お金借りる知っ得こと!最短即日でお金を借りたい人にベスト方法を解説!

お金借りる知っ得こと!今すぐ即日でお金を借りたい人にベスト方法を解説!

一言でお金を借りるといっても方法はさまざまで、どれが自分にあった借り方なのか?どんな理由で借りる事ができるのか疑問ですよね。

お金を借りる際には、金利の低いカードローンを利用する方法から、国の制度を利用する方法など、あなたの状況によって最も適した方法があります。

この記事では、いまからお金を借りたいという人に向けて…

  • 低金利・即日でお金を借りれるおすすめローン
  • お金を借りられない(審査に通らない)場合の解決策
  • 絶対に手を出しては行けない闇金の危険性と対策

といった情報をご紹介していきますので、お金を借りたいけど借方がわからないという人、無職でも借りる事ができるか知りたいという人も、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の監修者

内山貴博(うちやま・たかひろ)氏

ファイナンシャル・プランナー(CFP®、1級FP技能士) MBA(九州大学大学院経済学府 経営修士課程修了) 九州共立大学経済学部非常勤講師 大学卒業後、証券会社の本社部門に勤務後、2006年に独立。FP相談業務を中心に、セミ ナー、金融機関研修、FPや証券外務員の資格対策講座などを担当。専門誌や情報サイト での執筆も。 また、中小企業の経営者向けに経営と家計を融合したコンサルティング業務や、日本での 生活やお金のことに疑問を抱える外国人向けのFP相談業務(英語)を開始するなど、FP としてできることは何でも挑戦すべく、日々活動中。

銀行系カードローンなら低金利で借りられる

「低金利のカードローンを利用したい」という方におすすめなのが、銀行系カードローン。

プロミスやアコムなどの消費者金融よりも低金利で借りることができるので、最終的に支払う利息を大幅に抑えることができます。

ちなみに、銀行系カードローンと消費者金融の金利の違いは以下の通り。パッと見ただけでも金利の違いは明白ですね。

銀行系カードローン金利
J.Score(ジェイスコア)0.8%~12.0%※1
みずほ銀行カードローン年2.0%〜年14.0%
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)年1.8%〜年14.6%
オリックス銀行カードローン年1.7%〜年17.8%
消費者金融金利
アコム年3.0%〜年18.0%
プロミス年4.5%〜年17.8%
アイフル年3.0%〜年18.0%
レイクALSA年4.5%〜年18.0%

(※1)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

このように、消費者金融と銀行系カードローンでは、3.0%〜4.0%ほど金利に違いがあります。

特に長期的に返済する場合は、少しの金利の違いが支払う利息に大きく影響してくるので、少しでも利息を抑えたい方は、なるべく銀行系カードローンを利用するようにしましょう。

以下では低金利で利用できる銀行系カードローンの中でも、人気のカードローンを紹介しますので、ぜひ検討してみてください。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

「早めに融資して欲しいけど、消費者金融を利用するのは不安…」という方におすすめなのが、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)。

三菱UFJ銀行カードローンは銀行カードローンにも関わらず、最短翌営業日に融資可能。消費者金融並のスピード融資が魅力です。

また、提携ATM手数料、振込手数料が無料なのも嬉しいポイント。一回にかかる手数料は大した金額ではないかもしれませんが、長期的に見ると結構な額になるので、余計な出費を抑えられるのは大きいです。

土日祝日24時間申込OK!

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
融資限度額融資時間審査時間
最大500万円-最短翌日営業日
無利息期間WEB完結収入証明書
※1必要※2

※①お申込みまで

※②50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • 三菱UFJ銀行・提携コンビニATM利用手数料0円!
  • WEBで完結!借入金を口座に振込み!
  • 口座がなくても申込可能!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、ネット銀行ならではの申込みやすさが特徴。口座開設不要で24時間いつでもネットから簡単に申込むことができます。

また、1,000円単位で借入ができるので、「ほんの少しだけ生活費が足りない」という場面で使いやすいカードローンです。

利用できるATMも全国に10万台以上あるので、出張や旅行の際も安心ですよ。

保険付きプランも選択可能!

オリックス銀行カードローン
融資限度額融資時間審査時間
最大800万円数日数日
無利息期間WEB完結収入証明書
50万円以下不要

※審査の結果、ご利用限度額が50万円以下の場合でも提出をお願いする場合があります。

おすすめポイント!
  • 提携ATM利用手数用0円!
  • がん保障特約付きプランも選択可能!
  • 申込みからご利用までWEB完結!

