低返済額を定額で返済できるので無理なく返済できると感じている人が多いみたいですが、この点が大きな問題点なのです。

毎月の返済額が少ないということはその分利息を多く支払っているということで、毎月楽な分はその分総返済額は増えているということを強く認識すべきです。

安易に短期的な楽さだけを感じているとさらに借金を重ね結果的に返済に苦しめられ自己破産まで追い込まれる可能性さえあります。

最初にいつまでに完済するか借入期間は決めておきましょう。

学生が30万円を借りることはできる?

学生が30万円を借りることはできる?

学生で30万円が必要な状況としては、奨学金が支給される前に学費の支払いが発生するケースが考えられます。

「入学までにかかる費用があと30万円足りない…なんとかして借りたい」

進学の費用をサポートする手段として、奨学金の制度を利用する学生は多いです。

しかし奨学金は入学してからの支給となるため、入学金などの学費が用意できずに困っている学生が多く存在します。

そこで学生でも安心して30万円借りられる方法を紹介していきます。

学生ローンの利用を考える

学生が手軽に借りるなら、学生専用の「学生ローン」を利用するのがおすすめです!

学生ローンを取り扱う店舗は高田馬場に集中しており、インターネットから申し込みができて契約も来店不要の学生ローンが一般的です。

未成年でも一部利用ができ、学生が相手なので審査に通りやすいのが特徴です。

親バレせずに利用可「イー・キャンパス」がおすすめ!

学生ローンのイー・キャンパス

学費を払って生活が苦しいならカードローンを活用

もし学費や授業料を支払って生活が苦しくなったら、学生でも借りれるカードローンをうまく活用するのも手です。

ただしアルバイト収入などの安定した収入がないと利用NGなので注意してくださいね。

こちらで学生におすすめのカードローンを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ブラックでも30万円を借りる中小消費者金融

ブラックでも30万円を借りる中小消費者金融

よく口コミサイトでも「ブラックでも借りれるカードローン」を検索している人は多いですよね。

たとえブラックであっても、30万のまとまったお金を借りることは難しくありません。

ただし信用情報の状態よってはかなり厳しいので、不安があるのであれば中小消費者金融の利用を検討してみてください!

セントラル

セントラル

WEBから当日最短融資が可能!

セントラル
融資限度額融資時間審査時間
最大300万円最短即日最短30分
無利息期間WEB完結収入証明書
30日間不要※1

※①50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • WEBから即日融資が可能!
  • WEB完結だから来店&郵送物なし!
  • 初めての利用の方は30日間金利0円!

まとめ

まとめ

最後に、お伝えしてきた30万円借りる方法を簡単にまとめていきます。

今すぐ借りたいなら消費者金融系カードローン

消費者金融のおすすめカードローンに戻る

もし30万円を1年で返済するなら消費者金融がおすすめです!
銀行に比べて審査が比較的甘いのと、大手の消費者金融の場合は、
30日間無利息サービスがあるので銀行と同水準の利息額での返済ができます。

確実に希望の30万円を借りるなら銀行カードローン

銀行のおすすめカードローンに戻る

もし30万円を3年で返済するなら銀行カードローンがおすすめです!
たとえば3年間(36回払い)の場合では、同じ30万円を借りるにしても消費者金融より17,000円程度安くなります。

30万円をすぐに稼ぐのは難しいので、賢くカードローンを利用して計画的に返済していくのがおすすめです。

余裕ができたら、積極的に繰り上げ返済をしていくと返済金額が予定よりも少なくなって大変お得になりますよ!

もし30万円借りれるか不安な人は、もっと少額から検討してみてはいかがでしょうか。

↓5万円借りるならこちら↓

↓10万円借りるならこちら↓

借りれるなら30万円よりも高額を検討したい場合は、50万円・100万円も視野に入れてみてください。

↓50万円借りるならこちら↓

この記事の監修FPのコメント

名前田中嘉理(たなか・よしみち)
所属FP事務所 ビジネス&ライフサポート代表
監修FPのコメントクレジットカードを使用していて問題のある人とは何となく不安、または大丈夫だろうという漠然とした気持ちで使用し続けている人です。 クレジットカードの使用状況は把握しておくべきです。それは1ヶ月単位の家計の収支を把握することです。 そのやり方は毎日家計簿をつけることですが、面倒くさいという人は支出した領収書を1ヶ所に溜めておいて時間のあるときに整理してもいいでしょう。1ヶ月分のクレジット支払いを除いた収入と支出をノートなどに書き出します。そして、収入-支出を算出します。それが例えば3万円とすれば、それに対してのクレジット支払いの額の割合を出してみるのです。それが3割以内ならとりあえず安全圏でしょう。7割以上、ましてや10割以上、すなわち毎月赤字だったら早急に家計の改善が必要です。
>田中嘉理氏の詳細はこちら