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行は三菱UFJ銀行とKDDIが共同で運営している銀行です。auIDを持っている方には「au限定割」があるので、金利が優遇されて大変お得!毎月の返済額は1,000円から可能なので生活に負担なく借り入れできます。

申込みから融資までWEB完結できるのも魅力。来店する必要がないので、普段忙しい方でも気軽に利用することが可能です。

au IDで金利がさらに0.5%優遇!

※通常金利

融資限度額融資時間審査時間
最大800万円最短翌日以降最短翌日以降
無利息期間WEB完結収入証明書
必要※1

※①収入証明書 要 ※借入可能金利額が60万円以上の場合

おすすめポイント!
  • ネット銀行ならではの安心低金利!
  • 手続きはスマホで完結!
  • au IDをお持ちの方はさらに0.5%金利優遇!

即日でお金を借りるなら消費者金融

「今すぐお金を用意しなきゃいけない…」という時に便利なのが、即日融資に対応した消費者金融の存在。

消費者金融なら担保や保証人がいらないので気軽に利用できますし、申込んだその日にお金を借りることができますよ。

以下では、数ある消費者金融の中でも、特に利用されている人気の消費者金融を紹介するので、お急ぎの方はぜひ検討してみてください。

プロミス

プロミスは申込みから最短30分融資、審査は最短30分なので、お急ぎの方でも安心して利用できる消費者金融です。

初めて借りる際は30日間利息0円!すぐに返済できるなら、利息を一切払わずにお金を借りることもできます。

プロミス人気の理由

  1. 24時間いつでもスマホで申し込める!
    スマホやパソコンさえあれば、好きな時間に好きな場所で申し込みOK。
  2. 手続きは超カンタン!最短30分で借りれる!
    限度額50万円以内なら免許証だけでお金を借りられます!面倒な準備もなくすぐに借り入れできます。
  3. 24時間いつでも振込OK!
    土日祝日・夜間も関係なく、全国200の金融機関で振込可能です。

専用のアプリを使って全国のセブン銀行ATMから入金・出金できるなど、利便性も抜群。WEB完結なので、来店する手間もかからず気軽に利用することができますよ。

24時間申込み可能!最短30分融資!

融資限度額融資時間審査時間
最大500万円最短30分最短30分
無利息期間WEB完結収入証明書
30日間※1不要※2

※①メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※②未成年の方や借入金額によって必要になります。

おすすめポイント!
  • 申込みから最短30分融資が可能!
  • WEB完結だから来店&郵送物なし!
  • 初めての方限定で30日間利息が0円!

SMBCモビット

「周りの人にバレずにカードローンを利用したい」という方には、SMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申込なら、WEB完結なら電話連絡なし、郵送物なしでお金を借りられるので、誰にもバレずにお金を借りることができますよ。

また、申込みから10秒で簡易審査の結果が表示されるので、お急ぎの方や「審査結果を早く知りたい!」という方にも人気の消費者金融です。

また、10秒簡易審査の結果が表示されたら、その場でフォームを埋めることをおすすめします。

すぐに審査対応をしてくれるので、即日融資の可能性がグッと高まりますよ!

10秒簡易審査でバレずに借入可能!

融資限度額融資時間審査時間
最大800万円最短1時間※110秒簡易審査
無利息期間WEB完結収入証明書
なし不要※2

※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

※②50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • 誰にもバレずに借りたい方必見!
  • WEB完結/電話連絡、郵送物なし
  • 申込~借入まで誰とも顔を合わせない

学生がお金借りる方法

「学生だとお金を借りるのは難しそう…」と考えている方も多いかと思いますが、意外とそんなことはありません。アルバイトさえしていれば、以下のローンを利用してお金を借りることができます。

  • 学生ローン
  • 消費者金融
  • 銀行カードローン

ただし、銀行カードローンや消費者金融は、利用条件のひとつに「20歳以上の方」という条件を設けているので、20歳未満の方は学生ローンの利用を検討しましょう。

学生ローンの中には未成年の方でも利用できる学生ローンもありますし、アルバイト先や親にバレないような配慮をしてくれるケースもあります。

逆に20歳以上の方であれば、消費者金融や銀行カードローンでも利用可能。とはいえ、借入先によっては学生が利用できないこともあるので注意してください。

プロミス

大手消費者金融のプロミスは、収入さえあれば学生でも借り入れができます。

特に、プロミスは銀行カードローンや学生ローンにはない「初回30日間利息0円サービス」を使えるのが大きなメリット。1ヶ月以内の一時的な融資であれば、高額な利息を払わずお金を借りれますよ

18歳以上でアルバイトをしている学生は、ぜひプロミスの30日間利息0円サービスを活用しましょう!

24時間申込み可能!最短30分融資!

融資限度額融資時間審査時間
最大500万円最短30分最短30分
無利息期間WEB完結収入証明書
30日間※1不要※2

※①メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※②未成年の方や借入金額によって必要になります。

おすすめポイント!
  • 申込みから最短30分融資が可能!
  • WEB完結だから来店&郵送物なし!
  • 初めての方限定で30日間利息が0円!

無職でもお金を借りる制度と方法

収入がない無職の方は、カードローンなどの金融機関を利用することができません。

ただ、決してどこからも借りれないというわけではなく、国の公的制度を利用すれば無職の方でもお金を借りることが可能です。以下で詳しい内容をみていきましょう。

国や市役所から借りる

現在無職の方は、公的な制度を利用することでお金を借りることができます。利用できる具体的な制度は大きく分けて以下の3つです。

  • 職業訓練受講給付金
  • 求職者支援資金融資制度
  • 生活福祉資金貸付制度

「職業訓練受講給付金」はその名の通り、無職の方が職業訓練を受けることで得られる給付金。「それだけだと足りない…」という方を対象に、「求職者支援資金融資制度」があります。

また、ハローワークなどで積極的に仕事を探している方は、「生活福祉資金貸付制度」を使ってお金を借りることも可能です。

「職業訓練受講給付金」や「求職者支援資金融資制度」は、ハローワークから、「生活福祉資金貸付制度」は住んでいる地域の社会福祉協議会で申込むことができます。

専業主婦は銀行カードローンや配偶者貸付

収入がない専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入さえあれば、以下の金融機関からお金を借りることができます。

  • 専業主婦からの申込みに対応している銀行カードローン
  • 配偶者貸付を採用している消費者金融

ちなみに「配偶者貸付」とは、配偶者と合わせた収入の3分の1まで借りられる制度のこと。

通常、消費者金融などの貸金業者は、総量規制(年収の3分の1までしか借りられないルール)があるので、収入がない専業主婦の方は利用することができません。

ただ、配偶者貸付を導入している消費者金融なら、自身に収入がなくても配偶者に収入があれば借りられる、という仕組みです。

とはいえ、配偶者貸付を導入している消費者金融はかなり限られるので、「即日融資して欲しい」という事情がない限りは、銀行カードローンを検討することをおすすめします。

年金受給者は年金担保融資

年金受給者の方であれば、その年金を担保にすることで以下の機関からお金を借りることが可能です。

機関名対象の方
独立行政法人福祉医療機構国民年金、厚生年金などを受給している方
株式会社日本政策金融公庫共済年金や厚生年金(共済組合が支給する厚生年金に限る)を受給している方

ただし、独立行政法人福祉医療機構が行なっている年金担保融資は、2022年3月末に申込み受付を終了することが決まっています

2022年3月末までは通常通り申込むことができるので、検討している方はなるべく急ぎましょう。

また、上記以外でも、年金受給者向けのカードローンを提供している銀行もあります。特に地方銀行がよく取り扱っているので、お近くに地方銀行がある方は一度カードローンの内容を確認してみてください。

審査なしでお金を借りられる金融業者はある?

残念ながら、審査なしでお金を借りられる金融業者は存在しません正規の業者では必ず審査を行なっています。

逆に、審査なしで融資しているような業者は違法業者なので、利用しないように注意しましょう。

どうしても審査が不安、審査に通らないなら、中小消費者金融などの審査が甘い金融業者がおすすめです。

中小消費者金融は審査が柔軟

小規模に営業する中小消費者金融は審査が柔軟なので、大手消費者金融の審査に通らなかったときに検討したい選択肢です。

大手ほどの知名度はありませんが、全国からの申込みに対応、業者によっては即日融資にも対応しています。

いつもフリーローン

「いつものフリーローン」は高知県にある㈱K・ライズホールディングスが運営しているキャッシングサービスです。主婦やアルバイトの方もご自身の免許証だけで申し込みができます。

24時間いつでもスマホやネットから申し込みができるので、「お金がちょっとだけ足りない」という時にも大変便利です!

アロー

アローは名古屋に本社を置く中小消費者金融です。審査も柔軟で早く、最短45分で審査が完了します。最短即日融資にも対応しているため、今日中にお金が必要な方にもおすすめです。

融資限度額も200万円と高額なので、大手のキャッシング審査に落ちてしまった人はアローに申し込んでみてはいかがでしょうか?

スピード審査で最短即日振込!

アロー
融資限度額融資時間審査時間
最大200万円最短即日最短45分
無利息期間WEB完結収入証明書
30日間不要※1

※①50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • 事前にカンタン3秒診断!
  • WEB完結なら来店&郵送物なし!
  • 初めての利用の方は30日間利息0円!

セントラル

中小消費者金融のセントラルは、特に使い勝手がいいことで人気の消費者金融です。WEBから申込み・契約可能、即日融資にも対応しています。

また、専用のローンカードを使って、全国のセブン銀行ATMで借入や返済が可能など、大手消費者金融にも劣らない利便性を誇っていることでも評判。

もちろん、中小消費者金融ならではの柔軟な審査を行なってくれるので、「大手消費者金融の審査に落ちてしまった…」という方は、真っ先に検討したい消費者金融です。

WEBから当日最短融資が可能!

セントラル
融資限度額融資時間審査時間
最大300万円最短即日最短30分
無利息期間WEB完結収入証明書
30日間不要※1

※①50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • WEBから即日融資が可能!
  • セブン銀行ATMが利用できる!
  • 初めての利用の方は30日間金利0円!

審査に通らないときにお金を借りる手段

いくら審査に通りやすい金融業者でも、審査が行われる以上は、審査に落ちてしまう可能性もあります。

とはいえ、他にお金を借りる方法がないわけではありません。
以下では、「もうどこの審査にも通らない…」という方に向けて、審査なしでお金を借りる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

質屋で借りる

質屋であれば、担保となる品物の査定額に応じたお金を、審査なしでその場で借りることができます。

査定にかかる時間は大体30分ほどなので、「即日でお金を用意する必要がある」などの事情がある方でも安心ですよ。

ただし、月に3%〜5%ほどの金利がつきますし、返済できないと質流れで預けた品物を手放すことになるので、よく考えてから利用するようにしましょう。

クレジットカードでキャッシング

手持ちのクレジットカードにキャッシング機能がついている場合は、審査なしですぐに借入することが可能です。

ただ、クレジットカードにキャッシング機能がついていない場合は、新たにキャッシング機能をつけるために、審査を受ける必要があるので注意しましょう。

キャッシング付きクレジットカードで人気の高いカードは下記になります!

カードを受け取ったらすぐにクレジットカードとしても使えますし、キャッシング機能が使えるので、急に現金が必要になった時も安心。即日発行にも対応しているので、お急ぎの方にもおすすめです。

年会費無料、最短即日発行!

ACマスターカード
融資限度額融資時間審査時間
最大800万円最短即日最短30分
無利息期間WEB完結収入証明書
不要※1

※①50万円を超える借入や借入総額が100万円を超える場合は必要です。

おすすめポイント!
  • 最短即日、スピード発行!
  • クレジット機能がついて年会費無料!
  • リボ払い専用カードでお支払いが楽!

銀行の総合口座で借りる

一般的な銀行で総合口座を開いている人は、定期預金を担保にすることで、普通預金口座に残高がなくてもお金を引き出すことができます。

定期預金口座に一定額預けていることが前提となりますが、この方法なら未成年でも審査なしでお金を借りることができますよ。

当然、普通預金残高はマイナスとなり、その分利息が生じますので、余裕ができたら早めに預入し、マイナスを解消してください。

生命保険で借りる

生命保険に加入している方なら、「生命保険契約者貸付」という制度を使ってお金を借りる選択肢もあります。

ちなみに、「生命保険契約者貸付」とは、解約返戻金を担保にして、保険会社からお金を借りられる制度のことです。

解約返戻金のある(途中解約したときにそれまでに払ったお金の一部が返ってくる)タイプの生命保険を契約している方に限られますが、加入している方は審査なしでお金を借りることができますよ。

会社に借りる

勤務している会社が従業員貸付制度を導入している場合は、その制度を使って会社からお金を借りることもできます。

会社によって金利は異なりますが、年2.0%~年4.0%ほどの低金利で利用できるケースがほとんど。カードローンよりも圧倒的に低金利です。

また、公務員の方なら組合の貸付制度を利用することができます。金利は1%前後の低金利で利用することが可能です。

知り合いに借りる

審査なしでお金を借りる方法としては、親や親族、友人、彼氏などの知り合いから借りる選択肢もあります。

とはいえ、人間関係にひびが入る可能性が高いので、あまりおすすめはできません。どうしても知り合いから借りるしかない時は、確実に返済するようにしましょう。

公的制度を利用する

どうしても金融機関の審査に通らない時は、生活保護や生活福祉資金貸付制度、母子父子福祉資金などの公的制度を活用する、というのも一つの手段です。

ただ、どの公的制度を利用できるかは人によって異なるので、まずはお住まいの地域の役所などで相談してみましょう。

危険!やってはいけないお金を借りる方法

最後に「絶対に利用してはいけないお金の借り方」を紹介します。

よくない方法でお金を借りてしまうと、結果的に借金を大幅に増やすことになったり、普段の生活が脅かされてしまうこともあります。特に、誰でも簡単に借りられるような宣伝文句には気をつけましょう。

闇金

闇金は無許可で貸付を行う違法業者です。
利用してしまうと、高額な金利を請求される、個人情報を売りとばされる、などの被害に合ってしまう可能性が非常に高いので、絶対に利用してはいけません。

とはいえ、闇金は正規業者を装うのが上手なので、正規業者なのかどうか見分けられず利用してしまわないか心配ですよね。

そんな時に便利なのが、金融庁の貸金業者登録番号検索です。

正規の貸金業者であれば「貸金業登録番号」が発行されているはずなので、公式サイトなどに掲載されている貸金業登録番号を、貸金業者登録番号検索で検索すると正規業者かどうか判断することができます。

公式サイトなどに貸金業登録番号が掲載されていない、もしくは検索しても違う業者が出てくる場合は、闇金の可能性が高いです。

個人間融資

個人間融資とは、インターネット上の掲示板や、SNSを使った個人間でのお金の貸し借りのことを意味します。

「簡単に借りれた」などという口コミを見かけることもありますが、個人間融資を行なっているのは、そのほとんどが闇金です。

仮に闇金ではなかったとしても、危険な目に遭う可能性が高いので、絶対に利用しないようにしましょう。

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化とは、クレジットカードで買い物した商品やギフト券などを換金し、現金を入手する方法のことです。

中には「違法ではありません」と言いながら、堂々と行なっている業者も存在しますが、クレジットカードの規約違反行為にあたるので、クレジットカードが止められてしまう原因になります。

また、詐欺被害や、闇金に個人情報を売られてしまう危険もあるので、法律に違反していないからといって利用してはいけません。

お金借りるまとめ

今回は、目的・状況別におすすめの借入先や、お金を借りる様々な方法について紹介しました。以下まとめです。

  • 即日融資が希望なら消費者金融
  • 低金利で利用したい方は銀行カードローンがおすすめ
  • アルバイトをしている学生なら、学生ローンや銀行、消費者金融も利用可能
  • 無職でも公的融資制度を利用すればお金を借りられる
  • 専業主婦は銀行カードローン、または配偶者貸付を採用している消費者金融がおすすめ
  • 年金受給者は年金を担保にしてお金を借りられる
  • 審査なしでお金を借りる方法もある
  • 闇金、個人間融資、クレジットカード現金化は利用してはいけない

経済的に困っている方や、お金を借りるのが初めてという方は、どうしても選択肢が狭まってしまいがちですが、ご覧の通り、お金を借りる方法は数多く存在します。

ぜひこの記事を参考に、自分に適切なお金の借り方を探してみてください。

この記事の監修FPのコメント

名前内山貴博(うちやま・たかひろ)
所属内山FP総合事務所株式会社
URLhttps://uchiyama-fp.com/
監修FPのコメント「お金がピンチ」という状況は誰しも考えられます。ただし、「明日お金が必要」、「その日にお金が必要」という具合に、すぐにお金を必要とするケースでは選択肢が限られてきます。日々、あるいは月次単位で収支を意識しておくことが大切です。そうすることで、お金を借りること自体、回避できるかもしれません。また、使う目的がはっきりしている場合は銀行の目的別ローンが低利で有利です。この場合も融資まで数日時間を要すため、いずれにしても早め早めに対策をしていくことで大切なポイントとなります。
>内山貴博氏の詳細はこちら